束縛彼氏の特徴と心理・診断法!ひどい束縛どこまで許せる?

自分の恋人を「他の人に取られたくない!」と思うのは、当たり前のことです。しかし、その気持ちが強くなり過ぎると相手を束縛することになり、2人の関係はこじれてしまいます……。今回は、彼女のことが好き過ぎるあまり、束縛男になってしまう男性について見ていきましょう。
  • Evernoteに保存

1:束縛って?束縛彼氏が出てくる漫画や小説は?

(1)束縛ってどこから? 束縛って英語でなんていう?

「相手の行動スケジュールをすべて把握しようとし始めたら、束縛の始まりだと思います」(女性、26歳)

「私の行動に文句を言い始めたらそこで束縛です」(女性、25歳)

「どこからが束縛か」という問題に対しては、個人によってその“スタートライン”は様々でしたが、「行動に口出しをしてくる」という時点で束縛されていると感じ始める女性が多いようです。

ちなみに英語では“束縛”のことを「My boyfriend tries to tie me down」などと言い「縛り付ける」という意味で「tie」という単語を使うことが多いのだとか。

また、「自分の支配下に置く」という意味で「control」を使うこともあるそうです。男性が彼女の行動に自分の意志を差し挟んでくるあたりが、境目になってくるのかもしれませんね。

(2)束縛彼氏が出てくる漫画や小説は…

「束縛」という行為は非常に広い意味を持っていて、数々の小説や漫画で扱われているテーマです。

島尾敏雄の小説『死の棘』のように、浮気をした夫の行動を病的なまでに非難・束縛する妻の姿を描いた“破滅的な”作品もあれば、江國香織と辻仁成共著のエッセイ『恋するために生まれた』のように、「束縛されることもまた恋愛の1部である」という“ゆるい”解釈をしている作家もいます。

少女漫画でありがちなセリフ「お前はオレのモノなんだよ」も、広い意味で考えれば「お前の所有権は自分にある」と言っているのと同じ。これもまた束縛の一種だと考えられますよね。

つまり“束縛と恋愛”は、切っても切れない関係性にあると言えるんです。

(3)色々ある!? 束縛の種類とは…

「彼氏の束縛」と言ってもその種類は様々です。物理的に彼女の行動を束縛してくるタイプもいれば、「やめてほしいなぁ」と言葉で遠回しに行動を制限する男性もいます。

また、LINEなどを使い「今、何してるの?」「今日の予定は?」などと女性のスケジュールを把握しようとしてくるタイプの束縛もあります。

どこからを束縛だと感じるかは人それぞれですが、「やめてほしいな」と思ったら、その段階でしっかりと「NO」を突きつけましょう。ほったらかしにしておくと、彼からの束縛がますますひどくなるかもしれません。

 

2:どこまで許せる?束縛彼氏の特徴と実態例

(1)SNSの中身をすべて把握したがる

現代人のつながりは、リアルな人間関係だけでなく、インターネット上にも広がっています。束縛彼氏の中には、そんなSNS上でのつながりまで把握したがる人も少なくありません。

フォロワーの情報を聞いてきたり、「いいね」を付けてくる相手の情報を知りたがったり、女性が「そこまでする?」と言いたくなるような行動をとる男もいるんです。

(2)1日中LINEしてくる

自分の彼女がどこで何をしているのか、それが知りたくて1日中LINEで連絡を取ろうと試みる束縛彼氏もいるんです。朝の「おはよう」から始まり、夜の「おやすみ」まで、ずっとLINEしっぱなしはつらいですよね。

スマホをチェックし続けるのは疲れますし、何より彼が自分の行動を監視しているようで不気味です。

(3)飲み会の店まで知りたがる

「今日は飲み会なんだ」と連絡をいれたところ、「どこで? 誰と?」など、飲み会のメンバーや場所まで知りたがる……そんな束縛彼氏もいるんです。

男性にとっては「飲み会の後、変なことにならないかな」と心配なのでしょうが、それはつまり彼女のことを疑っているということ。毎回お店の情報まで伝えるのは面倒ですし、彼には自分の彼女のことを信じてほしいものです。

(4)既読を付けないだけで鬼電!

LINEをチェックしたことを表す“既読”表示。送ったLINEにいつまで経っても既読がつかないと、彼女の携帯電話に電話をかけまくる……そんな行動に出る束縛男もいるようです。

何か他のことをしていて、LINEに気づかないことってありますよね。それだけで“鬼電”してくる彼氏なんて怖すぎです!

★束縛彼氏を解説
彼氏の束縛はどこまで許せる?「束縛彼氏の特徴や心理」と診断法

 

3:束縛彼氏は本気の証拠!? 束縛のひどい男の心理

(1)彼女を信用していない

あなたが浮気性だったり、過去に自由奔放な恋愛を繰り返していたりする場合、男性があなたのことを信用できず、束縛に走る……ということが考えられます。

あなたのことが好きで手放したくないから、束縛というかたちで彼女を繋ぎ止めようとする。そんな心理が働いているのでしょう。

(2)自分に自信がない

男性が自分自身に自信を持っていない場合、束縛に走ることがあります。「自分はモテない。だから今の彼女を失ったらおしまいだ!」などと思っている男性は、彼女を他の男に取られないよう束縛を開始するのです。

