バレンタインで彼氏が喜ぶプレゼント5選!手作りチョコはぶっちゃけ嬉しい?

クリスマスが終わり、新年を迎えて気づけば2月。恋する乙女が勝負するバレンタインシーズンの到来ですッ! 「さあ、手作りチョコの練習でもしようかしら~」なんて思ってる女子諸君! ちょっと待って! 今回はバレンタインで彼氏が喜ぶプレゼント7選!……っていうか手作りチョコはぶっちゃけ嬉しいのか?……男子の本音を大調査!

1:バレンタインに彼氏を喜ばせたいっ!

クリスマスに誕生日、年始の初詣。

カップルはイベントをきっかけに愛を深めますよね。しかし、よく考えてみると、いつもそのイベントごとは彼にリードしてもらうことが多いような気が……。

記念日のレストランの予約や、普段のデートプランも、どちらかというと彼任せというカップルが多いのではないでしょうか?

たまには彼女がリードするイベントだってあっていいはず。そう! それがバレンタインなのです! たくさんあるカップルイベントの中でも、“彼女から彼氏に”愛を伝えることのできる1番のチャンス。それがバレンタイン。

バレンタインデーは思いっきりあなたが彼をリードしちゃいましょう。“あなた”から彼を喜ばせるのです!

 

2:彼氏が喜ぶ「バレンタインのプレゼント」5選

バレンタインデーは、チョコだけでなく、プチプレゼントも用意しておくのもおすすめ。さて、何が喜ばれるのでしょう?

(1)頑張る彼氏には「ネクタイ」

王道のネクタイは何本あっても困らないもの。

せっかくのバレンタインは、彼が普段使っていない色や柄をチョイスしてみるのもいいかもしれません。彼女が選んでくれたネクタイは特別なはず。彼にぴったりのブランド、デザインを選んでみましょう。

(2)チョコと一緒に「お酒」

大人な男性にはチョコレートと一緒にお酒を渡すのも◎。

チョコレートにぴったりのものをチョイスすれば、より一層チョコレートがおいしく感じられます。特別な日だからこそ、いつもと違った特別なお酒を渡してみて。

一緒に飲みながら、いいタイミングでチョコレートを渡すのもロマンチックかも。

(3)寒いからこれで温まって!「アロマバスセット」

寒い季節、喜ばれるのは「自分では買わないけれどもらったらうれしいもの」。

その代表が入浴剤など、女子力高めの消耗品。最近だと男性向けのアロマバスなどもあるので、「日ごろの疲れを癒して温まってね」というあなたの気遣いを込めて渡せば完璧! キュンとしてもらえること間違いなし!

なんなら一緒にお風呂に入っちゃう!?

(4)王道だけどうれしい!「マフラーや手袋」

まだまだ寒い季節、やっぱり防寒具は必需品。

種類持って入れば、その日の服によって色々合わせられるので、たくさんあって困ることはありません。そんなマフラーや手袋はバレンタインのプレゼントとして優秀です。

またブランド物でも比較的安価なものが多く、気持ちが重くなりすぎないのもおすすめするポイントです。そういった意味で“重くなる”手編みなどは避けたほうが無難でしょう。

(5)シンプルに使えるもの「ハンカチ」

こちらも男性が「自分ではあまり買わないけれど、もらったらうれしいもの」の代表。プチプレゼントとしても最適です。ポケットにちゃんとハンカチを忍ばせている彼氏って素敵ですよね。

彼の好きなブランドのハンカチをプレゼントするのもいいかもしれません。

 

3:胸キュン!彼氏が喜ぶバレンタインの渡し方5つ

バレンタインのプレゼントは彼が胸キュンするような渡し方でッ!

(1)朝に「仕事の相談がある」!?

まずは筆者友人の楽しかったバレンタインデーエピソードをご紹介。

同僚でもある彼女から朝に、「今日、仕事終わりに時間ある? 相談あるのー」と言われたAくん。

「今日はバレンタイン! これはチョコがもらえるやつか!? そうだよな!? いや、でもただの相談か……いやチョコだよな!」という期待を持ちつつ過ごした1日はとても楽しかったのだとか。

朝から彼をワクワクさせて、夜に渡すチョコレートはなんだかとっても特別に感じるみたい。

(2)前日からお泊り→机の上に置手紙とともに

バレンタインデーの前日はお泊りデート。

だけれど次の日は朝早―いッ!なんていう働き女子におすすめなのが彼を残して先に家を出て、テーブルの上に残すバレンタインデー。

「ハッピーバレンタイン!」なんてプチメッセージとチョコレートを置いておけば、起きた彼がキュンとすること間違いなし!

