一目惚れした相手に告白!一目惚れの告白を成功させる気持ちの伝え方3選

みなさんは、一目惚れをしたことがありますか? 今回は、一目惚れをした相手への告白は、どうしたら成功しやすいのかについて考察! 彼に気持ちをダイレクトに伝えることに焦点をあてて、お話ししていきます。

1: 一目惚れ告白って気持ち悪い?

会話したことはないけど、毎朝同じ電車に乗ってるだけだけど……好き……。そんな相手への一目惚れ告白。たとえ勇気を出して告白したとしても、相手の男性は「キモッ!」と思うだけでは?と、不安になる人も多いことでしょう。

(1)一目惚れ告白の方法は?直接?それともLINE?手紙?

一目惚れ告白をする方法には、直接会って伝えるかLINEか、はたまた手紙か……どれが多いでしょうか? ただ見て好きになっただけなので、会話もロクにしていないという人は、相手の連絡先を知らないということも考えられます。

連絡先を知らないのであれば、古風に手紙を手渡すか、直接「好き」だと伝えるしか方法はありません。

(2)一目惚れ告白の成功率を高める方法ってある?

連絡先を知らないからといって、いきなり前触れもなく「好きです」と告白したら、驚かれることは必須。

告白の前から、彼の視野の中に自然と入っておくことで、「なんとなく知っている人感」を抱かせるのがポイント。

彼と会った場所を抑え、彼と何度もすれ違い、目を合わせ、相手に「見たことのある人」だと認識されてから行動に移すほうが、告白が響くことでしょう♡

 

2:一目惚れしました!成功者に聞く一目惚れ告白法3つ

一目惚れについて、『Dangdep!』が独自で男性501名を対象におこなったアンケート調査の結果によると、驚きの結果が!

一目惚れ経験者に「一目惚れの恋が実ったことありますか?」と聞いたところ、「あり」は(27%)、「なし」は212名(73%)という回答が得られたのです。

つまり、男性の一目惚れの恋が実る確率はおよそ3割! だったら女性からの一目惚れだって、同程度は実る可能性があると考えていいハズッ♡

では実際に、一目惚れ告白に成功した女性が実践した告白法について、聞いていきましょう!

(1)電車で彼の側を狙い、会話できる仲になって告白ッ♡

「気になる彼とは電車で会った」という女性。いつも乗るのは自分が先のため、毎朝彼が乗ってくる号車をキープ。いつも側にいるように心がけ、自然と会話ができるように。

<「彼とは電車で一緒になれるので、降りる駅も乗る駅も違うけど、毎朝側にいれるようにポジションとってました!

自然と毎朝顔を合わせるようになって、目線が合うようになり、会釈をするようになり、最終的には会話できるように♡

そのあと、LINEのIDを交換して、わたしから告白しました」(20代女性・区役所勤務)>

地道な努力によって、段々とふたりの距離が縮まって、ということがわかりますね。一目惚れはムリ……なんて諦めず、彼の視野に積極的に入ってみるのはいかがでしょうか?

(2)コンビニでよく会う男性…逆ナンで見事、恋が実った♡

「気になる彼と、近所のコンビニでよく会っていた」という女性。

「スラッとした体型に、ハッキリとした目鼻立ちが印象的で、声をかけずにはいられなかった」という女性は、勇気を出して声を直接かけたんだとか!

<「あまりにカッコよくて、ビックリしました。

何度も会うし、相手の服装がスウェットとかラフな部屋着だったから近所なのかな?と思って、声をかけずにはいられなくて……。

『すみません、前から気になってて』と言ったら、『よく会いますよね』って!

声かけてよかったーと。コンビニ前でちょっと話して、連絡先交換して、後日デートに誘って、食事に行ったときに告白をしました」(20代女性・秘書)>

「引かれないかどうか、気にはなったけど……勇気を出して声をかけてよかった♡」という女性。このイケメン彼氏に、彼女から声をかけられたときのことを聞くことができました!

女性からの声かけって、実際どう思う?

コンビニで良く会う女性に声をかけられたというこの男性。現在、ふたりは交際をしており、もうすぐ1年になるといいます。実際に声をかけられたときは、どんな気持ちだったか、うかがってみました。

<「自分も、かわいい子がよく来てるなー、よく見るなーとか思ってたので、近くに住んでるのかな?とか気にしてました。

だから、声をかけられたときは内心ラッキーというか、嬉しかったですよ」(20代男性・IT関連)>

なんと、男性のほうも、彼女のことを普段よく見る人だなぁ……と気になっていたというのです。やはり、多い頻度で顔を合わせるって大事ですね♡

(3)アイコンタクトと笑顔で彼との距離を縮め告白ッ♡

声をかけることなんてできないよ……。そんな女性にオススメなのが、まずは彼の目を見つめること。視線が合いそうになったら外して大丈夫。アイコンタクトから始まる恋もあるという体験談がコチラ♡

<「よく店に来るお客さんがいて。お店では、そのお客さんのために、いつもその人が買う商品を渡せるようになっていました。

その人は、さわやかで、オシャレ。気になって、つい見つめるようになってしまいました。でも、恥ずかしいので、目があうと、そらしてしまったり。

そういう関係がしばらく続いて、目が合うと笑いあえるようになったころ、お店の名刺に私の電話番号を書いて、商品と一緒に渡しました。

するとその晩、連絡がきたんです! そこから連絡をとるようになり、最近告白。交際しています」(30代女性・紅茶店勤務)>

お店によく来るお客さんが超イケメンなんて、夢のよう♡ お客さんだからこそ、慣れ慣れしく話しかけるのも失礼ですし、距離感が難しいところですよね。

アイコンタクトから始めて、タイミングを見計らって、上司などにバレないように名刺に自分の電話番号を書いてサッと渡すという、上級テクを教えてくれました。

 

3:一目惚れも立派な出会い♡諦めずアタックをしてみよう!

一目惚れを「どうせムリ……」と諦めてしまうのはもったいなさ過ぎます!

漫画のような一目惚れをし、素敵な恋愛を実らせている女性だっているのです。あなたも気になる男性に一目惚れをしたら、諦めず、時間をかけてアタックしてみてはいかがでしょうか♡

(参考)これって運命の出会い?「一目惚れの恋」の成功率は●割と判明