恋と愛の違い診断!「恋と愛の違いがよくわかる」名言5選!それは恋?愛?

恋愛という言葉は“恋”と“愛”にわかれます。あなたはこの両者の違いがわかりますか? 微妙に異なる“恋と愛の違い”について、先人たちの名言も引用しながら解説します!

1:恋と愛の違いってわかりますか?

(1)恋と愛の違いとは?意味を比べてみた!

まずは“恋と愛の違い”について、辞書の意味を比べてみましょう。

こい〔こひ〕【恋】

1 特定の異性に強くひかれること。また、切ないまでに深く思いを寄せること。恋愛。「恋に落ちる」「恋に破れる」

2 土地・植物・季節などに思いを寄せること。

(出典:小学館デジタル大辞泉)

2つ目の意味はあまり聞き慣れませんが、古く『万葉集』で用いられたことがあるそうです。

あい【愛】

1 親子・兄弟などがいつくしみ合う気持ち。また、生あるものをかわいがり大事にする気持ち。「愛を注ぐ」

2 異性をいとしいと思う心。男女間の、相手を慕う情。恋。「愛が芽生える」

3 ある物事を好み、大切に思う気持ち。「芸術に対する愛」

4 個人的な感情を超越した、幸せを願う深く温かい心。「人類への愛」

5 キリスト教で、神が人類をいつくしみ、幸福を与えること。また、他者を自分と同じようにいつくしむこと。→アガペー

6 仏教で、主として貪愛(とんあい)のこと。自我の欲望に根ざし解脱(げだつ)を妨げるもの。

(出典:小学館デジタル大辞泉)

“愛”は対象が異性だけでなく、親子・兄弟、物事など幅広く、さらに宗教的な意味合いも含まれるなど、“恋”よりも多義的であることがわかります。

(2)「恋と愛の違い」は英語にもある?

“恋”と“愛”を和英辞典で調べると、どちらも最初に“love”が出てきます。ということは、英語では“恋と愛の違い”はないの?

筆者調べによれば、一応は英語圏でも“恋”と“愛”に違いはあるようです。たとえば、“fall in love”などloveに前置詞inがつく場合は、愛ではなく恋の意味合いになりますし、愛は“affection”、恋は“fancy”とも表現されます。

 

2:恋と愛の違いがよくわかる名言5選

辞書的な意味だけでなく、先人たちの名言から“恋と愛の違い”を分析していきましょう。

(1)「恋とは自分本位なもの、愛とは相手本位なもの」

美輪明宏さんの名言。自分本位とは“自分のため”、相手本位とは“相手のため”ということですよね。ここでもうひとつ美輪明宏さんの名言をご紹介しましょう。

「“何かしてあげる”と自分勝手な愛情を押し付けるのは自分がかわいいだけ。本当の愛は見返りを求めない無償の愛」

見返りを求めず、本当に相手の幸せを願うことができれば、それは愛なのでしょう。

(2)「愛する。それはお互いに見つめ合うことではなく、一緒に同じ方向を見つめることである」

『星の王子様』で有名なフランスの作家、サン=テグジュペリの名言です。

2人だけの世界に入り込む“恋”は甘美だけれど、“恋は盲目状態”ではいずれ、思わぬ落とし穴に落ちることも……。愛し合う2人が同じ方向を見据えて歩き出せば、その絆はいっそう強いものになるでしょう。

(3)「愛とは相手に変わることを要求せず、相手をありのままに受け入れることだ」

イタリアの劇作家、ディエゴ・ファブリの名言です。

どんなに相性のいいカップルであっても、交際期間を経るごとに、お互いに何らかの不満は出てくるもの。

そのときに、「もっとこうしてほしい」「こうなってくれればなぁ」と相手に変わることを求めるのか、それとも欠点をも含めて相手のことを受け入れるのかが、恋と愛の分かれ目かもしれません。

(4)「真の愛は、相手を自由にこそすれ、不自由にするものではない」

これも(3)同様、“相手のあるがままを受け入れる”という教えですね。ベストセラー『置かれた場所で咲きなさい』などの著作があるカトリック修道女、渡辺和子さんの名言です。

