必勝法「LINEでの告白テク」5選!LINEでの告白で相手の真意を見定める方法

みなさんは、LINEで告白したり、されたことはありますか? LINEは恋愛において欠かせないツールになり、LINEでの告白も増えています。今回は、「本気を伝えるLINEでの告白テク」や、「告白されたときに相手の真意を見極める方法」をご紹介します。
  • Evernoteに保存

1:LINEで告白ってアリ?

LINEでの告白ってアリですか? それともナシでしょうか?

それぞれ意見があるかと思いますが、LINEでの告白にもメリットとデメリットがあるようです。

メリットとしては、

・緊張しすぎず思いを伝えられる

・相手に考える時間や余裕を持ってもらえる

・振られたときに気まずい思いをしなくて済む

などがあります。

しかし、「LINEでの告白」は「直接の告白」よりも、相手の真意の見極めが難しいもの。本気を伝えるLINEでの告白テクニックや、相手の真意を見極めるヒントはなんでしょうか?

 

2:これで成功!本気が伝わるLINEでの告白テク5選

まずは、本気が伝わるLINEでの告白テクニックをご紹介します。

(1)自撮り動画をつくる

自撮り動画で告白!というのは、本気度が高いことが相手にも伝わります。

ちょっと恥ずかしい……と敬遠されることもありますが、本気さをどうしても伝えたい相手には、使ってみてもいいかも。

(2)少し長めの文章で思いを綴る

LINEは短い文章をポンポンッと気軽に送ることができます。

そんな短いLINEに慣れているからこそ、「少し長めの文章」で真剣さや真面目さを表現することもできます。

思いを上手に話す自信がないときは、時間をかけて一生懸命書いた文章をLINEで送ってみるのもいいかもしれません。

(3)前置きを入れる

いきなりLINEで告白されると、驚いてしまい、「本気なの?」なんて疑われてしまうことも。

告白する前に、「大事な話があるんだけどいい?」「LINEで伝わるか、わからないけど言わせて欲しいことがあるの」なんて前置きのLINEを送りましょう。

その前置きLINEに「OK」の返事が来たあと、告白LINEを送るのです。

そうすれば、相手も心の準備ができますよ!

(4)写真にメッセージをつける

相手への気持ちを込めた画像を撮影し、文字入れ加工して告白に使う方法も!

画像は、ふたりの思い出の場所の風景でも、お気に入りの自撮りでもOK。加工写真は、アイデア次第でさまざまなものが作れますよ。

(5)スタンプを活用する

文章のメッセージにプラスで、スタンプも活用しましょう。

たくさんのスタンプの中から、自分の気持ちを表現するのにピッタリなものを選びましょう!

 

3:LINEで告白された!相手の真意を見定める方法3つ

男友達とLINEをしていたら、突然「おれ、●●ちゃんのこと好きなんだけど」なんて突然言われるケースも!

友達に突然告白されると、驚いてしまいますよね。そんなとき、慌てて答えてしまうと後々めんどうなことになったり、関係が悪化してしまう危険性も。しっかり真意を確認してから返事をしたいものです。

では、どのように相手の真意を見極めればよいのでしょうか?

(1)質問返し

「おれと付き合ってくれない?」と言われたら、答える前に、聞きたいことをこちらからも質問してしまいましょう。

「私であってる?」、「酔っぱらってない?」、「私のどこが好きなの?」、「いつから?」などなど。気になることは素直に聞きましょう。告白の返事をしたあとだと、聞きにくくなってしまうことも。

質問をしていくことで、相手の真意や気持ちが少しずつ分かってくるはずです。

(2)しばらく放置

既読スルーを意図的にしてみる……という、ちょっと意地悪な方法も。

どうしても疑わしい、チャラい感じがする、なんて疑いがあるときに使ってみるといいかもしれません。

放置している間に「さっきの冗談だよ」、「真剣だったんだけど迷惑だったかな?」なんて、追伸でLINEが来ることも。

ただし、相手を落ち込ませすぎないように注意が必要です! 駆け引きは自己責任で……。

(3)直接聞きたいな

どうしてもLINEだけで真意が分からない場合は、「告白は直接聞きたいな……」と、はぐらかしてみましょう。

その後、直接会って告白されれば真剣かも!

一方、その後なにもなければ、軽い気持ちだったり、酔っぱらっていたり、真剣ではない可能性も。

 

4:まとめ

LINEでの告白をするとき、されるときは、気持ちが伝わっているかどうかをしっかり確認しましょう。

上手に使いこなすと、LINEは恋愛の強い味方に!

LINEでの告白、検討してみてはいかがでしょうか?