恋愛が辛いときどう乗り越える?恋愛が辛い瞬間5選とその対処法

恋って本来、とっても楽しいもの。でもときに、辛く感じてしまうこともあります。片思い、遠距離、失恋、思うように恋ができないとき……私たちは恋愛に対してネガティブになってしまいます。一体どうやって乗り越えていけばいいのでしょうか?

1:恋愛が辛いときってあるよね?

報われない恋をしていたり相手が考えもしないような行動をとったり。自分が望む状況ではない恋をしていると、とっても辛く感じてしまうものです。

幸せいっぱいの友人を見ているのが辛くて、自分だけが不幸のどん底にいるような気になることも。

多くの女性が、一度は恋に対して辛いという感情を経験したことがあるのではないでしょうか。

 

2:楽しいだけじゃない!? 恋愛が辛い瞬間5つ

楽しいはずの恋愛。わたしたちは、どんなときに恋愛を辛いと感じてしまうのでしょうか。

(1)終わった恋が忘れられない

やはり失恋はダメージが大きいです。もう元には戻れないとはわかっているけれど、心はまだ彼のことが好き……。そんなどうにもならない状況が、恋を辛いと感じさせる理由になります。

「こんなに辛いなら、もう恋はしたくない」なんて思うかもしれませんね。

(2)彼の気持ちがわからない

片思いの彼がいつもと違う態度をとったり、いい感じだった彼が他の女の子と仲良くしているのを見たり、彼の言動に振り回されてしまう自分がいたり……。

彼がなぜそんなことをするのかわからず、彼がとても遠い存在に思えてしまったときにも、恋を辛いと感じてしまうことがあるようですね。

(3)許されない恋をした

好きな人に彼女がいたり奥さんがいたりと、いくら彼のことを好きでも結ばれることのない不毛な恋をしたときは、心がえぐられるような気持ちに。

「こんなことなら好きにならなければよかった」と後悔すらしてしまうときもありますよね。

(4)どうしても振り向いてもらえない

何度彼にアタックしても好きになってくれない、どうしても振り向いてもらえない。一方通行の恋は、抜け出せない長い長いトンネルにいるような途方もない気持ちになってしまいます。

振り向いてもらえないからといって簡単に諦めたくない、でも何度気持ちを伝えても彼の返事は「NO」。自分がいくら頑張っても実らないことほどつらいことはありません。

(5)会えない時間が辛い

お互い会いたいと思っているのに、時間や距離がそれを許さない。遠距離恋愛や、お互いの時間が合わず彼に会う時間がないといった物理的な障害も、恋愛を辛いと感じる要因のひとつですね。

 

3:恋愛が辛いときどうすればいい?対処法5つ

次に、恋をしているときに感じる辛さとどう向き合っていけばいいのでしょうか?

(1)気分転換をする

何もしないでいると彼のことばかり考えてしまうもの。会えない時間や気持ちが通じないときほど、どんどんネガティブに感じてしまいます。

とにかく気分転換をしてネガティブな気分を解消すると、辛い気持ちも少しは楽になります。

(2)友達にとことん聞いてもらう

ひとりで悩んでいると心が張り裂けそうになりますが、女友達にとことん話しを聞いてもらい、苦しみやわらげましょう。恋で悩んだときに助け合うのが女友達です。

(3)辛い気持ちにどっぷりと浸かる

何をやっても気分が晴れないなら、いっそもっともっと辛いことや悲しいことを思い出して、悲しみのどん底までどっぷりと浸かる荒治療もいいかも。

落ちるところまで気持ちが落ちれば、あとは上がるだけ。何事も一生続くことはないので、無理に気持ちを切り替えず思うがままでもいいんです。

(4)彼と距離を置く

一緒にいるのに辛い、近くにいるのに悲しい、と思うこともあります。

そういうときは、あえて彼と距離を置いてみること。辛く悲しい気持ちを感じてまで彼と一緒にいるべきかどうか、自分の気持ちと向き合って正直になることができます。

(5)新しいことを始める

慣れていることをするときは、気持ちに余裕があって、つい彼のことを考えてしまうものです。

でも、難しいことや慣れないこと、新しいことをするときには気持ちに余裕がなくなってしまうので、一瞬でも辛い気持ちを忘れてしまえることも。継続的ではないですが、辛い気持ちから少しでも解消されたいと思うときにはオススメです。

 

4:まとめ

恋をしていて辛い気持ちになるのは、多くの人が経験していることです。自分だけじゃないとわかっていても、この世で自分が一番不幸に感じてしまうこともあります。

でも、自分でどうにかしないと、辛い恋から抜け出すことは困難です。気持ちを上手にコントロールして、辛い思いを少しでもやわらげてくださいね。