女友達が好き!? 男にとって「女友達」とは好きになる対象なのか?

好きな男性と友達関係にあるとき、女友達としてしか見てもらえないのか? それとも女性として恋愛対象になるのか?というのは疑問ですよね。今回は、男にとって女友達とは好きになる対象なのかを探っていきたいと思います。

1:男は「女友達を彼女にする」ことってある?

男性は「女友達を彼女にする」ということは、あるのでしょうか?

女友達のことをどのように考えているのか、気になるところですね。

(1)女友達を好きになる男は多い?

周囲の話を聞くと、案外「女友達を好きになってしまった」という男性は多いようです!

女友達だから、絶対にナシ!というわけではないようです。また、「●●ちゃんは、ただの友達だよ」なんて言っていたのに、数か月後にはお付き合いを始めている……なんてことも。

男性は、案外身近にいる女友達を好きになってしまいがちなのかもしれませんね。

(2)「女友達を好きになってしまった」と悩むケースも?

でも、女友達として仲良くしてきたので、「好きになってしまった」ということに対して悩んでしまうことも。「相手の女性が自分のことを友達として信頼してくれているという状況の中、好きになってしまって申し訳ない」と考えてしまうんだとか。

また、「せっかく仲良くなれたのに、好きになってしまったことでそれまでの友達関係が壊れてしまうのが怖い」という意見も。

女友達を好きになってしまったとき、男性が思い悩んでしまうというのも納得です。

 

2:男にとって女友達とは?男性に聞いた!5選

では、そもそも男性にとって「女友達」とは、どんな存在なのでしょうか?

女友達への感情や、女友達との関係は、人によってさまざまなようです。自分が彼にとってどんな「女友達」なのか、探る必要があります。

(1)ただの友達

とくに男性だから、女性だから、という区切りを持たずに、「友達」とみなしているパターンです。単純に友情を育んでいくうえでは、理想的な男性と言えるかもしれません。

でも、「友達」という認識が強いぶん、そこから恋愛対象へといくには、なかなか難しいことも。「友達としては好きだけど、恋愛対象として見れない」ということもしばしば。

(2)女性

「女友達とはいうけれど、結局は男性と女性の関係にある」と考える男性も。「男女の友情は存在しない」というパターンですね。

相手がこのタイプの男性なら、女友達でも、すぐに恋愛対象に慣れる可能性が! でも、このタイプの男性とお付き合いしたあとは、彼の周囲の女友達に対して、嫉妬してしまうこともありそうです。

また、男友達と女友達に明確な差を設けているため、女友達に対して冷たかったり、逆に、チャラかったりすることも。そして、このタイプは、「本当の友達」と認めている男友達を彼女より大事にする傾向にあるようです。

(3)相手による

学生時代からの本当に仲の良い、信頼している女友達から、ナンパで出会った気軽な女友達まで、「女友達といっても、相手によってさまざまな関係性がある」という意見。

ひと一言で「女友達」とはまとめられないそうです。このタイプの男性には、とっても大切な女友達もいるし、どうでもいい相手もいるんですね。

このタイプの場合、相手との関係性は、相手によって、ひとりひとり決めていくようです。

(4)なくてはならないもの

女性が多い学校を卒業し、今も女性が多い職場で働く男性に聞いたところ、「女友達はなくてはならないもの」なんだとか。

女性だらけの空間で、女友達がいないことは、ほとんど友達がいないようなもの。友達としての価値が高いんです。

そのため、「彼女ができても女友達との関係は続けていく」そう。そのため、彼女と、女友達との関係のせいでもめることも多い模様。

(5)いらない

「女友達がめんどうくさいから、いらない」なんて男性も!

「彼女ともめる原因になったり、感情的なケンカになったり、あらぬ噂を立てられたりと、何かとめんどうなことが多いと感じる」んだとか。

そのため、「どうしても関わらなければいけない女性以外とは、極力関わらないようにしいている」そう。

 

3:女友達と好きな女の違いは?男性に聞いた!5選

女友達に対する考え方は、男性によってさまざまでした。

では、女友達と好きな女性の違いは、なんでしょうか? 男性たちに聞いた意見をピックアップしました。

ただの女友達から「好きな女性」になるためのヒントがあるかも?

