好きになる瞬間は男女で違う?異性を好きになる瞬間と抱きしめたくなる瞬間

誰にだって、人を好きになることがあります。そして、好きな人とは一緒にいたいと思い、抱きしめたいと思う瞬間があります。これって、はたして男女で違いはあるのでしょうか?

1:男女で違う?男が女を好きになる時は?

心理学的にいえば、男女で誰かを好きになる理由に差があるとは、いわれていません。

ではいったい、どんなときに、人は誰かのことを好きになってしまうのでしょうか。まずは心理学的にあきらかにされていることを、いくつか紹介しましょう。

誰かのことを好きになる心理学的な理由

1.生理的に興奮している

人は、自分の心理的、生理的状態から、誰かを好きになることがあります。たとえば、生理的に興奮状態にあるときに好意を持ってしまいます。これは、いわゆる“吊り橋理論”というものです。

2.自信をなくしている

人は、落ち込んだときやさみしさを感じているときに、誰かにそばにいて欲しい、誰かに助けて欲しいという欲求が高まります。

そのため、一緒にいて慰めてくれた人に好意を持ってしまいます。失恋直後に、慰めてくれた異性の友達と恋に落ちやすいのは、この理由です。

3.困っている人を助けた

自分が困っているときに助けてくれる人に対して、好きになるのが本来のセオリー。自分が誰かを助けて、その人を好きになってしまうというのは、“矛盾”となり、違和感を覚えます。

そのとき人は、これを解消するために、”もともとその人のことが好きだったから助けたんだ”と考えるようになり、好意を持ってしまいます。

4.自分と似ている

人は、自分と意見や考え方、好み、趣味などが似ていて、一緒にいて居心地がいい人に対して好意を持ちます。だって、自分と趣味や好みが違う人と一緒にいてもおもしろくないですし、面倒ですよね。

5.外見がいい

なんだかんだいっても、美女やイケメンに対して、人は好意を持ちます。

6.相手が自分のことが好き

今まで何も意識していなかったのに、急に告白されたり、友人から「○○君が好きらしいよ」と知らされたりすると、その人のことを好きになったりしますよね。

7.よく会う

同じ学校や職場で恋愛をしたり、結婚してしまう人って多いですよね。人は、たんに顔を合わせるだけで話したことがなくても、好きになってしまうんです。

8.秘密を打ち明けられる

人は秘密を打ち明けられると、それを好意や信頼のあらわれとして受け取ります。

そして、同じように自分も相手に秘密を打ち明けようとします。お互いが、秘密を打ち明け合うことで、二人の人間関係は親密となり、好意を持ってしまいます。

 

2:男子が好きだと自覚する瞬間

このように、誰かのことを好きになる心理的理由はいろいろあります。では、自分の好意を自覚する瞬間ってどんなときでしょう?

なかには鈍感で自分の気持ちに気づかない人もたくさんいます。男子が「好きだ!と自覚する瞬間」について見ていきましょう。

(1)いつもその人のことを考えてしまう

好きな人に対しては、やっぱり興味や関心がわくもの。どうしても、その人のことばかり考えてしまいますよね。

LINEのメッセージにしても、興味のない相手からの返事は、急ぎのようでもない限り、気にもなりません。ですが、好きな相手だったら、返事がいつ来るか待ち遠しくて、ついつい画面をチェックしてしまうということもあるでしょう。

(2)嫉妬をしてしまう

すでに付き合っていて、恋人関係あれば仕方ありません。ですが、そうではないときに、気になる人がほかの誰かと話をしているだけで、ついイライラしてしまう……。まさにそれが、嫉妬です。

余談ですが、嫉妬という感情は、精神的な健康によくありません。また恋愛心理学的にも二人の関係にいい影響をおよぼすことは少ないとされています。なので、嫉妬感じたら要注意です。

