泥沼な恋愛って体験したことある?世にも恐ろしい泥沼恋愛体験談8つ

みなさんは、泥沼な恋愛って体験したことありますか? 「事実は小説よりも奇なり」と言うように、昼ドラに負けないリアルな泥沼恋愛もあるのです。今回は、世にも恐ろしい泥沼恋愛体験談を8つお届けします。
  • Evernoteに保存

1:泥沼な恋愛劇といえば昼ドラ?

泥沼な恋愛劇といえば、真っ先に「昼ドラ」が頭に浮かぶ人も、多いのではないでしょうか。

ドロドロとした要素が「これでもかっ!」と散りばめられていて、悲恋を描いている連続ドラマもたくさんあります。

 

2:昼ドラに負けない!実際にあった泥沼恋愛体験談8つ

では、ここからは「昼ドラにも負けないくらいドロドロした恋愛を体験した」という方々に、その体験談を披露していただきます。

(1)「二股かけられていて、女同士の修羅場に…」

「元カレに、二股かけられていました。

浮気っていうよりも、完全なる二股です。

ある日、彼の家に行ったら女が居て、“彼が二股しているから、決着つけよう”と言われて、そのまま修羅場になりました。

結果、アホらしくなって私もその女も彼を捨てました」(22歳/アパレル販売)

(2)「彼が隠れ既婚者でした」

「彼からは独身だって聞いていたのですが、共通の友人の話から、実は既婚者なのが発覚したんです。

もう、びっくりするやらショックやらで……。彼を問い詰めたら白状しましたが、そのまま不倫関係に。

そしたら半年くらいして、奥様にバレてしまって、弁護士からの書面が届き200万円の慰謝料を請求されました。結婚しているのを隠していたのは彼だけど、私が全額を払いました。

そのせいで、私は今、貯金ゼロです」(30歳/秘書)

(3)「彼ママから、異常な嫌がらせを…」

「交際していた彼の母親が、異常なほどヤキモチ焼きで……。

私たちの交際に反対していたんですけど、それでも別れないものだから、嫌がらせを始めたんです。

家にわら人形が届いたり、ビリビリに破かれた私たちの写真がポストに入っていたり。本気で怖かったけれど、“絶対に負けない!”って思っていました。

結局、彼が母親の説得に負けて、別れましたけど……。

あの頃の嫌がらせには、凄まじいものがありましたね」(31歳/コンサルタント)

(4)「元カノのストーカーっぷりが異常でした」

「彼の元カノが、彼への未練からストーカーになってしまって、新カノの私にも付きまとうようになりました。

私のことを悪く言ったり、デート中に尾行したりするだけでなく、気味の悪いメールまで届くようになって。

警察に相談しようかと思っていたときに、その元カノに新しい恋人ができてストーキングが収まりました。

ストーカーをされていたときは、本気で怖かったです」(33歳/会社員)

(5)「浮気がバレたら開き直って二股が始まりました」

「彼の家に遊びに行ったら、女が居たんです。

で、浮気されていると思って文句を言ったら、“俺は両方好きだから、俺のことが好きなら認めろ”とか開き直られて……。

結局、私が公認する二股生活が始まったんです。それからは、デートも3人ですることが増えて、あるときには夜のアレまで3人でするように強要されました。

耐えられなくて、別れたいと言ったら、彼ともうひとりの彼女に怒られて……。結局、彼らから逃げるように引越しをして音信不通にしました。

私にとって、あれは泥沼恋愛以外の何物でもないです」(23歳/医療関係)

(6)「彼の変な趣味に付き合わされて…」

「元カレなんですけど、彼の趣味は“お母さん”だったんです。つまり、ひと言で言えば“マザコン”なんですけど、そんなレベルじゃなくて。

私のメイクから髪型、ファッションまでも“オフクロみたいにしてよ?”、“それじゃオフクロに見えないよ?”なんて言いながら、私をお母さんに仕立てようとするんです。

もちろん、すぐに別れようとしたんですけど、全然別れてくれなくて、家の前に座り込みとかする人で。“お前は、オフクロに似ているから好きなんだ! こんなにオフクロに似ている女には、もう出会えない!”なんて、家の前で叫ぶんです。

恥ずかしいやら怖いやらでしたが、彼のお母さんに相談して、むりやり別れさせてもらいました」(29歳/会社員)

(7)「浮気相手の女から宣戦布告が…」

「私は気づいていなかったんですけど、彼が浮気していたようで、ある日、相手の女から宣戦布告されました。

いきなり携帯に電話がかかってきて、“あんたがいるから私が彼女になれない”だの“ブスのくせに”だの色々言われて、最後に“私は必ず、あんたから彼を奪う”って。

バカバカしいので相手にしなかったんですけど、そこから巧みに罠を仕掛けられて……。

その女が、嘘の話を彼にして、私が彼のお金目当てで付き合っていることにされてしまって。結局、彼にフラれました。あの女の戦略勝ちだと思います」(31歳/広告代理店勤務)

(8)「別れたいのに2年も別れられませんでした」

「元カレには、2年も別れてもらえませんでした。

“別れる”と言ったら、執拗に嫌がらせをしてきて、私の悪い噂を周りに流したり、家に軟禁したりしたんです。

警察に相談すればよかったのかもしれないんですけど、そんな勇気もなくて。

彼は、逆らうと色々嫌がらせしてくるタイプだったので、じっと耐えました。次に彼に好きな人ができるまで、2年間ずっと“別れたいのに別れられない”が続いて、心身ともに疲れ果てましたね。

今は、恋愛する気分にもなれないです」(30歳/ショップ店員)

 

3:泥沼な恋愛劇は昼ドラだけじゃない!

ドロドロとした泥沼の恋愛劇は、昼ドラに限った話でもないみたいです。

私たちが知らないだけで、実は泥沼恋愛劇はそこらじゅうに溢れているものなのかもしれません。