大学生の恋愛!出会いの場所やキスは?「大学生の恋愛事情」がうらやまッ

大学生は自由時間があり、恋愛がたくさんできる時期。思いっきり恋に浸って楽しめるのがまさに華の大学時代なのです! 今回はそんな大学生の恋愛事情! 出会いの場所やキスは? 恋愛したい人が行くべき出会いの場所まで一挙ご紹介!

1:大学生の恋愛事情は発達している!?

親元を離れてひとり暮らしをしたり、アルバイトやサークルを始めたり。大学生といえば新しい環境に身を置くことが多いので、出会いのチャンスがゴロゴロと転がっています。

高校生までは、授業や部活動なども決められた時間の中での活動が多いので、どちらかというとまだまだ子供の恋愛です。

一方社会人になり、経済的にも精神的にも自立するとハメをはずした恋愛をすることも少なくなり、落ち着いた恋愛になる傾向も。また「好き」だという気持ちだけで恋ができなくなってしまうことも。

そんな子供と大人の狭間であるのが大学時代。情熱的で後先考えない「好き」だけで動き出すドラマみたいな恋だってできちゃうんです。

さらにSNSを駆使する大学生の恋愛は年々、進化中。最近はサークルや学生主体のイベントも増え、どんどん出会いの場が広がっています。

 

2:大学生になったのに恋愛できない…恋愛するための方法7つ

しかし、大学生になったのに恋愛できないッ……そんな人もいるようです。そんなのもったいない! まずは恋愛するための方法をご紹介!

(1)幽霊部員でもいいからサークルに入る!

とにかく幽霊部員でもいいんです! サークルに入りましょう。

もちろん「適当に」入るのではなく、自分の興味のある分野のサークルを選びましょう。そうすることで必然的に同じ趣味や好きなスポーツの人と出会うことができます。

まずは気軽にサークルに入ること、それが大学生の恋愛の入り口です。

(2)合コンには積極的に参加!

筆者が今になって大学生のときにしなくて1番後悔したことは「合コンへの参加」。合コン=出会いの場・彼氏を作る場。高校を卒業したての真面目系大学生に限って、合コンに対してこんな偏見を持ちがちです。

もちろん出会いの場であることは正しいのですが、たとえば、女子大や、サークルに参加しなかった人にとって、合コンは数少ない異性の友人を増やす場でもあります。

合コンで出会った男子たちと社会人になってもグループで旅行に行くくらい仲良くなったりするのも大学生合コンあるある。大学生だからこそ、合コンを楽しむべきなんです。

また合コンに参加しまくっている女子は、初対面の人に対して物怖じしなくなり、就職活動もすんなりクリア!というのも付加価値としてついてきますよ。 合コンにも積極的に参加して!

(3)先輩と仲良くなる!

とにかく大学生ライフを彩りたいッ!

そんな人は同級生同士ではなく、サークルやゼミの先輩と積極的に仲良くなり、先輩と恋! テストも論文も余裕でクリア!という絵に描いたようなリア充ライフを送ります。

「出会いがない……」と嘆くなら、「去年のテストの内容ってどんなんでした?」と積極的に先輩に声をかけてみて。きっかけが恋でなくても恋に進展することが多いのです。

(4)他大学との交流のある女友達を持つ!

絶対1講義に1人はいるんです。無駄に他大学の男子に人脈がある女子が。

「今度、新宿でうちのイベサー主催の他大学交流会兼ミスコンがあるんだけど~うちからチケット買ってくれたら500円引き」

と講義中にも関わらずチケットを売りさばく彼女たちの人脈はすごいものがあります。出会いがないならとにかく自分から!

そんな友人と仲良くなって、様々な学生主催のイベントに参加するのも◎。ただし、たまに怪しいのもあるので気をつけてね!

(5)“新入生”の肩書きを存分に生かしてスタートダッシュを切る!

入学式から講義開始までの間、新入生はひたすらサークルの勧誘を受けることになります。

ここで、ビラをもらって「とりあえず新歓だけ参加してみるか」と思うか「リア充ばっかで怖い」とツイッターで呟くか、そこが今後の大学生活の恋愛が充実するかどうかの境目です。

恋のスタートダッシュをきるためには、“とりあえず”新歓だけでも参加してみて。2年生以上も新入生ぶって新歓に参加してみるのもいいかも!?

筆者の友人は4年生になっても新入生のふりをして新歓に参加、毎年ニューダーリンをゲットしていましたよ(笑)。

(6)出来るだけ一人暮らしをしてみる!

大学生はとにかく時間があるッ! アルバイトで自分でお金を稼ぐこともできるようになります。できるだけ出会いを増やすために、また自立に向けてひとり暮らしをしてみましょう。

部屋に招いて、恋人に手料理を振舞うなど、恋愛が数倍楽しくなります。

(7)アルバイトはイベント系を狙う!