そんな男性には「あなたが好きだよ」「大丈夫だよ」などと、優しい言葉をかけて、彼が少しずつ自信を持てるように促していくのがいいでしょう。

(3)自分にやましいことがある

飲み会に行く度に口うるさく束縛行為をしてくるような男性は、もしかすると過去に自分がそういう場面で浮気をしたことがあるから、彼女に厳しくしている……という可能性があります。

勝手な理論ですが“身に覚えがある”からこそ、厳しすぎる対応、束縛という手段に打って出るのかもしれません。

★彼女を束縛する理由
知りたくなかった…「恋人を束縛しちゃう男女の悲しい心理」3つ

 

4:あなたの彼は大丈夫?束縛男診断5つ

(1)男友達の名前を出すと不機嫌になる

何気ない会話の中で「この前、友達の〇〇くんがね…」と話をしたところ、急に不機嫌そうな顔になる……。そんな表情を見せる彼は“束縛彼氏予備軍”だと言えるでしょう。

不機嫌そうな顔をするだけならば、まだセーフですが、その嫉妬心がいずれ束縛というかたちで現れる可能性は十分あります。

(2)LINEしている相手を気にする

デート中にLINEをいじっていて「誰?」と相手を気にしてくる男性も“束縛彼氏予備軍”でしょう。

彼が「誰?」と聞いてくる言葉の裏には、「もしかして浮気してる?」という疑いの心が隠れています。疑り深い彼は、いずれ束縛彼氏に変化する可能性があるんです。

(3)居場所の証拠写真を送らせる

「本当にそこにいる? 証拠写真送って」と、彼女に証拠写真を送らせるような男性は立派な“束縛彼氏”です。

証拠写真を撮らせるということは、彼女の言葉を信用していないということですよね。“写真を撮らせる”という行動を彼女に強要している点で、束縛していることは間違いありません。

(4)飲み会の最中に電話してくる

飲み会の最中に電話をかけてきて「本当に友達と飲んでるの?」なんて聞いてくる彼氏は“重度の束縛彼氏”です。

彼女の言葉を信用していないだけでなく、彼女の飲み会を邪魔してまで、居場所を確認しているわけですから、かなりタチが悪いと言えるでしょう。

(5)同じお店に来たことがある

友達と飲み会をしていたら、同じ店に彼がきた! そんなホラー映画のような行動を取る男性は、束縛彼氏を通り過ぎて“ストーカー予備軍”です。

彼女の姿を自分の目で確認しなければ納得がないかないという精神は、ちょっと危ないラインに迫っています。別れ話をするときは、注意してくださいね。

 

5:彼氏に束縛されたい…試してみると良い方法5つ

ここまでは束縛彼氏の特徴についてみてきましたが、女性の中には「ちょっとくらいなら、彼に束縛されたい!」と考える人もいることでしょう。

そんなちょっとマニアックな女性のために、最後に“彼に束縛してもらえる方法”について見ていきます。

(1)男友達の話を切り出す

彼に向かって男友達の話をしてみましょう。特に「〇〇くんって、超タイプなんだけど」などと彼を嫉妬させるような話をすれば、男性は不安になり、あなたのことを束縛するようになるでしょう。

しかし、デートの最中に他の男の話ばかりすると彼を怒らせてしまい、嫉妬を通り越し、別れ話まで発展する可能性があるので注意が必要です。

(2)連絡が取れない夜を作る

毎日仲良くLINEをしているカップルならば、たまに“連絡取れない夜”を作ると、男性が不安になり、あなたを束縛し始めることでしょう。彼からの「もう家に着いた?」というLINEを無視して、既読をつけるのは翌朝まで待つのです。

いつまで経っても既読にならないLINEを見て、男性は「もしかして浮気!?」と危機感を覚えるので、あなたのことを束縛するようになることが予想されます。

(3)過去の恋愛話を伝える

過去の恋愛話を彼に暴露し、嫉妬心を煽る作戦も効果的です。特にワンナイト・ラブや身体だけの関係など、あなたが“軽い女”に見えるような話が有効でしょう。

「もしかすると他の男になびくかも!」と彼に思わせることで、それ以降、男性は飲み会がある度に「今日は誰とどこで飲むの?」などとあなたの行動を気にかけるようになります。

(4)冗談めかして「浮気してる♡」と言う

彼から「今、何してるの?」とLINEが来た際、冗談めかして「浮気してる」と答えるのも、彼の嫉妬心を煽る際には効果的です。彼は「何それ(笑) 本当は何してるの?」と答えるでしょうが、心の中では「もしかして本当に?」と不安になるんです。

冗談だとしても、彼女から“浮気”という言葉が出てきたことによって、男性は危機感を覚えます。それ以降は、彼も束縛態勢に入るかもしれませんよ。

(5)素直に「もっと束縛して」とお願い

どうしても彼から束縛してほしいという場合は、素直に「束縛してほしいな」とお願いするのも悪い手ではありません。

束縛するという行動は、裏を返せばそれだけ相手のことを愛しているという証明でもあります。彼氏に愛を求めることは、何もおかしいことではありませんよね。

素直にお願いすれば、彼も「わかったよ。今度からは毎日のスケジュールを報告してね」などと言ってくれるかもしれません。

 

6:まとめ

悪いことも多い束縛彼氏ですが、束縛したくなるくらいあなたが愛されているという証拠でもあります。「束縛されたから別れる!」となるのではなく、まずは束縛を解いてくれるように彼と話し合いましょう。