セックスで味わったイク快感…心からの快感はどうして得られるか?

みなさん、セックスでイク感覚を味わったことはありますか? 未経験の場合、何やらすごい事が起こりそうな気がしてしまいますよね。「イカないと彼にも悪い気がする」という女性もいるようです。でも、イクことばかりに囚われてしまうと、セックスにおいて本当に大切な何かを感じられないかもしれません。そこで今回は、エッチで“イク”ということについて徹底調査してみました。

1:エッチの時、心から気持ちいいと思えてる?

彼とのエッチ、心から気持ちいいと思えていますか?

エッチを気持ちいいと感じるかどうかと、“イク”かどうかは、決してイコールではありません。

イクという現象は、女性器や体全体が痙攣しているような状態になることですが、必ずしも誰もが経験するというわけではありません。

また、イクことが多い人でも、毎回イケるというわけでもありません。

でも、心からエッチを楽しめていれば、毎回気持ちいいと感じることは可能なのです。

とはいえ、イク感覚も味わいたい! そんなあなたは、ほかの女性の体験談からヒントを得られるかもしれません。

 

2:これがイク……!私が初めて「快感」を得たときのエピソード3つ

(1)角度が……

「それまでの彼とはまったく行けなかったのに、今の彼とは初めてしたときにイった。角度が私の体にピッタリだったんだと思う」(金融機関勤務Mさん 30代後半)

イクためには、ただ行為をしていればいいというわけではなく、当たるべき場所にピンポイントに当たる必要があります。

その角度がドンピシャな男性だと、初めてのエッチからイクとうい快感を得られるようです。

また、こまめに角度を変えてみることで、イケるポイントを見つけることができるようになります。

(2)相手がタイプ過ぎて……

「それまでの彼とは、エッチって相手主導というか、女性は受身でいるのが普通だと思ってた。でも、今の彼にはどうしても私のほうがスイッチが入ってしまい、興奮度が高い。そのせいか、毎回イケる」(フリーランスAさん 30代前半)

興奮しているという状態も、イクには重要。受身でいすぎると、女性のほうが興奮を得られないうちに彼のほうが限界を迎える……というパターンになりやすいようです。

彼がものすごくタイプだと、興奮スイッチが自然とオンになり、イく手助けをしてくれるようです。

(3)心が通じて……

「長く付き合っている彼。初めの1年くらいは全然イケなかったんだけど、大きなケンカの後の仲直りエッチで初めてイった。それまでのエッチとは違って、心が通じている感じがすごくしたのを覚えてる」(ウェブデザイナーYさん30代前半)

女性にとって、エッチに心が入っているかどうかは、とても大切な要素。彼との心のつながりをもって、初めてイクことができる女性は多いようです。

 

3:イクだけが全てじゃない!女がエッチで幸せな快感を得る瞬間5

(1)彼の真剣な表情を見たとき

エッチのときは彼も真剣。それまで見たこともないような表情を見られるチャンスでもあります。

いつもはニコニコしている彼が、真剣な表情で自分を見つめているのに気付いたときも、エッチにおける幸せな瞬間のひとつです。

(2)裸で肌が触れたとき

服を着て抱き合うのと、肌の温度を直に感じる裸で抱き合うのとでは、感触も、その意味合いもまったく異なります。

愛する人と裸で肌が触れ合ったときの感動は、何ものにも変えがたく、愛おしいもの。彼とこれ以上なく近づけることこそ、エッチの醍醐味と言えますね。

(3)強く抱きしめられたとき

感情が伝わる強いハグも、ベッドの上で快感を得られる行為のひとつ。

女性はセックスという行為自体よりも、そこに付随する、愛のある行為に感銘を受け、気持ちよくなります。

思いが溢れ出るような行動を随所で見せてくれる男性に対しては、エッチのあと、より愛が深まるものです。

鈍感な彼なら、自分から強いハグを要求してみるのも、アリです。

(4)気遣ってくれたとき

寒くないか、痛くないかなど、男性からの気遣いはとても嬉しいもの。深い愛を感じます。

逆に、自分の要求ばかりをぶつけてくるような男性には興ざめし、2度とベッドを共にしたくないと感じさせられます。

残念なことに、そんな男性は意外にも多いのです。

(5)全ての動作から愛を感じたとき

惜しみなく愛を表現してくれる男性となら、ステキなセックスを楽しめます。女性はケアされてなんぼ。普段はぶっきらぼうな彼でも、ベッドの上では最上級の優しさを見せて欲しいものです。

ベッドでの行為ひとつひとつから愛を感じられるような彼なら、絶対に手放すべきではありません。

 

4:まとめ

いかがでしたか? イクという現象はひとつの達成感をもたらすものですが、それ自体がセックスの目的であるとは言い切れません。

セックスは愛を交換し合う行為。英語では“Make love”と言われるほど、愛と直結しているものなのです。

イクことにとらわれず、心地いいステキなセックスを楽しんでくださいね。

 

心地いいセックスを実現させるとっておきのアイテムがある!|PR

記事には、「セックスではイクことばかりにこだわってはいけない」とありました。確かに、イクことばかりにこだわりすぎると、いつまでも心地いいセックスにたどり着けないかもしれません。

では、心地のよいセックスを実現するために必要なのはなんでしょうか? それは、お互いがリラックスでき、時に燃えられ、一緒にいて肌を合わせることが気持ちいいと思える環境です。

環境づくりにはいろんな方法がありますが、ベットにインするまえにシュッとひと吹き! セクシーな香りで彼をメロメロ&ドキドキさせるのも、ひとつの手です。

他の香水と違い『リビドーロゼ』は、男性の嗅覚を刺激するように開発された香水です。彼のエロいスイッチをONにして、本性をみるためにも、ぜひこの『リビドーロゼ』を使ってみてはいかがでしょうか?