彼氏の親に挨拶!挨拶は?服装は?画像付きでマナーを解説ッ

彼氏の親にご挨拶ッ! が決まったシーンでは「挨拶ではなんて言う?」「洋服はなに着ていく?」などが気になる女子が多いはず。そこで、画像付きでマナーを解説ッ!

1:彼氏の親に挨拶することに…ッ!

彼氏の親にご挨拶することが決まると、ドキドキとワクワクが一緒にくるような心境になる女子も多いのではないでしょうか!?

失敗したくない場面だけに、準備は万端にしておきたいですよね〜。

 彼氏の両親に紹介されることになりました

「俺の親に会ってくんない?」などと彼から言われれば、その先の結婚をイメージしてしまうもの。どちらせよ、親に会わせてくれるということは、彼も真剣に交際してくれていることがヒシヒシと伝わってきます。

なんとしても彼ママと彼パパからは印象良く思われたい!と張り切りたくなる女子はかなり多いことと思います。

 

2:彼氏の親に挨拶するときの服装ポイント5つ

まずは、彼氏の親にご挨拶をするときの服装について。ポイントを5つご紹介していきましょう。

(1)スカート丈は膝下を目安にする

女性らしい装いをするならパンツスタイルよりスカートが鉄板。しかしミニスカートを履いていくと、下品な印象にも受け取られかねないので、丈は膝丈が無難です。

ちょうど、膝が見えるか見えないかくらいのフレアースカートをセレクトすると、彼ママウケを狙える清楚な印象に。

(2)トップスはブラウスが鉄板

トップスはブラウスが鉄板です。この時期ならニットもかわいいけれど、胸元の開き具合などが気になるママもいるので、ブラウスを選んでおけば間違いなし。

シャツより女性らしく柔らかいテイストに仕上がります。

(3)清潔感のあるアイテムを選ぶ

いくら清楚系のアイテムでも、シワや汚れなどがついると「不潔な子」だと思われかねません。

彼宅訪問では、きちんとアイロンがけされたシワやシミのないアイテムを選ぶのが、鉄則。スカートのシワも、忘れずにしっかりとっていきましょう。

また、どんなに清潔にしていても“デニム”は、カジュアルすぎる印象を与えるので、最初のご挨拶では避けたほうがいいです。

(4)清楚な色みを選ぶ

どんなに「清楚系」と言われているアイテムでも、色選びを間違えるとケバケバしい印象になってしまうことがあります。なので、清楚な色みを選ぶようにしましょう。

女の子らしさを出すなら、白か淡いパステルカラーをメインカラーに。組み合わせに迷ったときにはグレーやネイビーなどのベーシックな色みから選ぶと合わせやすいですよ。

(5)素足ではなく必ずストッキングを履く

素足で行くと常識のない子だと思われることもあるので、季節を問わずにストッキング着用はマスト。

冬の場合にはタイツもありですが、ストッキングに比べるとややカジュアルな印象になるので、真冬でもストッキングのほうが丁寧な印象を与えやすい装いに!

 

3:彼氏の親に挨拶するときの言葉「挨拶文例」3つ

初めてのご挨拶って、緊張しますよね。セリフを覚えていくよりも、心のこもったご挨拶をするのがベスト。

ですが「そんなのムリ! 緊張したら何も考えられない!」という女子におすすめする挨拶文例を3選お届けします。

(1)まずは自己紹介から

何処の馬の骨(!?)かわからない子と息子がお付き合いしていれば、不安を抱く親も多いもの。そこでまずは、挨拶内で自己紹介をするのも大事です。

「私は、●●県●●市で生まれ育ちました。小中高と習い事は●●をしていまして、大学では●●に励んできました。卒業後に●●に就職しまして、今は主に●●の業務に携わっています」

上の文章は面接の様にいささか格式ばった言い方になってしまっていますが(以下、2・3も同様)、要はこれらのポイントをおさえて、サラリと自分のことを簡単に紹介できるとベター。目的は、親の警戒心を解くことです。

(2)次に彼のいいところを列挙

話が進んでいくと、「うちの息子のどこが好きなの?」なんて、“お付き合い”の話題になる可能性が極めて高いもの。ここでもソツなくこなすには、彼のいいところを列挙するよう努めてみて。ちなみに、彼の名前は「くん」ではなく、「さん」付けで呼んだほうが無難です。

「●●さんは、とても聡明で知性がある方で、私はいつも頼りっきりなんです。すごく紳士的で頼り甲斐があるかたで、そんな●●さんと出会えて、私はとても幸せだと思っています。

●●さんとお付き合いしてから、毎日がとても楽しいです!」

(3)親のこともちょこっと褒める

ご挨拶の最中には、彼のことだけでなく親のこともちょこっと褒めておくと会話が弾みます。緊張している場合には、その旨を素直に伝えてしまったほうが好感触になるケースも多いです。

「とても素敵なご両親で……。こんなに素敵なご両親とお目にかかって、実は私、今ちょっと緊張しています。

●●さん(彼)は、こんな素敵なご両親に育てられたから、こんなに素敵な男性なんだな~って思いました!

