デートの定義とは?デートと遊びの違い7つ「これってデート?」って聞いていい?

デートの定義って難しいですよね。付き合っていなくても「一緒に食事に行ったらデート」と思う人もいますし、付き合っていない場合はいくら一緒に遊んでもデートには換算しないという人もいます。「食事が3回目になったら、もう付き合っていると思っていい」と考える人もいるでしょう。今回はアラサーの男性のみなさんに、デートの定義を聞いてみました。

1:「これってデート?」って聞いても良い?

ふたりきりで食事に行ったとき、「これってデートなのかなぁ?」とひとりで悩み続けているのってちょっと疲れてしまいますよね。そんなとき、相手に「これってデート?」って直接的に聞いてもいいのでしょうか?

男性たちに話を聞いてみたところ、「“○○さんとデートできるなんて嬉しいです”って言われたことがあって嬉しかった」とか、「“デートみたいですね!”と嬉しそうに言われたから、こちらからも“デートだよ!”って言いやすかった」という意見が。

こんなふうに、直接的に「これってデートなんですか?」と聞くよりも、「自分はデートのつもりで楽しんでいる」ということをさりげなく伝えてみるのがいいのかもしれません。

 

2:どこからデートかわからない……デートと遊びの違い7つ

この章では、みなさんが1度は悩んだことがあるであろう、「どこからがデートなの?」という悩みを解決すべく、デートと遊びの違いについて、男性たちに話を聞いてみました。

(1)1回目だけなら遊びの可能性あり

「僕の場合は、1回くらいならお試しも兼ねて、女性を食事に誘ったりすることはありますね。

ただ、その1回で恋愛対象じゃないなって感じたら、勘違いさせるのも悪い気がするので、2回目は誘いません。僕の中では、2回以上ふたりきりで遊びに誘ったらデートって感じですね」(Tさん/28歳)

(2)デートならお金は多めに出す

「“落としたいな”って気のある相手なら、デートで男性側が多くお金を出すものじゃないですか? 男ってやっぱりカッコつけたいものだし、割り勘にしたとしても、誤差の範囲までは計算しなくて、少し多めに出したりとか。でも、遊びだったらキッチリしたいので、割り勘もキッチリしちゃうかな。

さすがに1円単位とまでは言わないですけど、100円単位では割り勘にします。

男として見られたいかそうでないかによって、そこら辺は結構変わると思いますよ」(Eさん/26歳)

(3)おしゃべりの時間が長いならデート

「なかなか難しい問題ですけど、女性って特に用事がなくても、おしゃべりだけで数時間とか平気で過ごすじゃないですか? でも男にとって、友達とか遊び相手の女性の話をそこまで長く聞き続けるのって結構ストレスだと思うんです。僕だったら、1時間半が限度かな。

だから、男性に、3時間とか無駄話に付き合ってもらえたら、本命というかデートだと思っていいと思いますね」(Nさん/27歳)

(4)迎えに来てくれるならデート

「女性って、車でデートするってなったら、彼氏には“迎えに来て欲しい”って結構言うじゃないですか? 男の方も、彼女とか付き合いたいと思っている相手なら、迎えに行ったり、送って行ってあげたいって思うと思うんです。でも、ただの友だちだったら、めんどうなんじゃないかなって。

まぁ、すごく家が近いとか、目的地の途中に女性の家があるとかなら別ですけど。それでも行きも帰りも文句言わずに車を出してくれるのは、デートに近いと思います」(Uさん/28歳)

 (5)女扱いするかどうか

「デートかどうかっていうより、その人の前での態度が重要だと思います。相手を女扱いするか、友達として同性と同じ扱いをするかで分かるんじゃないですか?

俺は、付き合いたい女と、友達でいたい女は別。なので、そこら辺は結構かっちり分けているつもりです。中途半端な態度で接して、誤解させるのは良くないと思うし。

告白されてから断って、せっかくいい友達だったのに、気まずくなるのも嫌ですし」(Aさん/29歳)

 (6)どっちが行きたい場所に行くか

「うーん、彼女にしたかったら、相手が行きたいって言った場所に行きますし、友だちだったら、遠慮なく自分が行きたい場所に連れていきますね。もちろん相手が嫌がったら行かないですけど、遊びならお互いに行きたい場所が一緒じゃないなら、そもそも一緒に行かなくてもいいんじゃない?ってなるので。

でも、本気で落としたいなら、自分が全然興味なくても、相手が行きたいって場所には行ってみて、どんなものが好きなのかとか知りたいですし」(Mさん/30歳)

(7)スマホの扱いが違う

「遊びの相手と一緒にいるときなら、普段通りスマホ触りながらしゃべったりしますけど、好きな相手が目の前にいたら、そんなことできないでしょう。だから、スマホは相手がトイレに行ってるときとかだけチェックするようにしますね。

あと違う点って言ったら、少しでも近くにいたいかどうか、じゃないですか? 好きだったら、できれば1回目でもデートだってわかってもらえるように、手とか握りたくなりますし」(Kさん/26歳)

 

 3:相手のひとつひとつの行動を見逃さないで!

男性たちにとって、「これがあれば絶対にデート!」という決定的なものはなさそうです。人によって、好きな相手の場合は態度に出るという人もいますが、そんな気持ちを隠すのがうまい男性だっています。

とはいえ、何かしら、遊びなのかデートなのかの判断に使えるような行動は出てくるはず。相手の様子をしっかりと見て、ときには「デートみたいでいいね」などと、カマをかけてみてはいかがでしょうか?