初詣に着物を着てきた彼女への本音5つ!初詣の着物の基本マナーも

お正月のデートに、着物を着て行きたいと考えている女子もけっこういるのでは? 初詣に着物を着て行くのも粋ですよね! では、そんな彼女への男子の本音やいかに!? 今回は、初詣に着物を着てきた彼女への男子のホンネや、押さえておきたい着物の基本マナーをご紹介します。
  • Evernoteに保存

1:初詣に着物を着たい! 買う?それともレンタル?

「お正月デートでは、着物を着たい!」「初詣には、着物を着て行きたい!」と思っている女子のみなさん、準備は万端ですか?

最近は、自分の着物を保有している女子が減っているようで、経済産業省繊維課が実施したアンケート調査によれば、20代女性は「1枚も持っていない」が52.4%で過半数に。30代でも45.7%しか保有していないという実態があるようです。

しかし着物は、日本が誇る伝統文化。「買っても着ないし」と思っているなんて、ちょっともったいないかもです。

ほとんど着ないことがわかっているなら、レンタルという手だってあります。

 

2:初詣に着物を着てきた彼女への彼の本音5つ

では、初詣に着物を着てきた彼女に抱く男子のホンネを、5つ見ていきましょう。

ポジティブなものからネガティブなものまで、ずらっと並べてみました。

(1)古風でいい

着物イコール「古風でいい」と、肯定的な意見を抱く男子は多数。

女子の和装は、いい意味でギャップを与えることもできます。

「俺とのデートのために、ここまでッ!」と、じんわり感動してくれる彼もいそうですよ。

(2)動きにくそう

着物を着慣れていない女子が着物で動こうとすると、モタついてしまうこともあります。

そんな彼女の姿を見て、「なんか動きにくそうだなー。大丈夫かな」なんて、一抹の不安を抱く男子もけっこういるのです。

「危なっかしいなぁ」と、ハラハラしながら彼女を見つめている男子も、意外と少なくないんですよね〜。

(3)歩けなさそう

いつものデートではタクシーを使わず、できる限り徒歩で移動したがる彼の場合、彼女が着物を着てくると、「げっ。歩けなさそうじゃん。タクシー乗らなくちゃかなぁ……」などと、ネガティブな感想を抱く人も……。

着物を着てきた彼女を「かわいい」とは思っても、現実的なデメリットを考えちゃうというわけです。

(4)育ちがよさそう

着物を着ている女子を見て、無条件に「育ちがよさそう」と感じる男子も意外といます。

女子にしてみれば、着慣れちゃえばなんてことない話なのですが、「着物を持ってるなんて、お金持ちの娘?」「着付けができるなんて、親のしつけがいいのかな?」などなど、勝手にポジティブな妄想をしてくれるんですよね~。

育ちがいい女子はモテる傾向にありますから、これは、女子にとってラッキーですよね。

(5)自己顕示欲が強そう

着物を着てきた彼女にネガティブな感想を抱く男子の中には、「目立ちたいのかな。自己顕示欲が強いなぁ」なんて、ちょっと引き気味の人もいます。

女子としては特別な意味なんてなく、ただ「お正月だし」と着ただけなのに、自己顕示欲にまで結びつけられたら、たまったものではありませんが……!

目立ちたがり屋のレッテルを貼られたくない女子は、控えめな柄を選ぶといいかもです。

 

3:抑えておくべき!初詣に着る着物の基本マナー3つ

それでは、着物を着慣れない女子が、このお正月の「着物デート初挑戦」に備えて、気を付けておくべき基本マナーを3つご紹介します。

洋服を着ているときと同じように動くと、ちょっと危ないかも!?

(1)大股を開かない

着物を着ているのに、パンツスタイルのときと同じように歩くと、裾がバタバタとめくれ上がってしまい、下品です。

着物を着た日には、ふだんよりも少々内股気味で、小さな歩幅を意識して歩きましょう。

着崩れもしにくくもなります。

(2)大きなバッグを持たない

せっかく着物を着ているのに、バッグが普段通りだと、チグハグな印象になります。

また、着物を着た際には、できるだけ小さなバッグを片手で持つのが基本です。

着物デートの日に、そのまま彼とお泊まりする予定なら、小さな和装用のバッグと別に、お泊まりグッズを入れて、デート中はコインロッカーなどに入れておくといいでしょう。

(3)「たもと」の動作を忘れない

食事をしたり飲み物を飲んだりするときには、着物の“たもと”に気をつけてください。

普段の服と同じように腕を動かそうとすると、着物の“たもと”が引っかかって、汚れたり食器類を落としてしまったりしがちです。

手を使うときには、反対の手で袖を押さえたりつまんだりして、テーブルに引っかからないように配慮するのがマナーです。

 

4:浴衣と着物はちょっと違う!

「浴衣なら、着たことある」という女子もけっこういますよね。でも、浴衣と着物は似て非なるもの。

なので、浴衣の感覚でいると、「あれ?」となることもあります。浴衣よりも着物のほうが、重さもありますから、ちょっと勝手が違うんですよね。

お正月に着物デートで彼をメロメロにしたい女子は、着物を上手に着こなしつつマナーにも気をつけながら、楽しい時間をお過ごしください。

 

【参考】