同種の名言として、マリリン・モンローの言葉もあります。

「愛とは信頼。人を愛するときは完全に信じること」

いくら相手のことが好きだからといって、すぐに浮気を疑ったり束縛したりするのは、愛ではないのかもしれません。

(5)「事情が変われば己も変わるような愛、相手が心を移せば己も心を移そうとする愛、そんな愛は愛ではない」

そして、こちらは文豪シェイクスピアの名言。

恋に落ちるのに理由はないともいわれますが、それでもやっぱり「かっこいいから好き」とか「私に優しくしてくれるから」とか、好意を持つ何らかの事情はあると思います。

では、その“かっこよくて優しい”あなたの彼が事故で無残な姿になったり、他の誰かに心変わりしてしまったりすれば……?

そこで彼を見放すのか、それでも自分の気持ちに変わりはないのか。これもまた恋と愛の違いといえるでしょう。

 

3:恋と愛の違い診断!あなたのは恋?愛?

前掲の名言もふまえて、“恋と愛の違い”チェックポイント5つをご紹介!

(1)どれだけ相手の立場に立てますか?

著名人の名言ではないのですが、「恋しているときは、相手を思いきり抱きしめる。でも、それが愛に変わったら、相手が痛くないように力を緩める」という話を聞いたことがあります。

美輪明宏さんの名言にもあるように、恋の段階では自分の感情の赴くままに愛情表現。そして、期待通りの反応が返ってこなければ不機嫌になるなど、自分本位のところがあるかもしれません。

自分がどうしたいかだけでなく、相手がどう思うかも尊重して行動できるなら、あなたは彼を愛しているのでしょう。

(2)相手が大切にしているものを大切にできますか?

「仕事と私とどっちが大事なの?」「また男友達と遊びに行くの?」

彼氏のことが好きすぎる女性にありがちなフレーズですよね。

彼が大好きだからずっと一緒にいたい。自分のことを優先してほしい。彼に会えないのは寂しい。その気持ちはわかります。

でも、彼が大切にしている仕事や友人は、あなたにとっても大切なものなのでは? あなたが彼の仕事や友人を尊重すれば、彼の仕事がうまくいってゴールインまでの期間が短くなり、友人をはじめ多くの人が結婚を祝福してくれることでしょう。

2人だけの世界に固執するのは恋。周囲も巻き込んで幸せになれるのが愛です。

(3)相手の欠点をどれくらい受け入れることができますか?

その前提として、まず相手の欠点をどれくらい知っていますか?

「欠点なんてない。彼は私にとってパーフェクト!」というのであれば、よほどあなたが幸運なのか、あるいは付き合いが浅くてまだ相手の表面的な部分しか見えていないのでしょう。

相手のイヤな面も見えてきたときが、恋と愛の分岐点。彼を愛しているのであれば、「この人はこういうところもあるけど、その欠点も含めて彼という人間」と相手のありのままを受け入れましょう。

(4)ときめきがなくても一緒にいたいと思いますか?

恋に落ちたときのドキドキ感。その期限は長くても3年だといわれています。それが本当だとしたら?

刺激やときめきがないなんてつまらない。ハネムーン期が過ぎたら、「ハイっ、次の恋……!」ということを繰り返していては、いつまでも愛にたどりつくことはできません。

(5)何があっても彼と乗り越える覚悟はありますか?

病めるときも健やかなるときも……は結婚式の誓いの言葉ですが、これから先、何があっても彼に寄り添う覚悟はあるでしょうか?

今の彼があなたにとってどんなに素敵な人であったとしても、何か思いも寄らない状況の変化や不運に見舞われて、彼は今のままでいられないかもしれません。

「えーっ、そんなのヤダ!」と思うなら恋です。「……彼が変わったり不幸になったりするのは辛いけど、それでもやっぱり一緒にいたい」と思うなら愛です。

 

4:まとめ

「私はまだ恋しかしたことなくて、愛は知らない」と思った方もいるのでは? でも、それでいいんです。まずは目の前の恋を思いきり楽しむことが大切。そうすれば、その先に愛が見つかるかもしれませんよ。