このあざとい必殺「彼を残して置手紙戦法」。筆者も使ったことがあります(笑)。

今どきLINEでいいのに置手紙なんて……。と言わず実際やってみると意外と喜んでもらえたりするんですよ! “あえての置手紙”をするアナログ女子は人気!?

(3)家に招かれて特別な手料理と手作りチョコ

特別なバレンタインは、少し特別な彼女の手作り料理と、デザートとして出てくるチョコレートが嬉しいという声も。

ちょっぴり特別なメッセージをチョコペンで添えれば、素敵な夜になりそうですね!

 

4:バレンタイン「手作りチョコ」彼氏は嬉しいの?

(1)嬉しい派!

<「もちろん手作り! 単純に嬉しい!」(26歳/Kくん)

「彼女が今まであまりいたことがないのでやっぱり手作りチョコに憧れがある。“俺だけのため”に作ってほしい!と思います」(25歳/Jくん)>

手作りチョコ派の男子の意見を聞くと、どことなく草食系男子っぽい発言も!? 単純に「自分のためにつくってくれた」という行為が男子を喜ばせるようですね!

特に高校生カップルなどは”手作り”が主流。まだまだキュンとする少女マンガみたいな恋に憧れる男子には断然手作りチョコ。

恋愛経験が少なめな彼氏だと、人一倍「女の子らしいチョコ」は嬉しいもの。可愛いデコチョコだって喜ばれるかも!?

(2)嬉しくない派!

<「正直、普段食べられない高級チョコが食べたいです(笑)」(36歳/Tくん)

「同棲しているので今更手作りに別に特別思い入れがない。特別なバレンタインは普段食べられない高級チョコのほうがいい」(27歳/Oくん)>

付き合いが長くなって、特別彼女の手作りに思い入れがなくなったというカップルには、やっぱり普段食べられない高級チョコのほうが魅力的に感じるようです。

また、恋愛を重ねてきた大人の男性は今までさんざん手作りチョコをもらってきたはず。そんな男性にはちょっぴりセンスのいい高級チョコをさりげなく渡すほうがいいのかも。

(3)番外編 ごめん!本音は「相手による」

<「ごめん、ぶっちゃけ相手による(笑)。

めっちゃ好きな彼女で、かつ料理が得意な子だとわかっている子からの手作りは嬉しいんだけど……苦手なのに頑張って作った、とか、正直遊びだと思っていた子からの手作りは勘弁。ごめんなさい(笑)」(35歳/Kくん)>

クズ男代表のKくんの意見。ひどいッ!

だけれどこれって世の男性の本音かも。筆者は高校1年生の時、普段一切しない生チョコ作りにチャレンジし、何度も何度も失敗。

何度も何度も調理器具を強力洗剤で洗い、やっとの思いでできた生チョコを彼氏に渡すも「なんだか洗剤の味がする」と言われ、ショックを受けたことが。

彼氏がクラスでそれをネタにしたが最後、「毒入りチョコを渡した女」と学内で話題になって恥ずかしい思いをしました。

バレンタインデーだからといって、張り切って普段しないお菓子作りにチャレンジするくらいなら、普段食べない高級チョコをあげたほうがいいかもしれませんね。

 

5:「チョコ以外のプレゼント」彼氏はどう思う!?

(1)単純に嬉しい!

彼女が選んでくれた特別なプレゼント!

やっぱり自分のために選んでくれたプレゼントを見て単純に嬉しいという感情が生まれるようですよ。

(2)高価なものはお返しに困る

誕生日でもないのに……高価なものをあげすぎちゃうと、ホワイトデーのお返しに困ってしまうという意見も。

あくまでバレンタインデーはチョコレートがメイン。プレゼントがメインになっちゃうような高価なものは避けたほうが無難かも。

(3)バレンタインデーは重要視しない

ぶっちゃけバレンタインデーは重視しないという声も。

「バレンタインデーだからデートしなきゃ!」というよりは「あ、これ、チョコ」なんて会話の中でさりげなくチョコレートをもらえばそれで満足だという彼氏もいるようです。

もちろん、長年の付き合いになるとそうなっちゃうのかもしれないですね。

 

6:まとめ

どうでしたか?

たくさんのカップルのイベントがある中で、「彼女から彼氏へ」思いっきり愛を伝えられるイベントってよくよく考えたらバレンタインデーしかないんですッ!

あなたは彼に手作りチョコを渡しますか? それとも普段食べることのない高級チョコを渡しますか?

上記を参考にあなただけの素敵なバレンタインデーを演出してくださいね!