大学生が狙うべきバイトは短期バイトであるリゾートバイト、またはイベントスタッフのバイトです。

特に商品のPRイベントのバイトは営業スキルが身につくうえに高時給。さらに同世代の友人たちとチームを組んで目標売り上げに向かって頑張るので、恋が生まれやすいんですよ!

 

 3:大学生の恋愛…キスは?性的なことは?5つ

大学生の恋愛あるあるをご紹介!

(1)活動内容不明のサークルのカップル成約率が高い

とにかくよくわからないサークル、ありますよね。

キノコ研究会、納豆を愛する会など、活動内容がいまいちわからないサークルに限って恋愛はお盛ん。サークル内にカップルがうじゃうじゃいます。

(2)大学生になって初エッチを経験し、性欲が爆発する

勉強しかしてこなかった真面目男子が初彼女との初エッチを迎えた瞬間、まるで狼になったように性欲が爆発し、1日に何回も……なんてことも。大学時代はそれだけ体力もありますしね。

(3)一人暮らし同士だと半同棲しがち

ひとり暮らし同士のカップルだと、ずっと一緒にいたいという単純な理由で同棲しがち。どちらかの家に常に入り浸る生活になるのです。

(4)同じゼミ同士で付き合うと周囲が異常なまでに気を遣う

人数の多いサークルだと周りが気を遣うことはありませんが、少人数のゼミではカップルに対して周囲が気を遣うことも。

大体ゼミ内で付き合うカップルというのはゼミ内の中心人物同士であることが多く、「え? なんか今日の2人、喧嘩した…!?」なんて周囲か勘付くと、異常なまでに2人に気を遣うことも。

別れたときなんてとっても気まずい雰囲気がゼミ全体に流れるんです。

(5)2人遅れて講義に登場、それが原因で付き合っていることが周囲にばれる

大学生カップルは夜更かしお泊りで1限目に2人揃って遅刻!なんてことも。2人仲良く遅れてコーヒーを持って講義に登場すると、周囲の友人たちがニヤニヤ。

それが原因で付き合っていることがばれるんです。

 

 4:大学生の出会いの場所3つ

(1)男女混合のサークル!

とにかく1番はサークル! 男女混同のサークルに入ってみましょう。

(2)短期バイト

長期休みはぜひ短期バイトに挑戦! ひと夏の恋だって生まれちゃう!?

(3)グループワークのある講義

グループワークのある講義はそれがきっかけで恋愛に発展することも。「一緒に課題しよ」からの恋……大学生あるあるです。

 

 5:大学生の恋愛を描いた漫画3つ

(1)『のだめカンタービレ』/二ノ宮知子

ドラマ化もされた音大生の恋愛音楽漫画です。現実離れした憧れの大学生活が描かれています。

素直で純粋で恋愛下手は主人公がとってもかわいくて思わず応援したくなっちゃいますよ。筆者は大学時代に読みましたが、大人になって読むとまた別の視点があってとっても面白い! 社会人のみなさんにもおすすめです。

(2)『ハチミツとクローバー』/羽海野チカ

大学生の恋愛漫画といえばハチクロ! そういっても過言でないくらいの人気を誇るハチミツとクローバー。大学生の恋愛バイブルといえます。

6畳+台所3畳フロなしというアパートで、貧乏ながら楽しい生活を送る美大生の3人。そんな彼らが、少女のように小さく可憐な女の子・花本はぐみと出会い……!?

とにかく読むたびに「大学生、最高!」と叫びたくなります。だいぶ古い作品にはなりますが、やっぱり筆者1番のおすすめは、このハチクロ。この作品を読むたびに「ああ~!大学生に戻りたいっ!」と叫びたくなります。

(3)『潔く柔く』/いくえみ綾

高校生から大学時代を描いているオムニバス形式の少女漫画です。

どんどんストーリーが繋がってとっても面白いですよ。また絵がとても美しく、少女漫画独特の美少女・美少年に浸ることもできます。

大切な人を失った若者の恋と成長が丁寧に書かれているこの作品。大学時代は人生に1番悩む時期。そんなとき、ぜひ読んでもらいたい漫画です。

 

6:社会人「ああ~大学生に戻りたいッ!」

どうでしたか?

今回は大学生の恋愛事情! 出会いの場所やキスは? 恋愛できない人が行きたい出会いの場所をご紹介しました。これを読んでいる大学生のみなさん、最後に筆者が言いたいのはこれだけです。

「とにもかくにも大学時代は思いっきり恋愛を楽しむべし!」

早くに結婚した筆者の友人は、ほとんどが大学時代にできた恋人と結婚。そして、「好き」という気持ちだけで動き出す恋は社会人になったら一気に減るんです。

そして社会人になったらみんな思うはずですよ。

「ああ~大学時代、戻りたいッッ!」

だからこそ、限られた大学ライフを楽しんでくださいね!

そしてもう大学生に戻れない社会人のみなさんは、筆者とともに学生時代にはできなかったほろ苦~い「大人の恋」を楽しみましょうね!

 



Был найден мной полезный блог , он описывает в статьях про обзор криптовалют.