告白はラインで!「LINEで告白された」成功例と失敗例を画像で紹介

みなさんは、LINEでの告白って「アリ」だと思いますか? 対面で行う告白と違って、相手の顔が見えないぶん、ドキドキ感もひとしおです。そこで今回は、「LINEでの告白」にまつわる成功例と失敗例を画像付きでご紹介していきます。

1:「ラインで告白された」男性に聞く!

「俺、ラインで告白されたんだよねー」と口にする男子も、珍しくない時代となりました。

では、ラインで告白された男性たちって、どんなことを考えていると思いますか?

(1)LINEで告白はあり?

LINEで告白されたことのある男性たちに「LINEでの告白って、アリ?」と聞いてみたところ、次のような意見が飛び出しました。

「好きな女子ならアリ」(33歳)

「基本的には、告白は対面がいいからナシ」(29歳)

「気持ちを告げるのにツールなんて関係ないからアリ」(31歳)

今回は、ナシ派よりもアリ派が上回る結果となりました! それだけ、LINEでの告白も一般的になってきているのかもしれません。

(2)LINEで告白して失敗するケースもあります

上記のように、LINEでの告白は、基本的には「アリ」だと考える男子が少なくない実態もありましたが、中には失敗するケースだってあります。

「この告白は、成功しそう」という確信があって告白しても、女子の予想を裏切る形で断られることもあるんです。LINEでの告白って相手の顔が見えないぶん、余計にドキドキしちゃいますよね〜……。

 

2:ラインで告白の画像!成功例3選

LINEでの告白が成功した例を3つ、覗き見していきます。

成功する告白には、パターンがあるのです!

(1) ベストタイミングでの告白

恋愛って、ご縁とタイミングが何よりも大事。なので、ベストタイミングを見計らった告白は、成功率が高まります。

彼とのLINEが盛り上がりをキープしていて、かつ「彼も自分のことを好きかも?」の予感が強いときがベストです!

(2)単刀直入な告白

LINEでの告白はシンプルに行ったほうが成功率が高まります。

「私と付き合ってください」など、王道の告白フレーズは、対面だけでなくLINEでも定番です。

余計なことを言わずに、端的に告白したほうが、OKをもらえる可能性が上がるのです。

(3)既成事実が先行している告白

単に“告白”という儀式がなかっただけで、すでに恋人同士のような仲になっている場合も、LINEでの告白成功率はグーンと高くなります。

「そういえば……、私たちって、まだ付き合ってないのかも? よかったら、ちゃんと付き合いたいな」など、思っていることを素直に言葉にするだけで「そういえば、そうだったな! 俺から言えばよかったよ」的な流れになり、きちんと付き合うキッカケになるケースは多いのです。

 

3:ラインで告白の画像!失敗例3選

では、LINEでの告白が失敗するケースは、どんなパターンが多いのでしょうか。

代表的な失敗例を3つ、覗き見です!

(1)早急すぎる告白

出会った翌日など、ふたりの関係がまだ構築されていない段階で告白すると、成功率はグーンと下がります。

彼にしてみれば「え? 好きって言うほど、会ってなくない!?」と、不可解な気持ちになって、胡散臭い告白だと思われやすいのです。

タイミングを見誤った告白は、LINEに限らず撃沈しやすいですよね〜。

(2)ふざけた言い方

照れ臭さが先行して、ふざけた言い方になっても、告白は失敗しがちです。バカにしているかのように読めてしまうからです。

「私、あなたのこと好きかも? あはは」などと、ふざけた口調で想いを告げられても、「俺のこと、からかってるのかな」と思う男子のほうが多いんですよ。

「バカにしている」と思われてしまった時点で、告白は失敗します。

(3)スタンプ攻撃

告白は、まじめに行ってこそ、本気度が伝わります。

言葉にするのが恥ずかしいからと、スタンプの連打で想いを伝えようとしてしまえば「は? こいつ、なんなの?」的な不快感を誘いやすく、失敗を招きます。

「俺を、おちょくってる?」と男子に思わせてしまった時点で、成功したはずの告白でも、失敗に転じやすいのです!

本気で告白するなら、スタンプよりも言葉で伝えたほうが、想いは伝わりやすいのです。

 

4:社会人がライン告白に成功するテクニック

社会人がライン告白をするにあたっては、成功するためのテクニックがあります。

上述のように、成功例のLINEを心がけるのは当然ながら、社会人だからこそ、相手への気遣いが感じられる文章を心がけたいところです。

学生ノリの告白ではなく、大人らしく、ていねいな言葉で想いを綴ったほうが、“本気”だと伝わりやすくなります。

“LINE”というカジュアルなツールで告白する場合には、告白の言葉までカジュアルにしてしまうと、かなり軽い印象を与えてしまいます。くれぐれもご注意を!

 

5:ラインでの告白も珍しくない時代!

LINEでの告白も珍しくない時代だからこそ、男子から好感を抱いてもらえるような告白LINEを送りたいですよね。

告白が成功するか否かは、そこまでの間に築いてきたふたりの関係性にもよりますが「いいな」と思ってくれていたはずなのに、おかしなLINEをしてしまったせいで関係がブチ壊しにならないよう、くれぐれもご注意ください。