LINE覗き見っ!カップルのラブラブトークと会話を長く続けるコツ

「付き合う前はあんなにLINEしてたのに、付き合ってからLINE減ってない!?」。そんなふうに思う女子は多いもの。付き合ってからもラブラブトークを繰り広げたいのに、彼は付き合ってから意外に淡泊……なんて悩みを持つ恋する乙女たち。そこで今回はLINE覗き見!カップルのラブラブトークと会話を長く続けるコツをご紹介!
  • Evernoteに保存

1:異性とのLINEで気をつけてることは?

みなさんが異性とのLINEで気を付けていることはありますか?

LINEでのやりとりでは相手を思いやる気持ちがとても大事になってきます。

当たり前ですが、早朝や深夜にLINEを送ったり、彼の仕事中にも関わらず返信を催促するのはNG。

24時間いつでも使えるツールだからこそ、自分勝手すぎる使い方はせず、相手に「合わせる」ことが大事になってきます。

 

2:彼とLINEのやりとりで「長く会話を続けるコツ」3つ

付き合ってからのLINEでも、相手に合わせることも必要。

彼とLINEのやりとりで「長く会話を続けるコツ」をご紹介します。

(1)すべて語らない「短文簡潔」

彼氏を好きすぎる彼女がやりがちなのが、「話題を積め込み過ぎている長文LINE」。

下記のサンプル文例を見てみてください。

「こんなLINE送っちゃってる……」とドキッとした人も多いのでは?

このLINE文例の中には、年末の予定と明日のデートのこと、そして仕事の愚痴の3つの話題が含まれていますよね。

もし、このLINEが仕事中などに届いたら、時間がない彼はきっと上記のように、かなり簡潔な返信をしてくるでしょう。

もし、時間があったとしても、「わざわざていねいに返信するのは、付き合い当初だけ」という男子が多いのです。

男子には悪気はないのですが、「なんか冷たくない?」と病んでしまいたくもなりますね。

だったら、下記のような彼の返信しやすい簡潔LINEにしましょう。

話題は小出しに!詰め込まない。

こうすることで、彼も返信しやすく、会話が続くようになりますよ!

(2)ピンポイントで「お疲れ様」

LINEのやりとりをする上で送信時間はとっても重要。

彼の仕事終わりの時間帯を把握して、「お疲れ様」から始まるLINEを送りましょう。

そして、ゆる~いメッセージのやりとりを心がけましょう。

(3)時間を気にして!あなたからLINEを終わらせる

もし彼とLINEを長く続けたいと思っていたら、「また連絡するね!」「おやすみ!」「じゃあね!」など、会話が終了してしまうやりとりはNG。

毎日少しでもいいからやりとりをしたい女子は、「0時以降のLINEは返信しない」などマイルールを決めておいて、次の日に何事もなかったように、話題の続きができるようにしておきましょう。

 

3:あなたのことを彼が「だんだん好きになる」魔法のLINEテク3つ

(1)やっぱりハート!

やっぱりカップルのLINEで大事なのはハート。

大好きな彼とのやりとりにはハートを使いましょう。

付き合う前まではハートを使わない女子が、付き合いだしてからハートを使ってくれるようになったという変化に、テンションの上がる男子は多いもの。

「俺の彼女なんだな~」と、LINEで思わせちゃうテクです。

(2)たまにの「彼の好きな話題」+写真送信

たまに「彼の好きな話題」「食いつきそうな話題」に写真をプラスして送信してみましょう。

たとえば、下記サンプル文例のように、オムライスが好きな彼のためにオムライスを練習したことを報告するなど。

写真を送信するとなおよし!

「俺のために練習してくれてるんだ!」と彼は感激してくれるはず!

けれどやりすぎ注意! メンドクサイ女子になっちゃいます。

画像送信は“たまに”すること。それによって、彼のテンションを上げることができるのです。

(3)オウム返しを使う

彼の会話の中で出てきた言葉や、スタンプをそのままパクっちゃうというテク!

これって、彼があなたを「だんだん好きになる」LINEなんです!

「カレーよりハヤシライスが好きなんだよね」と言われれば、「分かる!私も」と送るより、「私も○○君と一緒でカレーよりハヤシライスが好き!」と送るほうが、なんだか親近感が沸きませんか?

彼のテンションに合わせつつ、彼に同調することで、安心感を与えることもできます。

 

どうでしたか?

今回はカップルのラブラブラインを継続させるコツをご紹介しました。

「やっぱりいつでも彼と繋がっていたい!」

そんな女子は、上記を参考にステキなLINEのやりとりを楽しんでくださいね!