結婚パーティーの服装!「カジュアルや平服」結婚パーティーに合うドレスは?

みなさんは、結婚パーティーの服装ってどうしていますか? 「カジュアルや平服」の指定がある結婚パーティーだと、着ていくドレスをどのくらいのレベルにすればいいのか、悩んじゃいますよね。そこで今回は、結婚パーティーにゲストとして出席するシーンでの服装についてご紹介します。

1:結婚パーティーの服装って難しい?

結婚パーティーにお呼ばれしたときには「わー。おめでとう!」と、祝福の気持ちが湧き上がると同時に「さて、何を着て行こうかな……」なんて、洋服の悩みが浮上する女子も多いのではないでしょうか!?

写真も撮るし、目上の人もたくさん来るし、ふだんよりも洋服を決めるのに迷ってしまう女子も多いはず!

(1)カジュアルや平服ってドレスはダメなの?

いただいた招待状に「カジュアルな服装でどうぞ」「平服でお越しください」とあった場合には、ゴージャスな舞踏会風ドレスを着て行くのはマナー違反になります。

ゲストがフォーマルなファッションをする負担を減らす意味で、あえての「カジュアル」「平服」指定ですからね。

ここでドレスコードを無視すると、会場でもひとりだけ浮いてしまうことに。

(2)彼氏や夫には何を着せたらいい?

自分のファッションは、なんとか決められても、彼氏や夫の「カジュアル」「平服」にはさらに頭が痛い……という女子も多いはず。

「仕事用のヨレヨレスーツか、デニムくらいしか洋服をもってない!」というパートナーの場合には「カジュアル」「平服」でも、着せて行くものが見当たらないことも……。

こうなると、パーティーへの出席を機に、新しく服を新調するしかないかも!?

 

2:結婚パーティーの服装「カジュアル」の場合!

レストランウェディングなどで「カジュアル」や「スマートカジュアル」の指定がされている場合は、次のポイントで服装を選んでください。

(1)女性は?

スマートカジュアルもカジュアルも、基本的には「平服」と捉えてOKです。

なので、着物やロングドレスなどの正装っぽい服装は避けて、明るいカラーのワンピースやトップス&ボトムスで華やかにまとめるのが無難です。

高級ホテルのレストランに行くような服装をイメージすると、失敗が少なくなります。

(2)男性は?

「カジュアル」と指定されていてもデニムなどカジュアルすぎるファッションは避けたほうがベター。

お祝いの場なので、ジャケットは着用したほうがよく、できればTシャツよりも襟のあるシャツを選んだほうが、ちゃんとして見えます。

清潔感のあるコーディネートを意識してください。

 

3:結婚パーティーの服装「平服」の場合

続いては「平服」の指定があった場合です。

結婚パーティーでの「平服」は、「いつもの普段着」とは少しだけ意味が違うので、ご注意を。

(1)女性は?

「平服」とはフォーマルではない略式の礼装を指すので、華やかなワンピースやトップス&ボトムスの組み合わせがいいでしょう。

ロングドレスだとフォーマル感が出やすいので、ひざ丈くらいを目安にすると会場でも浮きにくくなります。

(2)男性は?

男性の「平服」なら、いつものスーツで十分。ただし、お祝い事への祝福をしに行くので、ヨレヨレのスーツはNGです。

きちんと整っているスーツにポケットチーフを指すなどして、少しだけ正装に寄せてください。

タキシードは正装なので、平服指定のパーティーにはNGです!

 

4:結婚パーティーに合うドレスは?

それでは、結婚パーティーに合うファッションについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

(1)結婚パーティーのドレスコードって何?

結婚パーティーの「ドレスコード」とは、「服装の規定」「ルール」です。

「ここの場所に行くなら、この格好でお願いします」というイメージですね。

また、「ドレスコードなし」でのお呼ばれなら、基本的には常識の範囲内でファッションは自由というわけです。

とはいえ、あまりにもやりすぎると「あの人、どうしちゃったの!?」と、ほかのゲストから驚かれるので、ご注意くださいね!

(2)結婚パーティーのドレスはレンタルでもいい?

結婚パーティーに着て行く洋服が見つからない場合には、レンタルという選択肢もあります。

ドレスにも流行がありますし、毎回ドレスを新調していたらそれなりの出費に。1回しか着ないドレスを、貸衣装でまかなうのも賢い選択です。

(3)結婚パーティーのドレスは花嫁に気を使うべき?

結婚パーティーにドレスを着て行くならば、花嫁への配慮はマストです。

また、ウェディングパーティーでは「白」は花嫁の色ですので、ゲストが着るのは御法度とされています。

また、お色直しで着るドレスともできるだけカブらないほうが確実です。当日、花嫁が着るお色直しのドレスのテイストや色味を、事前に本人に確認しておくと安心です。

 

5:結婚パーティーでは「花嫁が主役」を忘れないで!

結婚パーティーは、言うまでもなく花嫁さんが主役の場です。

ですので、ゲストのファッションとしては、新郎新婦の門出を祝福しつつも花嫁を引き立てる服装がベターになります。

昨今の結婚パーティーに出席するファッションとしては、基本的に“略式の礼装”を心得ておけば、大きな失敗はなくなります。

パーティーに着て行った服のせいで、会場で浮いてしまったり周りからヒソヒソとささやかれたりしないよう、服装にはくれぐれもご注意くださいね!