(3)一緒にいたい

好きな人とは、一緒にいたいと思うものです。そして、一緒にいると癒されたり、楽しかったりと、居心地がよく感じます。

もちろん、友達や家族と一緒にいても楽しかったり、居心地がよかったりするのですが、それとは少し異なる感情で一緒にいたいと思うのです。

(4)別れるとさみしい

好きな人と一緒にいたいと思う反面、一緒にいられない時間、一緒にいて別れた瞬間にさみしいと感じることがあります。

好きで、もっと一緒にいたいと思うからこそ、別れるとさみしいと感じてしまうのです。そんな瞬間に、「ああ、このひとのこと好きなんだ」と実感したりしますよね。

(5)細かなことを覚えている

これは、自覚というより周囲に気づかれてしまうパターンかもしれません。男子は女子に比べ、過去のことを細かく覚えているということが、あまり得意ではないとされています。

付き合っていても、初めての出会いとか、過去のデートした場所とか覚えてなかったりしますよね。

そんな男子であるにもかかわらず、気になる女子がいる場合、何気なくいった好きな食べ物や飲み物を覚えていて、買ってきたりすることがあります。これはもう、好きだからこそ覚えていられるんです。

けれども、付き合ったとたん、なぜだかその記憶力は発揮されないことがほとんど。だからこそ、「男は釣った魚にはエサをやらない」なんていわれたりするんです。

 

3:男子が女子を抱きしめたくなる理由

ところで、好きな人には抱きしめたいとか、抱きしめられたいと思いますよね。そこには、幼児期にさかのぼる心理的な背景が存在します。

(1)幼児期のアタッチメントに秘密アリ

発達心理学や教育学という学問で使われる専門用語に、“アタッチメント”という言葉があります。日本語では、“愛着行動”と翻訳されることがあります。

生まれたばかりの子どもは、周囲の大人とスキンシップ(ボディタッチ)を通じて、心身を発達させていきます。他者とのふれあいを通じて、不安感を減少させたり、自分は愛される価値がある人間なんだと認知するようになるんです。

このスキンシップが、アタッチメントなんです。

十分なスキンシップを通じてアタッチメントを周囲の大人と築けると、心身ともに健康に成長していくことができます。そして、いつも自分は見守られているんだと考え、活動の幅を広げていきます。

ですが、スキンシップが不足し、アタッチメントが築けなかった場合、自分は生きていても仕方がないんだとか、自分は世のなかに不必要な人間なんだと考え、成長していきます。

他人を信頼できなかったり、執着心が強くなったりするのも、この影響だといわれています。

(2)大人のアタッチメント

このアタッチメントは、実はけっして生まれたばかりの子どもだけのものではありません。

大人になれば、ロマンティック・アタッチメントという言葉にかわります。キスやセックスなども含めて、誰かとスキンシップをすることは、生まれたばかりの子どものスキンシップと同じように重要だと考えられています。

つまり、男子が女子を抱きしめるということは、誰かとアタッチメントを築きたい、相手から愛される価値がある人間だと実感したいという心理があるのです。

 

4:男女で違う?抱きしめたくなる理由

ちなみに、男子が女子に比べて、抱きしめたくなることが多いという研究は、残念ながらありません。基本的には、男女共通して抱きしめたい、抱きしめられたいという感情があると言えます。

ですが、一般的にみてみると、どうしても男子が女子を抱きしめるというイメージがありますよね。そこには、ある仮説が考えられます。

(1)好きで好きでたまらない

相手のことが、好きで好きでたまらない。ですが、それを言葉で説明するのは難しいとき、あなたならどうしますか?

やっぱり、相手を抱きしめたり、キスをしたりするでしょう。男子は女子に比べ、感情を言語的に説明するのが苦手なひとが多かったりします。

そのため、言葉を使わずに、相手に自分の好意を伝えるコミュニケーション手段として、抱きしめてしまうのかもしれません。

(2)独占欲のあらわれ

一般的に、男子は女子に比べ、支配欲求が強いといわれています。支配欲求というのは、いいかえれば、相手を自分の思い通りにしたいという欲求のこと。これは、独占欲にも通じる欲求です。

