「もうやだ、彼氏疲れた…」彼氏に疲れてしまう原因と対処法は?

恋愛って本来楽しいはずなのに、デート終了後になぜかためいき……。「もうやだ、彼氏疲れた」ふとそんなふうに感じたことはありませんか? 今回は彼氏に疲れちゃう原因とその対処法をご紹介します。
  • Evernoteに保存

1:好きだけど…彼氏に疲れたらどうすればいい?

彼氏といてドキドキワクワクするよりも、「なんか疲れたな」と感じることのほうが多いなんてことはありませんか?

別に大喧嘩したわけでも彼のことが嫌いになったわけではない。だから、「もう別れる!」というほどではないけれど……こんな中途半端な気持ちのまま付き合っていても大丈夫!?

その疑問にお答えすべく、まずは彼氏に疲れる原因を次章でご紹介します。

 

2:「もうやだ、彼氏疲れた…」と思う原因5

(1)彼氏の束縛が激しい

とにかく四六時中、「今どこで何してる?」と彼からLINEが来て、すぐに返さないと機嫌が悪くなる。彼氏以外の友達と遊びに行きたくても、「誰と行くの?」「何時に帰ってくるの?」とうるさい……。

「好き好き」アピールはありがたいけれど、彼の愛情が重すぎると、息が詰まりそうになりますよね。

(2)彼氏が無関心すぎる

束縛が激しいのとは正反対に、彼氏があなたに無関心すぎるのも考えもの。

デートに誘うのはいつもあなたのほうから。しかも、「仕事が忙しいから」と彼から断られることもしばしば。そして、平日にLINEを送ってもスルーされてしまう……。

カップル間の温度差があまりにも大きいと、熱を上げているほうが「私たち本当に付き合ってるの!?」と疑問を抱き、恋愛を楽しめなくなります。

(3)彼氏の要求が大きすぎる

「彼女だったら普通はこれくらいのことはしてくれるよね」と何かと要求の多い彼。従わないと「俺のこと好きじゃないの?」と、すねるのが厄介です。

もちろん、好きな人のためには何でもしてあげたいのが女心。でも、彼の欲求水準が高すぎると「正直ついていけないな」と思ってしまいますよね。

(4)彼氏に合わせすぎる

彼氏のほうから「こうしてほしい」というリクエストがなくても、女性のほうが彼に気に入られたい一心で無理してしまうこともあります。

たとえば、おしとやかなお嬢様キャラを演じてみたり、本当はインドア派なのに彼に合わせてアウトドアデートばかりでも我慢したり……。素の自分が出せないと、いくら彼のことが好きでも辛さが増す一方です。

(5)いわゆる倦怠期である

付き合いたての頃には恋は盲目状態で、「彼ってサイコー!」と思っていても、交際期間を経るにつれて徐々に相手のアラが見えてきたり、2人の間で意見の食い違いが出てきたりするものです。

いわゆるハネムーン期を過ぎると、恋愛は楽しいばかりではなく、大なり小なりトラブルは避けられません。そんなときにふと「こんなはずじゃなかった」「なんか彼氏とか面倒くさい」と思ってしまう人も少なくないことでしょう。

 

3:別れたほうがいい!? 彼氏に疲れたときの対処法

(1)彼氏と付き合うメリット、デメリットを書き出してみる

彼氏のことが嫌いになったわけじゃないけれど、2人の関係に疑問がわいてきた。そんなときにまずおすすめしたいのは、彼と付き合うメリット、デメリットを紙に書き出してみることです。

誰に見せるわけでもないので、難しく考えずとにかく思いつくまま挙げてみましょう。書いていくうちに自分の気持ちが整理されていきます。

その結果、彼の大切さを改めて実感するか、彼との関係を見直す必要性に迫られるかはあなたしだい!

(2)自分の気持ちを正直に話してみる

彼との関係は2人で築いていくものなのですから、自分ひとりで悩みを抱え込んでいても仕方がありません。

「本当はもっとこうしてほしい」「こういうことはやめてほしい」という自分の気持ちは彼に正直に話してみましょう。もちろん、一方的に自分の要望ばかりを押し付けるのではなく、彼の言い分にも耳を傾けて。

「正直に話して彼との関係が壊れてしまったら……」なんて恐れる必要はありません。2人の関係を次のステップに進めるためにも、ぜひ彼としっかり話し合ってみましょう。

(3)少し距離をおいてみる

話し合いをしても2人の関係が変わらなかったり、あるいは、そもそも彼が話し合いに乗ってくれなかったりしたら……? その場合は、1度、彼と距離をおいてみることをおすすめします。

しばらく冷却期間をおくことで、あなたが彼の必要性に気づいたり、あるいは彼のほうが2人の関係にきちんと向き合おうとするようになったりすることがあるかもしれません。

逆に、距離をおいてみて、あなたも彼も平気ならば、所詮はその程度の関係だったということですよね。

 

4:まとめ

彼と一緒にいてすごく居心地のいいときもあれば、何かの拍子に「もうやだ彼氏疲れた」と思ってしまう瞬間もあることでしょう。そんなときはぜひ今回ご紹介した対処法を試してみてくださいね。