嫉妬深い彼女と別れたい!嫉妬深い彼女と上手に別れる方法5つ

付き合い立ての頃は「ヤキモチ焼きでかわいいな〜」で済んでいても、続くと疲れるのが彼女の嫉妬。嫉妬深い彼女は別れるのも大変……。どうしたら上手にお別れできるのか? 嫉妬深い女性を見分ける方法はないのか? 今回は嫉妬深い彼女を見分ける方法や対処法をご紹介します。

1:かわいい?怖い?めんどうくさい?嫉妬深い彼女ってどう思う?

嫉妬深い彼女ってどう思いますか?

付き合い立ての頃は「俺のことを思ってくれているんだな」「かわいいな」なんて思っていた男性も多いと思います。でも、ずっと続いたり、嫉妬がエスカレートしてくると疲れてしまいませんか。

男性の大半が、嫉妬深い彼女に対して「だんだんめんどうになってくる」「長くは付き合えない」「怖い」などネガティブなイメージを持っているようです。

今回は、そんな厄介な彼女につかまらないために、嫉妬深い彼女の特徴と対処法、上手な別れ方をご紹介します!

 

2:嫉妬深い彼女の特徴と対処法5つ

嫉妬とは、人の持っている物や能力への「羨望」、自分が持っている物を失ってしまうのではないかという「不安や恐れ」の2つによって起こる感情です。

どんな女性がこの感情を抱きやすいのか? 見ていきましょう。

(1)プライドが高い

「自分は凄いんだ」と思っているプライドの高い女性は嫉妬深く、街中でチラッと他の女性を見ただけで怒ります。

そのような行動は極力控え、「君が1番素敵だよ」「自慢の彼女だよ」など、自尊心をくすぐる言葉を頻繁に掛けてあげましょう。

(2)細かくスケジュールを聞いてくる

「彼を失いたくない」という気持ちが強い女性は嫉妬深く、スケジュールや電話内容などを細かく聞いて、彼の全てを把握しようとします。

1度細かく教えると永久に聞かれるため、概要だけ伝え、最低限の心配は掛けないようにしましょう。しつこいときは「信じてもらえなくて悲しい、辛い」と自身の気持ちを伝えてください。

そこであなたも怒ると、彼女は一層感情的になります。

(3)連絡が取れないと次から次へメールやLINEが来る

「何しているの? もしや女といる?」など、すぐに疑う女性は嫉妬深いです。ネガティブな妄想によって、次から次へ大量のメールやLINEが送られてきます。

仕事で連絡が取りづらくなるときは、事前に知らせ、日頃の連絡はできる限りこまめに取り合うようにしましょう。

(4)会社の集まり・休憩時に来る

「自分のいない空間で彼はどんな人と関わっているの?」と自分のいない世界を受容できない女性は嫉妬深いです。そのうち会社の飲み会にも顔を出そうとしてきます。

男性が多い会社の場合、1度参加すると安心する女性も多いですが、綺麗な女性が多い職場の場合は、一層彼女の嫉妬心を掻き立てることになります。

会社の人に紹介するか否かは、男女の数や、社風などを熟考した上で行ないましょう。

(5)思い通りにならないとすぐ怒る

「私はあなたの大切な彼女だから、思いは全て叶えてね!」と思っている女性は嫉妬深く、少しでも思い通りにならないと怒ります。

自分の思いを叶えられない障壁は何かを追求。それを乗り越えさせようとしてきます。

「今すぐディズニーランドに連れて行って!」と言われて、連れて行ってあげられればいいのですが、叶えてあげられないときもありますよね。

そんなときは、感情的な彼女を一旦なだめます。そして、「連れて行ってあげたい気持ちは山々だけど、仕事が終わらなくてごめんね」と、できない理由と謝罪を端的に伝えてあげてください。

 

3:嫉妬深い彼女と別れたい!限界を感じた時に上手に別れる方法5つ

(1)少しずつフェードアウト

連絡の頻度、会う頻度などを数ヶ月掛けて徐々に減らしていき、会ったときのテンションも少しずつ下げていく方法です。

「彼女はすぐに感情的になるので、すぐに別れを伝えると激昂すると思い、徐々にフェードアウトすることを心掛けました。彼女自身に別れを意識してもらえるよう、テンションも少しずつ下げていき、揉めずに別れることができました」(23歳・Hさん)

(2)相手を褒めて高嶺の花だと伝える

プライドの高い彼女の機嫌を損なわずに別れるには、「自分にはもったいない」「もっといい人がいる」とほのめかす方法が最適です。

「ちょうど転職のタイミングで別れを考えていました。実は、次の職場は決まっていたのですが、“当分ニートで君を幸せにできない、自分より相応しい人がいる”という点を強調して別れました」(28歳・Tさん)

(3)楽しいデートはしないようにする

彼女自身の気持ちが離れていくデートプランを地道に重ねる方法です。

「彼女がアクティブ派だったんですが、体調不良や仕事の疲れを理由にインドアデートを重ねました。一緒にいても楽しくないと思ったのか、数ヶ月で彼女から別れを切り出してきました」(29歳・Kさん)

(4)恋愛に疲れたことを伝える

彼女に原因があるわけではなく、恋愛に疲弊した現状を伝え、彼女の自尊心を傷付けない方法です。

「彼女に非があるわけではなく、単に、恋愛を休みたいという1点で押し切り、当分を距離を置くところから別れに持っていきました」(32歳・Yさん)

(5)正直な気持ちを伝える

束縛をされている窮屈感が辛いことを素直に伝え、納得してもらう方法です。

「彼女から頻繁に来る連絡や、休みの日に逐一スケジュールを確認される窮屈感が耐えられず、ちょっと精神的に辛かったのでそのまま素直に伝えました。本当に辛かったので、徐々に元気がなくなる様子を見て、納得してくれました」(30歳・Rさん)

 

4:まとめ

いかがでしたか?

「嫉妬」とは、微量であれば恋の良きスパイスですが、あまりにも度が過ぎると別れを招く事態になります。

男性は、嫉妬深い女性につかまらないように、女性は、深い嫉妬心を抱きそうになったら1度冷静に対処できるようにしてみてくださいね!