自分にとって大切なもの、自分にとって価値があるもの、自分にとってかけがえのないものは、失いたくありませんよね。

ましてや、誰かに盗られたくありません。そんな、「離したくない!」という気持ちが抱きしめるという行動にあらわれるのかもしれません。

(3)守ってあげたい

支配欲求以外にも、男子は女子に比べ、養護欲求が強いといわれています。養護欲求というのは、好きな人を「守ってあげたい」という欲求のこと。

生物学や動物学的には、やはり男子の方が女子よりも強い生き物。妊娠・出産と繁殖という大事な役割を担う女子を男子が守らないといけないという本能が備わっています。

そのため、おもわず「守ってあげたい」と抱きしめてしまうのかもしれません。

 

5:まとめ

誰かのことを好きになる要因に、心理学的に男女差があるわけではありません。これまでみてきた内容は、女性のみなさんにも当てはまるものばかりだったはずです。

大事なことは男子だから女子だからとひとくくりにするのではなく、目の前にいる好意を持っている相手を、ひとりの人間としてみていきましょう。

男女は違うものと先入観を持ってしまうと、相手の人を正しく理解できなくなってしまいます。

自分と同じ人間として、相手も自分と同じように、「こういうときに好きになるんだ」と考えることができるようになれば、きっとその恋愛は上手くいくようになると思いますよ。

 

いつもメロメロ!おすすめラブコスメ6選|PR

「好きになる瞬間」は男女で違いがあるようですね。また、同様に「抱きしめたくなる瞬間」も男女で差があるよう。

女子からすると「大好きな彼にはいつでも抱きしめられたい!」が本音。あらゆるテクニックがあるけれど、まずはこれらのラブコスメを使って彼を四六時中誘惑♡というのを試してみては?

「ついつい抱きしめたくなる女」を目指しましょう!

(1)リビドーロゼ


』は、男性の嗅覚を刺激するように開発された香水。「彼のエロいスイッチをONにして攻めのエッチをされたい」なんて欲望があるなら、ベッドに向かう前にそっとひと噴き。

セックスを楽しみたいけれど、最近彼とマンネリ気味でエッチもご無沙汰。そんな女性にもおすすめです。

(2)レスタリアージュ ピンクミスティ

「彼をメロメロにしたい」「男性からの誘惑が途切れない状況を楽しみたい」「ここ何年もご無沙汰……」という人には下着用フレグランスの『』を。

お出かけ前日、寝る前に下着にシュッとひと吹きしておくだけで、芳醇なスイートフローラルの香りが男性を魅了してくれます。香りをまとうだけで満足度98%というのも魅力的! 

つけすぎ注意と謳われるほどの禁断の香り、一度試してみたら彼がやみつきになるかも……?

(3)リュイールホット


「彼とのエッチだと感じにくくて……」「実はいつもイッた演技をしてる」なんていう人に試してもらいたいのが『』。女性のためのデリケートゾーン美容液で、潤いと感度を増してくれる秘密のアイテムです。

気持ち良さそうな反応は男性の欲望を加速させるから、お互いに情熱的な夜を過ごすことできそう!

(4)ジャムウ・ハーバルソープ


デリケートゾーンのにおいが気になって、彼からの愛撫を心から楽しめないという人には『』がおすすめ。においや黒ずみを徹底的に研究して開発された自然派成分を使った石鹸です。

コンプレックスが気にならなくなれば、彼に身体を委ねて熱い夜を過ごすことができますよ!

(5)ヌレヌレ


キス魔の彼から獣のように激しく求められたいという方におすすめなのが、キス専用美容液『』です。

植物由来の美容成分配合で、プルプルの唇を叶えてくれるうえに、キスした男子が「もっとしたい!」と思うような、べたつきのない気持ちのいい感触。 しかも、ムラムラ度アップが期待できる香り成分を配合しているので、男子の欲望をさらに刺激できちゃうかも!

シリーズ累計158万本も売れたリピ買い続出の『ヌレヌレ』、合コンや初デートにもオススメのアイテムです。

 



У нашей организации авторитетный сайт , он описывает в статьях про Купить диплом www.ry-diplomer.com/