先ほどから思っていたんですが、お家のインテリアもとても素敵です」

 

4:彼氏の親に挨拶に行くときの手土産3選

さて、彼の家に遊びに行くときに、手ぶらで行くわけにはいきません!

ご挨拶のシーンこそ、女子の腕の見せどころ。センスのいい手土産を選んで、彼ママに喜んでもらいたい! そこで、彼氏の親に挨拶に行くときの手土産を3選ご紹介します。

(1) おまんじゅう・おせんべいなどのお菓子の詰め合わせ

お菓子の詰め合わせは、手土産の鉄板。

ご挨拶の手土産にするなら、トレンドを意識したものよりもベーシックな菓子折りが無難です。彼の実家の好みがわからないときには、“おせんべい”や“おまんじゅう”など、なるべく定番なものを選ぶと安心です。

老舗なお店で購入すると、上品な印象になります。

(2)手作りスイーツ

腕に自信がある女子ならば、市販のものではなく手作りのなにかを持って行くのもあり。

クッキーやケーキなど、定番の手作りスイーツを持参して「お料理できるんです♡」を密かにアピールしても問題ないシーンです。

ただし、あまりにゴージャスなものを持って行ってしまうと彼ママが恐縮してしまう可能性があるので、なるべく控えめに!

(3) フルーツ

「ウチのお袋、お菓子食べないんだよね」と彼から事前の情報が入っている場合には、フルーツの手土産が無難です。旬のフルーツをフルーツ専門店で見繕って“お持たせ用”にラッピングしてもらうと、上品な手土産に。

フルーツはスーパーマーケットでも買えるけれど、ご挨拶に行くときにはちゃんとしたラッピングもマストです。

 

5:彼氏の両親と食事するときのマナー5つ

彼の両親にご挨拶をするシチュエーションでは、一緒に食事をすることもあるかもしれません。

そこで、彼氏の両親と食事をするときのマナーを5つご紹介していきます。

(1)外食で「なに食べたい?」と聞かれても本音を言い過ぎない

彼の両親が彼女に気を使って「なに食べたい?」と 聞いてくれたときは本音を言いすぎないようにしましょう。「熟成肉!」「お寿司!」「ステーキ!」などと言えば、節操のない子だと思われやすいので気をつけなくてはなりません。

アレルギーなどで食べられないものがある場合には“食べられないもの”を素直に伝えたほうがいいですが、“食べたいもの”を素直に伝えすぎるのは危険!

(2)彼ママの手料理なら、とりあえず褒める

彼ママの手料理を振る舞ってもらうシーンでは、「とりあえず褒める」のがマナーです。黙って黙々と食べ続けてしまえば、彼ママとしては「お口に合ったかしら……」「美味しくないのかしら?」などといろいろなモヤモヤが生まれがち。

彼女のことを思って腕によりをかけてくれた彼ママの厚意をありがたく受け止め、少し大げさなくらい「美味しいです!」を伝えるのがマナーでもあります。

(3)お会計は場面に任せる

外食の場合、食事を終えたあとのお会計で「全部ご馳走になってしまっていいのかなぁ!?」が、不安になる女子もいますよね。

この場合は、場面に任せて彼女のほうからお会計についてしゃしゃり出ないようにするのがマナーです。

大抵の彼ママ&パパは、こういう場合にはご馳走してくれるので、彼女が変に気を回して「払います!」「ここは私が!」などと口にしてしまうと、かえって場が気まずくなるので気をつけて。

(4)お礼は忘れずに

外食でも手料理でも、食事をいただいたあとのお礼は忘れずに!

その場で「ごちそうさまでした」「美味しかったです」などと伝えるのは当然のことながら、メールやLINEを交換したなら、翌日に再度「ごちそうさまでした」などと伝えるのも好印象に繋がります。

また、連絡先がわからなくとも、彼に対して「昨日はごちそうさまでしたってご両親に伝えてね」と、翌日以降にひと言伝えるだけでも印象がアップします。

 

6:彼の両親とは仲良くしたい!

彼の両親にご挨拶することになったなら、なんとしても好印象をゲットして、その後も仲良くお付き合いしていきたいもの。

女子としてはかなり緊張するシチュエーションではありますが、彼の両親にしてみれば、彼女は「息子が選んだ人」。あまり気負いすぎなくても大丈夫です。

けれど、彼の両親と末長~く仲良くできるよう、最低限のマナーは守って楽しい時間を過ごしていきましょう。