今年の抱負は女子力アップ?あなたの女子力アップの方法5選

新年の抱負として“女子力アップ”を掲げた方はいませんか? 女子力って、上がれば上がるほど自分もハッピー。男性ウケ狙いだけでなく、自分をも満足させてくれるのが女子力です。いいことだらけの女子力は、どんどん上げたいものですよね。そこで今回は、今年1年を素晴らしい年にするために、今から試したい女子力アップの方法をご紹介します。

1:もっとモテるには?女子力アップ方法が知りたい!

モテたい! だからといって、男ウケばかり狙っていると、空回りして自分らしさを失ってしまうなんてことになりかねません。

女性であるということを最大限楽しみ、それをさらにアップさせるという方向で努力をすることで、結果的に“モテ”を実現させるのが女子力。

女子力アップは、あくまで“自分が気持ちいい!”を追求するのが基本です。

 

2:今すぐ試したい!女子力アップ方法5

(1)毎日十分な睡眠を取る

新年会や残業で疲れ果てた肌を美しく保ち、リペアしてくれるのはエステではありません。「エステで顔の疲れが取れたためしがない!」と感じているのは筆者だけではないはずです。

ナチュラルな美しさを生み出してくれるのは、何をおいても“睡眠”意外ありません。

どんなに仕事が忙しく、心配事がたくさんあっても、ベッドに入れば2秒で爆睡できる女が勝ちです!

(2)メディテーションを取り入れる

寝たい。でも精神が高ぶっていてなかなか眠れない。そんなときのためにも、日ごろから習慣化しておきたいのがメディテーション(瞑想)。

脳がフル稼働している状態では、眠りに落ちることができないのも無理はありません。

できれば眠る数時間前から部屋の照明を最小限に抑え、スマホは見ない。そしてベッドの上で15分程度のメディテーションを日課にしてみます。

メディテーションが睡眠への導入剤となり、美しさを作り出す睡眠への入り口となってくれますよ!

(3)上手にお金を貯める

経済的な不安は、人生のハピネスを減らしてしまいます。将来の自分が使うお金は、今からきちんと管理して損はありません。

若いうちにステキに装うのも大切ですが、心の充足を得るためには、やはり最低限の資産は必要。

毎月ほんの少しでもいいのです。将来のために準備することが、あなたをより輝かせてくれることでしょう。

(4)部屋をキレイに保つ

仏教において、僧侶がまず大切にする仕事が掃除です。

部屋の隅々まできちんと掃除をすることで、自分の心の中もキレイに整い、新しいことを迎える準備ができるのです。

そして、きれいな部屋に身を置くことは、単純に気持ちがよいもの。

掃除は、自分自身の内面に効く合理的な行動なのです。

(5)人と自分を比べるのをやめる

誰かと相対的に自分を判断すると、必ずと言ってよいほど、自分よりも上の人間への劣等感を感じてしまいます。

女子力は自己肯定感により育まれるもの。劣等感は女子力を下げてしまいます。

まずは自分を愛せる箇所を探しましょう。

ガサガサだったかかとがきれいになった、髪の美しさには自信があるなど、何でもよいのです。その愛すべき個所に気持ちを注ぎ、誰かよりも劣っていると感じる部分は放ってしまいましょう。

すべてを手に入れたかのように見える美しいセレブリティの女性でも、精神を病んでいる場合は星の数ほどあるのです。

 

3:持つだけでステキ女子に!女子力アップのアイテム5

(1)アイロンばっちりのハンカチ

ピシッとアイロンのかかったハンカチを常にバッグに準備しておくことは、小さな自信につながります。

何かをこぼしてしまったときなど、サッとそのハンカチを出して使えば、小さなミスが逆に好印象を残すことにつながります。

清潔感はすべての女性の味方。アイロンのかかったハンカチは、清潔感の象徴です。

(2)お気に入りのランジェリー

朝、自分の体にピッタリあったお気に入りのランジェリーを選べば、気分が30%くらいアップします。

高額なものをいくつも持っている必要はありません。自分の体に合ったもので、かつ、自分の肌を美しく見せてくれるカラーを選びましょう。

偶然にも男性に見られる機会があっても、好都合ですよね。

(3)赤いリップ

女であることを最大限楽しむアイテムのひとつが赤いリップ。

似合いにくいと思われがちですが、グロスを利用したり、マット感を調整したり。あるいはプロのイメージコンサルティングに頼って、似合うカラーを探してみれば、もう手放せないと思えるほどの1本に出会えるはずです。

整えていないヘアとラフなジーンズの日だって、赤いリップをつければ、それだけで、セクシーで魅力的な女性が完成します。

(4)質の良いミニバッグ

でかバッグは大変便利です。必要なものは何でも入るし、安心感いっぱいです。でも、ミニバッグに携帯とリップなど、必要最低限のものだけ詰め込んで出かけるのも、フットワークを軽くしてくれてよいものです。

カラーを赤にしてみたり、かわいいデザインのものを選んだりして、女子力を楽しみましょう。

(5)自分のイメージにピッタリな香水

香水は自分のイメージを確固たるものにしてくれるアイテム。香水を使うということは、

「私はこういう香りを感じさせる女性を目指しています」

という自己主張にほかなりません。そのため、たくさんの香りを試し、自分が抱かれたいと感じるイメージの香水を探し当てることが大切です。

好きな芸能人が使っている香水などは、大変参考になりますよ。

 

4:まとめ

いかがでしたか? 女子力は内面から湧き出るもの。モテ服を着たり、モテヘアにしたりするよりも、自分の内面に潜む女子力を楽しみ、それを最大限に活かしましょう。

私達は女性。すでに十分な女子力で溢れているのですから。