片思いを成就!「片思いの告白の仕方」7つのステップで解説

片思いをどうしても叶えたい……!というとき、いきなり告白するのはちょっと勇気がでないという方もいらっしゃるのではないでしょうか? 今回は、片思いを成功させるための「片思いの告白の仕方」を7つのステップで解説します。ステップを踏むことで、告白の成功率がアップするはず!
  • Evernoteに保存

1:片思い中の告白、したことある?

みなさんは、「片思いの告白」をしたことはありますか?

「両想いになりたくて」、「諦めるため」、「相手の気持ちを確認したくて……」など、その告白にはさまざまな理由があります。

片思い中の告白は、相手の返事が全くわからないことも多く、その返事はドキドキ!

そこで、少しでも成功率を上げる「告白の仕方」を7つのステップでご紹介します。

 

2:「片思いの告白の仕方」7つのステップ

片思い中の彼に思いを伝えるのは素敵なこと。

でも、いきなり告白をすると相手の男性も驚いてしまいます。少しずつ自分をアピールし、仲を深めた後、告白してみてはいかがでしょうか。7つのステップで順を追って2人の距離を近づけてみて!

(1)相手に自分を知ってもらう

まずは相手に自分のことを知ってもらう努力をしましょう。

さりげなく自分のことを話したり、共通の趣味や好きなことがあったりする場合は「私も好きなんだ」と話題を盛り上げてみましょう。

全く相手との関係がない場合はささいなきっかけでもかまいませんので、「知り合い」という認識をしてもらえる仲になりましょう。

(2)会う機会を増やす

相手に自分を知ってもらうことができたら、次に会う機会を増やします。今までは数ヶ月に1回程度飲み会で顔を合わせる仲……なら、月に数回会える仲になれれば理想的。

また、学校や会社が同じという場合は、偶然を装って会う回数を増やしたり、自分から話しかける機会を増やしたりしてみましょう。

(3)好感

好感を持っているということをさりげなくアピールしましょう。

ステップ3の時点では「好き」という気持ちではなく、あくまで「好感を持っている」、「嫌われてはいないんだろうな」程度の感覚を相手に抱いてもらえるといいと思います。

「センスいいですね!」、「●●さんって優しいんですね!」、「話を聞いてもらって元気がでました」のように、「人として好感を持っていますよ」とアピールをするのです。

(4)連絡をとる

次に個人的に連絡をとってみましょう。

LINEやメールのアドレスを知っていれば、簡単なメッセージからはじめるといいでしょう。いきなりの電話は相手との関係性にもよりますが、やめた方が無難です。

(5)デート

連絡をとれる仲になったら、デートに誘ってみましょう。

もちろん、相手に誘ってもらえると嬉しいものですが、なかなかうまくいかない場合もあります。勇気を持って自分から誘ってみるのもアリですよ。

どうしても恥ずかしいなら、「行きたい場所やイベントに付き合ってほしい」なんて理由付けをしてもOK。

2人っきりでのデートは、お互いの距離をグッと近づけてくれるはずです!

(6)好意を表現

デート中は、楽しさを表現するのをお忘れなく。また、デートしてくれて「嬉しい」、「幸せだ」という思いも照れずに伝えましょう。

良い雰囲気になってきたと感じたら、間接的な表現で相手への好意を伝えましょう。今回の好意は、ステップ3とは違い「恋愛感情としての好意」です。

相手を「もしかして俺のこと好きだったりして……?」とドキドキさせちゃいましょう!

(7)告白!

デートを数回重ね、「ここだ!」というタイミングを見計らって、いよいよ告白です! ストレートな言葉で相手への気持ちを告白し、お付き合いしてもらえるかどうか聞きましょう。

今までのステップを積み重ねている間に、きっとお互いの距離も近づいています。あとは相手の気持ちを確かめるだけ!

 

3:心に刺さる!片思い中の彼に伝える愛の言葉3つ

「いざ告白をするぞ!」とは決めたものの、何と言えば彼に自分の思いが伝わるのか……思い悩んでしまいます。

そこで、彼に思いを伝える“愛の言葉”をご紹介。自分の言葉にアレンジしつつ、使ってみてくださいね。

(1)好き

ストレートに相手のことがどれだけ好きかを言葉で表現する告白。素敵ですよね。たくさん悩んだ結果、シンプルに「好き」と伝えたという体験談もよく耳にします。

相手のどんなところが好きなのか、いつから好きになったのかなどを添えると気持ちがより一層伝わりやすくなります。

(2)私のこと好き?

「好き」という思いを伝えるのが恥ずかしかったり、相手の気持ちを確かめたい気持ちが前面にでてしまったり。その状況を上手に利用して「私のこと好き?」と逆に聞いてしまう告白パターンです。

これ、案外うまくいったという人もいます。「え? そんなこと聞くなんてつまり……!」とドキドキさせることができるんだとか。

(3)ずっと一緒にいたい

「ずっと一緒にいてくれませんか?」というかわいい表現も!

好きな気持ちと、相手との関係をこれからもずっと続けていきたいという願望も伝わります。「かわいく言われるとキュンが止まらない……」という男性も。

ただし、鈍感な男性には告白だと気づかれないこともありますので、好きという表現とセットで使うことをおすすめします。

 

4:まとめ

片思い中の彼に、勇気を持って告白すると、新しい世界が開けるかもしれませんね。彼との仲を深め、タイミングを見計らい、愛の言葉を伝えましょう。

しっかりと前もって計画すると焦らず思いを伝えられますので、入念な準備をおすすめします!