(1)好きな女は特別

「女友達と好きな女はまったく別もの」という意見です。

「好きな女は特別な存在」なんだそう。

筆者の知り合いのこの彼は、もともと女友達から彼女になるパターンが多いのですが、「好きになったときから、ほかの女友達とはまったく別という意識に変わる」んですって。

(2)責任感

「好きな女性には“幸せにしてあげたい”といった気持ちが芽生える」んだとか。女友達には感じない責任感のようなものをもつんだそう。

「●●ちゃんのことが気になって、ほっとけない……!」というのは、もう好きなのかも。

女友達は「できれば幸せになって欲しいけど、俺には関係ない」という、ちょっと冷たいスタンスもあるようです。

(3)無理できるか

「好きな女性のためには無理ができる、頑張れる」という男性も。

女友達の場合、「頼まれても無理なものは無理ときっぱり断る」んだそう。でも、好きな女性のためなら、多少無理をしちゃうことも。

ついつい無理をしちゃうのは、好きだからこそなんですね。

(4)キュン

「好きな女性にはキュンとする!」というシンプルな考えも。

「キュンとしたり、ドキドキしたり、恋していると感じられるのは、好きな人だけ」なんですって。

なんだかロマンチックですね。

(5)優先順位が違う

「好きな女性は優先順位が上がる」という男性も。

仕事や趣味、男友達や女友達などさまざまなものが、男性の心の中では無意識に優先順位をつけられているもの。

そんな、優先順位が女友達よりも「上」にきている女性は、好きな女性なんですって。人によって優先順位はさまざまですが、彼女と女友達には差があることが多いようです。

 

4:男友達と好きな人の違いは?女性に聞いた!5選

男性の意見をご紹介してきましたが、反対に女性側はどう思っているのでしょうか。女性に、「男友達と好きな男性の違い」を聞いてみました!

(1)好きな人以外は興味なし

「好きな男性とは、たくさん会いたいし話もしたい! でも、それ以外の男性には、ほとんど興味がわかない」んだとか。

「一緒に飲んだり話したりすると、男友達でもそこそこ楽しい」そうですが、「興味がないため、相手の話を覚えていない」こともしばしば。

好きな男性と、男友達の大きな違いは「興味」の差、という考え方ですね。

(2)会いたいかどうか

「何も用事がなくても会いたい!と思えるのが、好きな男性」という意見です。

男友達とは何か用事があったり、愚痴をきいて欲しかったりといった用事がないと、「会いたい」という気持ちにはならないもの。

「会いたい!」という気持ちが、好きかどうかを考えるときの基準にもなるんですね。

(3)考えちゃう

「ぼーっとしているときや、ふとしたときに、彼のことばかり考えちゃう……!という状態が“好き”なんだとか。

何の理由もなく、相手のことを考えちゃうのは好きな証拠になるのようです。

(4)ヤキモチ

「男性に彼女や好きな人ができたとき、自分の反応で、その人が好きな人かどうかがわかる」というのです。

好きな人だとヤキモチを妬いてしまったり、寂しい気持ちになったり、焦ったり……。反対に、ただの男友達だと、おめでとう!とお祝いしたい気持ちになったり、嬉しくなったりします。羨ましい、という反応もありそうですね。

(5)触りたい

「好きな男性には触りたい、イチャイチャしたいといった感情がある」という意見です。

確かに、ただの男友達に対しては、触りたいと思いませんよね。

男友達には感じないセクシーな気持ちをもてるのも、好きな男性の多きな特徴です。

 

5:女友達からでも……

女友達だから、絶対に彼女にはなれない……なんてことはありません。好きな男性に女友達だと思われているなら、そこから一歩前に出る努力をしましょう。

女友達から好きな女性にステップアップし、お付き合いが始まるのも、自然な形なのかもしれません!