【恋愛の女性心理】女性が好意を抱く人にしがちな10の態度と心理

人の言動には、その人の心理が反映されるもの。つまり、好意をもっている相手には、それとなく好意が伝わるような態度をとってしまいます。あなたは好きな男性に、どんな態度で接していますか?
  • Evernoteに保存

1:女子が発する“大好きアピールは”共通している!

好意をもっている相手には、隠そうとしても、その好意をもっていることを伝えてしまうような態度をしてしまいます。

言葉を使わないコミュニケーションのことを非言語コミュニケーション(NON-VERBAL COMMUNICATION)と呼びますが、人の感情は言葉よりも、実は態度や行動など、言葉を使わないコミュニケーションに表れやすく、伝わりやすいという特徴があるんです。

「心で思っていることは、言葉にしないと伝わらない」なんていいますが、実ははそんなことはないんです。“好き”という感情も、非言語コミュニケーションによって、知らず知らずのうちに相手に伝わってしまうんです。

 

2:女子が好きな人にしがちな態度10

では、いったい、どんな非言語コミュニケーションで、相手に“好き”ということを伝えてしまっているのでしょうか?

(1)常に笑顔

基本中の基本ですが、やっぱり“笑顔”。嫌いな人に対して、心からの笑顔を向けるっていうのは、なかなかできませんよね。よほどの接客のプロでもない限り、やっぱり、好きな人にしか本当の笑顔で接することはできません。

目尻が下がり、口角が上がるのが、笑顔の特徴です。

(2)直視してしまう

好きな人は、ずっと見てしまいますよね。おいしそうな料理や、ステキな洋服から、目がそらすことができないのと同じ心理かもしれません。

また、「人は、興味があるものを見るときは、それを見逃さないようにと瞳孔が大きく見開く」ということも、研究で明らかにされています。

(3)近くに座ってしまう

好きな人のそばにいたいと思うのは、誰しも同じ。無意識のうちに、好きな人の隣に座ってしまうということがあります。

専門的には、“空間行動”と呼ばれ、「好きな人であればあるほど、また親密な相手であればあるほど、相手と自分の距離は狭くなる」といわれています。思わず、彼に肩を抱き寄せられそうになるくらいの距離にいるとしたら、それは間違いなくその彼に好意をもっているということです。

(4)思わず甘えてしまう

仕事をバリバリこなす、メチャクチャカッコいい女子なのに、なぜかその人にだけは甘えてしまったり、素直に仕事で困ったことがあったときに助けを求めるなどしたら、相手に対し、好意をもっている証拠となります。

一般的には、男子には相手を守ってあげたいという“養護欲求”や、相手を自分の思い通りにしたいという“支配欲求”が強いといわれています。そして、女性は、好きな相手に対し、無意識のうちにその欲求を満たしてあげたくなるのです。

なぜなら、人は自分の欲求を満たしてくれる人と一緒にいると居心地がいいわけですから。「甘える」というのは、それを本能で行う行為であるといえます。

(5)いたら、自分のことを話している

恋愛心理学では、「恋愛関係に人間関係を進展させるためには、自己開示(自分自身に関する情報を、相手にありのままに伝えること)が大事」だとされています。

当然、自己開示によって、お互いのことを深く知っていけば、親密な関係になれるわけです。

ですが、自分のことを話すというのは、簡単なことではありません。にもかかわらず、相手に自分のことを積極的に話しているとしたら、それはその相手のことを好きだということにほかならないんです。

(6)相手に質問している

好きな相手には自分のことを知って欲しいので、すすんで自分のことを話してしまいます。と同時に、相手のことも知りたいので、いろんな質問をしてしまうことも。

ちなみに、一方的な質問は、相手に「めんどうくせぇ」って思わせてしまいます。心理学的なテクニックでいえば、質問をするより、自分のことを話すと、それにつられ、「お返し」とばかりに、相手も自分のことを話してくれるようになります。

(7)LINEの返信が早くなる

興味がない男子からのLINEだったら、「あとで返事すればいいか」と、返信が遅くなったりしますよね。場合によっては、既読スルーか未読スルーにしてしまうかもしれません。

ですが、好きな相手に対しては“速攻で返信”という人も少なくないのでは?

だからこそ、仕事が忙しかったりでなかなか返信できない状況に相手がいて、相手からの返信が遅くなってるだけでも、「私のこと、好きじゃないのかな?」なんて悩んだりするわけですよね。

(8)さりげないボディタッチ

一般的に、男子はボディタッチを好み、女子は嫌います。この差がセクシャルハラスメントの引き金になったりもするわけです。

あまり身体的な接触を好まないはずの女子が、自分から相手にボディタッチをしてしまうとき。まちがいなく、そこには好意が存在するでしょう。

 

3:まとめ

いかがでしたでしょうか?

好意の態度を表にだすことは、けっして悪いことではありません。ただ、社内恋愛だったりすると、いろいろ支障が生じるかもしれませんよね。

今回紹介したのは、ごくごく一部ですが、記事を気を付けないといけないシチュエーションのときの対処法として、参考にしてくださいね。