バレンタインデートを計画中な昼顔妻のLINEを覗き見ッ!

「不倫だけが生きがい……」というところまで堕落した昼顔妻の生活は、一般的な妻の日常とかけ離れています。魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析が得意な並木まきが、昼顔妻のLINEを覗き見ッ! 今回は、バレンタインデーに愛人男と過ごしたがっている昼顔妻の恐ろしいLINEをみなさんと一緒に見ていきましょう。

1:「今年も旦那は仕事だから、家でひとりだよ♡」で愛人男を安心させる

今年のバレンタインデーは、平日。

なので、一般的には、夫は会社、昼間は昼顔妻ひとりきりという状況。

そんな背景から、愛人の男を安心させるべく、「今年も夫は仕事。わたしは、家でひとりだよ♡」と、わざわざLINEを送信する昼顔妻。

「夜も遅いだろうから、デートもできるよっ!」と、アピールを開始です。

結婚して何年も経つと、バレンタインデーはイベント感がなくなる夫婦も少なくないので、せめて愛人男とロマンティックな時間を過ごしたい……というところでしょうか。

 

2:「夫のチョコの倍なんだから!しかもあっちにはプレゼント買ってないし」

愛人男への愛を表すべく、突如として「ケンジくんのチョコは、旦那に買ったチョコの倍だよ♡しかもあっちにはプレゼント買ってないし♡」と、どれだけ“お金と手間をかけたのか”を説明しだす昼顔妻。

夫にもチョコレートを準備しているあたりで、そこそこ夫との仲もうまくいっている実態を露呈しているようなものなのに……。

しかし、昼顔妻としては、チョコの質やプレゼントの有無が、自分の想いに比例していることを必死で伝えようとしています。

 

3:「うちは、バレンタインエッチとかないから安心してね!」

バレンタインデーは、ロマンティックな夜を過ごすカップルで溢れかえります。そのため、愛人男からの「そんなこと言ってるけど、結局、家でもやることやってんじゃねーの?」的な疑惑があるに違いないと勝手に考えている昼顔妻。

そこで、聞かれているわけでもないのに、「うちは、バレンタインエッチとかないから安心してね!」と、LINEを送信し、疑惑を払拭しようと画策しています。

「チョコは義理で用意したけど、ラブラブなのはケンジくんだけだから!」を、どうしても伝えないと気が済まないようです。

そんなこと言っても、“義理チョコ”を愛だと勘違いした夫から、誘われないとは限らないのに……ッ!

こんなふうに、昼顔妻がする家庭の話は、いつも昼顔妻に都合がいい“仮定の話”ばかりなんですッ!

 

 

バレンタインデーに愛人男とラブラブな時間を過ごしたいと計画中の昼顔妻は、LINEでも必死でアピールをしているみたいです。

みなさんの周りにも、バレンタインデーを愛人男と過ごしたがっている昼顔妻がいるかも!?