疲れててもOK!気分に合わせて楽しむHの体位とエロイ見せ方5つ

みなさん、通常のHで使う体位って何パターン位ありますか? 正常位、騎乗位、バックなど一般的な体位に飽きたら、気分に合わせて新しい体位も試してみましょう。また体位ごとにエロく見える見せ方を知っておけば、同じ体位でも彼の興奮度をコントロールすることも可能。そこで今回は、気分に合わせて楽しむ体位と、エロイ見せ方を徹底調査してみました。

1:エッチの体位いくつ試した?

多くの場合、エッチは二人で楽しむもの。そのため「彼はどんな体位が好きか?」、「そもそもエッチにおいて新しいことをどんどん取り入れたいタイプか?」などが、二人のエッチのバラエティを左右します。

もし彼が積極的に新しいことを取り入れるタイプでないのなら、女性側から提案してみるのもアリ。

そんなときは、彼をまずエロい気持ちにさせてから大胆にしたいことを伝えてみるのがおすすめです。

彼だってきっとその提案に大賛成してくれることでしょう。

 

2:角度でエロさが全然違う!気分別エッチの体位と一番きれいに見せるテク5

(1)怒りモードの時は騎乗位

会社で嫌なことがあった日や、彼に対してちょっとイラついていたりするときは騎乗位がおすすめ。イライラパワーを生かし積極的にエッチをコントロールすることで、気持ちよくなれます。

ちなみに、顔は下に向けず前か上を見るようにしましょう。上から彼の顔をのぞき込んでしまうと、顔に影ができて怖い顔に見えてしまうかも。

彼の顔を見たい時はチラ見程度に!

(2)激しく彼の愛を感じたいなら駅弁

彼に体ごと全てをあずけしてしまうこの体位。彼への信頼がなければ成り立ちません。

彼が駅弁をしたいと言ったら、

「えー、大丈夫? 落とさないでね」

などつべこべ言わずにチャレンジしてみましょう。全てをホールドされた状態で繋がれば、彼への信頼感が揺るぎないものに変化することでしょう。

駅弁初心者の場合は見せ方を気にするよりも、とにかく落ちないようにしがみつくことが先決です。

(3)今日は疲れたよ~…それならスプーン

背面側位の英語バージョンがスプーン。男女ともに横になり、男性が後ろから女性を抱き抱えるようなイメージです。

何はともあれ体を横たえていることと、彼が攻める側のポジションであるため自分は基本何もしなくてOK。

疲れているけど気持ちよくして欲しい。そんな日におすすめです。

時々後ろを振り向いて彼にキスしてあげましょう。

(4)絶対イキたい!角度が絶妙な対面座位

騎乗位よりも絶妙な角度で女性がイキやすいと評判の対面座位。彼の顔が目の前にあるため、キスだってたくさんできちゃいます。

また彼との密着度も高く、騎乗位よりも

「なんか私だけ動いてるけど、大丈夫?」

といった孤立感が少ないのも嬉しいところです。

角度まで上手にコントロールしやすいため、「今日は絶対にイクぞ~!」という日におすすめです。

髪を振り乱し、ガツガツした野生のあなたを見せつけましょう。

(5)ご飯が出来るまで待てない…立位

キッチンで料理をしているのに、彼が待てないくらい気分が盛り上がっているのならそのまま立位で解決です。

ただ注意して欲しいのは、

「火を付けっぱなしでも見えているから大丈夫!」

なんてタカをくくっていても、だんだん本気になってくると火なんてそっちのけでベッドまで移動してしまう可能性もあるため、くれぐれも火は消してから行うようにして下さい。

立位であなたの体をホールドしている彼の手を、上からつかむようにすると更に興奮度アップです。

 

3:今すぐやってみよう!意外と知られていないけど気持ちいい体位3

(1)屈曲位(くっきょくい)

正常位に似ていますが、女性の両足が彼の両肩に乗った状態で行う体位。ヨガなどで柔軟性に自信がある女性には特におすすめです。

両足が上にあがっている分、通常の正常位よりも奥深くまで入る感触が味わえます。

ただ、彼があまりに前のめりになってしまい、お腹が苦しくなったらすかさずストップをかけましょう。苦しくなっては本末転倒です。

(2)背面座位(背面座位)

男性の上に座るような形で、男女ともに同じ方向を向くこの体位。正常位に慣れている人には、初めての際ちょっと違和感を感じるかもしれません。ですが、いつもと違う角度で当たる感触を得ることができます。

背面座位は、ぜひ鏡の前で試してみて下さい。女性の体が全面に映し出されて、とてもセクシーな絵面を楽しむことができますよ。

(3)流鏑馬(やぶさめ)

騎乗位と同じ体位ですが、彼の首の後ろにネクタイなどを引っ掛けて女性側が手綱なのように握る、ちょっとSMチックな体位です。

その際、危ないのでくれぐれも彼の首の前側に手綱が来ないように注意して下さい。

彼に浮気をされたあとなど、彼に反省させたいときなどにおすすめです。

 

4:まとめ

いかがでしたか? エッチには実に様々な体位があり、マンネリなんて全く心配ないくらいに様々なバリエーションを楽しむことが可能です。

新しい体位を試せば、またフレッシュな喜びを得ることができます。

彼と長きに渡り、幸せなエッチを楽しむために、気分に合わせて様々な体位を取り入れていきたいものですね。