【男女別】「モテる職業ランキング」女性1位、男性1位に輝いたのは?

みなさんは「モテる職業」と聞くと、どんな仕事が思い浮かびますか? 今回、『Dangdep!』では男女別で、モテる職業を大調査。さて、それぞれの1位に輝いたのは、いったいどんな仕事だったのでしょうか!?

1:モテる職業といえば?

モテる職業といったら、どんな仕事が思い浮かびますか?

「あ! あの職業じゃない?」と思い浮かぶ仕事には、男性と女性でも差がありますよね~。「モテる仕事」は、合コンなどで話題になることも多いです。

 

2:【男性】モテる職業ランキングTOP5

そこで『Dangdep!』では、まずは20~30代の279名の女性たちに「あなたが付き合ってみたい・自分の彼氏にしたいと思う男性の職業は何ですか?(複数回答可)」と、11個の職業を挙げて質問。

その結果、TOP5に選ばれたのは以下でした!

5位 営業職・・・11.8%

5位には「営業職」がランクイン。その理由を見てみると「自由がききそうだから」「エスコートがスムーズ。言い回しも上手くて、女の子を喜ばせるのも上手そう」「いろんなことに寛大そうだから」「いろんな人と出会ってそうだから、話題が尽きなさそう」などが出ました。

営業男子は、いろんな人とコミュニケーションをとるのが上手そうイメージが強く、そこがモテる理由でした。

4位 料理関係(ホールスタッフを除く)・・・16.1%

続いて、4位は「料理関係(ホールスタッフを除く)」が選ばれました!

理由には「料理を作ってほしい」「たまにでも美味しいものを作ってくれそう」「料理の腕を見習いたい」などが並び、調理能力を期待してのランクイン。

お料理できる男子ってモテますね~。

3位 経営者・・・26.2%

そして3位は「経営者」。その理由には「成功してるイメージ」「お金持ちそうだから」「自分で道を切り開いているところが尊敬できるから」などが並びました。

経営者だからってお金があるとは限らないものの、やっぱりイメージってありますよね~。

2位 医療従事者(医師、看護師を含む)・・・27.6%

そして、2位には「医療従事者(医師、看護師を含む)」が選ばれました。

「素敵」「カッコいい」などイメージ的な理由を挙げた女子も目立つほか「病気のことを相談できるから」「給料がいいから」など現実的な理由を挙げている人も。モテる理由って、いろいろですね!

1位 公務員・・・39.8%

トップには「公務員」が選ばる結果に。やはり、公務員強し!

選んだ理由は「安定していそう」など“安定”にまつわるものがかなり多く、そのほかにも「休日もしっかりあるから」「リストラがないから」などの声が並びました。

 

3:【女性】モテる職業ランキングTOP5

続いては、同様に女性のモテ職業を見ていきます。『Dangdep!』では187名の男性に大調査を実施しました!

5位 経営者・・・16.6%

まず5位に「経営者」がランクイン。その理由を見てみると「お金を持ってるから」「稼ぎがある」などの身もふたもない選出理由がズラリ……。

男子も女子にお金を求める時代なんですね~。

4位 秘書・・・19.3%

続いて4位には「秘書」。理由に挙げられたのは「知的な感じがする」「気が利きそう」など職種のイメージに関わるもののほか「エロそう」「言葉の響きがエロい」など、いかにも男子っぽい声も目立ちました。

3位 公務員・・・19.8%

そして3位は「公務員」。「安定しているし子供も生みやすい」「収入が安定していて、休みも決まっている」など、結婚を見越した声も寄せられていました。

2位 受付・・・20.3%

2位には「受付」がランクイン。理由としては「なんだか清楚な感じがする」「明るそうだから」「かわいいから」など、イメージによる理由が多く挙げられているのが特徴的でした。

1位 医療従事者(医師、看護師を含む)・・・20.9%

そして、トップには「医療従事者(医師、看護師を含む)」が選ばれていました!

選んだ男子たちの声としては「病気になったとき、的確に行動してくれると思ったから」「厳しさと優しさが相まっている職業なので、女性としての魅力が最大限発揮されているんじゃないかなと思うから」「男の夢だから」「イメージが良い職業なので」など幅広い意見が集まりました。

 

ちなみに、今回のアンケートで選択肢にあった12個の職業のうち最下位だったのは「営業職」と「SE」でともに7.0%の得票率となっていました。男性たちからすると、この職に就いている女子になにか特別なイメージでもあるのでしょうか!?

 

4:モテる職業はモテに有利!?

言うまでもなく「職業に貴賎はない」のですが、モテる職業というのは確実にあるみたいです。

「好きになった人の仕事なら、なんでもいいと思う!」と思っている人も決して少なくないはず。ですが、いざ「どんな仕事の人がいい?」と聞かれれば「理想はこの仕事の人!」という願望を抱いている人が多いのかも!