浮気発覚!「LINE誤爆」が運命の分かれ道になったエピソード5つ

「LINE誤爆」って、したことありますか? 誤爆が運命の分かれ道になってしまった人たちも珍しくないのです。浮気相手に送るLINEを間違えて送信して、浮気が発覚!ということも。今回は、「LINE誤爆」が運命の分かれ道になったエピソードと誤爆を防ぐ方法をご紹介します。

1:LINE誤爆しちゃったことある?

みなさんは、LINEで誤爆しちゃった経験がありますか?

絶対に送っちゃいけない相手など、送信してから宛先の間違いに気づき、真っ青になった経験のある女子もいるかも?

LINEの誤爆によって、浮気が発覚することもあり、便利なはずのLINEが一瞬にして恐怖のツールになることもあります。

 

2:送った瞬間真っ青⁉ LINE誤爆で地獄を経験したエピソード5つ

では、ここからは、LINEの誤爆で地獄を見た人たちのエピソードをご紹介します。

LINEの誤爆って、けっこういろんなところで頻繁に起きているみたいです。

(1)「浮気がバレました」

「1年前に、誤爆事件がキッカケで彼と別れました。

私が浮気していたんですけど、浮気相手に送るLINEを、間違えて彼に送ってしまったんです。

前日のデートのお礼LINEだったんですけど、彼氏は、“は?会ってねーだろ”となって……。

そのLINEがキッカケで、浮気がバレてフラれました」(28歳女性)

(2)「職場不倫がバレそうになりました」

「浮気相手に送るLINEを、間違えてカミさんに送っちゃいました。

職場不倫だったんで、業務連絡っぽい話も混ざっていたので、言い訳してセーフでしたけど。

送ったあとに間違いに気づいて、“ヤベ~!”と思いましたよ。

それ以来、送信前に、何度も宛先を見返すようにしています」(34歳男性)

(3)「キャバクラ行っているのがバレました」

「彼女からキャバクラ禁止令を出されていたんですけど、内緒で言っていたのがバレました。

キャバ嬢と同伴の約束してて、間違えて彼女にLINEしちゃったんですよね。

大ゲンカになりましたけど、なんとか許してもらいました。

今も隠れてキャバクラに行っていますが、彼女から“次にキャバクラに行ったら、別れる”と言われいるので2度と誤爆できません」(36歳男性)

(4)「二股が発覚しました」

「元カレの二股が、LINEのご送信で発覚しました。

名前を間違えて送ってきていたので、完全アウトでしたよ。

LINEで間違いを指摘しても言い訳するだろうと思ったんで、次に会った時に“サトコって誰?”って返信したら、彼はしどろもどろになって……。

その場で振ってやりました」(25歳女性)

(5)「上司に不倫がバレました」

「社内不倫しているんですが、職場の彼女に送るはずのLINEを、上司に間違えて送っちゃったことがあります。

俺のことこに上司がニヤニヤしながら寄ってきて、“お前、不倫してんのか?”って聞かれて、誤爆に気づきました……。

幸い、仲のいい上司だったんで家には黙ってくれてるんですけど、それ以来、弱みを握られている感じで、ちょっとやりにくいです」(33歳男性)

 

3:これで安心!LINE誤爆を防ぐ方法3つ

誤爆は取り返しのつかない事態を引き起こすこともあるので、しっかり対策しておきたい!

そこで、LINE誤爆を防ぐ簡単な方法を3つご紹介します。

(1)背景を変える

LINEには、背景を変えられる機能があるので、絶対に誤爆しちゃいけない人は、それぞれ別の背景をセットすると予防策になります。

視覚的に「この背景はこの人」とわかるので、同じ背景を使っているときよりも誤爆しにくくなるんです。

当人の顔写真を背景にしておくと、より誤爆を防ぐコツになるかも!?

(2)登録名に注意書きを入れておく

LINEに登録している友人の名前って、かなり簡単に変えられます。

最初の設定では、アカウントをつくった本人が設定している名前になっていますが、本人には知られずに、自分のスマホでの登録名を変える機能もあるのです。

そこで、誤爆しちゃいけない相手(例:浮気相手?)の登録名に「誤爆注意‼」などと加えておくと、自分への注意喚起に。

ただ名前が並んでいるよりも、送信先を認識しやすくなり、ミスが減らせます。

(3)送信取り消し機能を活用する

困ったときの最後の手段と言えば、送信取り消し機能でしょう。最近やっと実装され、話題を呼んでいます。

ところが誤爆を取り消した場合には、相手のLINE画面にも「取り消しました」のメッセージが出るので、誤爆した事実はバレバレになるというデメリットが……。

誤送信した内容を読まれずに済むメリットがありますが、「取り消しました」が出てしまう以上、どんなものを取り消したのか、あとから説明できるよう言い訳を考えておくといいかも!

 

4:LINE誤爆は運命の分かれ道に……

LINEの誤爆は、その誤爆の内容によって、運命の分かれ道になりがちです。

浮気や不倫が発覚するキッカケになってしまっている人も、少なからずいるようです。

LINEの誤爆は地獄への引き金に……。

みなさんも、くれぐれもご注意ください。