彼氏愛してる!ラブラブ彼氏彼女の「大好きっ愛してるっ」14選

彼氏に愛してるって言えていますか? 大人になればなるほど、「愛してる」って言葉を言う機会も減ってしまいますが、男性には、かなりわかりやすく愛情表現をしないと伝わらないこともあるようです。カップルでも「愛してる」って言うことは重要なようですよ。

1:「彼氏愛してる!」と素直に言える恋してますか?

(1)ラブラブ彼女の「愛してる」表現をマネしてみよう

ラブラブで幸せな気持ちを、周りの人にも彼氏にも恥ずかし気もなく言える女性っていますよね。普段彼氏に「愛してる」なんて恥ずかしくて言えない女性にとっては、そういう素直な女性は羨ましく、輝いて見えるのではないでしょうか?

もしあなたが彼氏に「愛してる」と言いたいのに言えないのなら、まずはそんな素直なラブラブ彼女の表現方法をマネしてみるところから始めてはいかがでしょうか?

自分なりの方法を確立するのは大変ですが、マネならばすぐにでも実践できます。マネしてみたら、意外とすんなり言えたなんてことにもなるかもしれませんよ。

(2)わかりやすい「愛してる」サインじゃないと彼氏には届かないっ

もし「愛してる」なんて言葉で言わなくても、相手にはしっかり気持ちを届けられているハズ……と思っているなら、それは大間違い!

男の人って単純って言いますが、本当にその通り。言葉がないことで、あなたに「愛されてないかも」とすぐに不安になるのです。

もちろん毎日「愛してる」と言う必要はありませんが、ある程度はわかりやすいサインで「愛してる」を伝えないと、彼氏には届いていないかもしれないのです。

 

2:彼氏愛してる!ラブラブ彼女の「彼氏愛してる行動」5選

彼氏を愛してることを全身で表現して、周りにも本人にもアピールしまくる女性のことを仮に「ラブラブ彼女」と呼ぶことにしましょう。そのラブラブ彼女の“彼氏愛してる行動”を紹介します。

(1)毎日メール

付き合っている男女なら、毎日LINEやメールなどをするのは当たり前と考える人もいるでしょう。ですが、このLINEやメールの数がケタ違いに違うのが、ラブラブ彼女の行動。

まず、朝起きたら一番にスマホをチェック。そこから「おはよう!」からのテンションの高いLINEメッセージを送ります。

その後も逐一彼氏と共有したいことを共有しまくり、仕事中でもちょっとの隙間時間を見つけては彼氏にラブラブなLINEを送り続けます。もちろん、女子同士で会話をしている昼休憩なども。

外でランチをしたときには、ランチの写真を撮って彼に送ってから「いただきます」をします。

こんなLINEやメールを1日中続けて、日の締めくくりは彼への「おやすみなさい」で終わります。

(2)いつでも「彼氏喜びそう!」

ラブラブ彼女の頭の中はいつでも彼氏のことでいっぱい。彼氏と一緒にいるときもいないときも、彼氏が喜びそうなことやモノを見つけたらすかさずチェック!

一緒にいるなら「ねーねー、あれ、○○君好きそうじゃない?」とか「あれ○○君に似合いそう!」などとオススメします。

そして、彼氏が一緒にいないときにそういうモノを見つけたら、忘れないようにメモしたりスマホで写真を撮ったり。次に彼に会ったときに彼に伝えるのです。

こうやって、いつでも彼氏の喜びそうなことにアンテナを張っているのかラブラブ彼女の通常行動なのです。

(3)「私のこと知って!」

ラブラブ彼女は彼氏の愛なしには生きていられません。彼のことを知りたいと思うのと同じくらい、彼氏に自分のことを知って欲しいという欲求も強いもの。

だからこそ、日々何をしていたのかを伝え続けるので、連絡が超マメ。そして、彼に自分のことをアピールし続けているのです。

自分のことを知って欲しいという欲求が強く、逆に相手のことを知りたいという欲求も強いため、相互に依存したような関係になりやすいのも特徴です。

(4)相手好みの女の子に!

相手に「愛してほしい」という気持ちが強いラブラブ彼女は、相手に愛されるためには自分を変えることも厭いません。少しでも相手好みになれるように日々努力するのが偉いところ。

ラブラブ彼女が彼氏に元カノの話を聞くことは稀ですが、もし聞く場合は、元カノから彼の好みを盗み取るためです。また元カノと別れた理由を聞くことで、自分が同じ失敗をしないようにも気をつけているのです。

相手の色に染まりまくっているように見えますが、それは相手が強制しているわけではなく、彼女自身がしたくてしていることなのです。

(5)次のデートを心待ちに……

大人になると、次のデートが決まっているからと言って、そんなに浮かれたりはしないもの。ですがラブラブ彼女の場合は別です。次のデートがあるから生きていられるということを前面に出して生活をします。

彼氏に対してもそうですし、友達に対してもそうです。次のデートでしたいことを、妄想を交えて実に楽しそうに彼氏に語って聞かせるのです。

普通ならば彼氏だって「そんな話やめろよー」と恥ずかしがるもの。ですが、あまりにも楽しそうにデートのことを話されるので、ラブラブ彼女にはたいていの彼氏がメロメロにされてしまうのです。

 

3:彼氏の「愛してる」は?男が愛してると言う時5選

逆に男性から「愛してる」と言ってもらえるときって? 男性たちに「愛してる」とつい口に出してしまう瞬間を聞いてみました。

(1)エッチの最中

「僕は、エッチの最中に彼女に対する愛が止まらなくなって、つい“愛してるよ”って何度も言っちゃいますね。たまに彼女からエッチが終わった後に、“愛してるって言って―”って言われるんですけど、それは恥ずかしくて言えないです。

エッチの最中の高揚感ってお酒に酔っているときとかに似ていて、特別ですよね」(Sさん/30歳)

(2)可愛すぎる彼女を見たとき

「彼女が可愛いなぁって改めて思ったときに“愛してる”って言っている気がしますね。この前は、彼女が雪の中で小さくなりながら僕のことを待っててくれたんです。その姿を遠目で見たときに、どうしても“愛してる”って言いたくなっちゃって。

だから、すぐに駆け寄って“待っててくれてありがとう。愛してるよ”って言っちゃいました。恥ずかしかったけど、彼女は喜んでくれてたみたいなんで、良しとします」(Tさん/30歳)

(3)記念日

「普段でも言えそうなときには、彼女に“愛してるよ”って口に出して言ってあげたいなぁとは思ってるんです。でもなかなか言えるタイミングがなかったり、度胸がなかったりして。

だから最低限彼女の誕生日とか、付き合いだして1年とかの記念日には愛情を言葉でも伝えるようにしています」(Hさん/28歳)

(4)彼女の愛を感じたとき

「愛情って一方通行じゃないじゃないですか? 無償の愛とか言うけど、人間そんなに簡単に人を愛せるものじゃなくて。僕は“相手から愛をもらってるなぁ”って感じたときに愛してるって気持ちが強くなりますね。

それでも口に出して言うのってかなり勇気がいるので、3回に1回くらいしか言ってあげられてないですけど。愛を相手から示してもらえたら愛してるとも言いやすいと思います」(Aさん/26歳)

(5)ずっと一緒にいたいと思ったとき

「うーん、いつ言うかってあんまり考えたことなかったですけど、ふとした瞬間に“この子とずっと一緒にいたいな”って思いますよね。そういうときに“愛してる”って口にしている気がしますね。

この前も彼女の家で彼女の手料理を食べ終わって、一緒にテレビを観てたんです。その状態がすごくリラックスできて、結婚とかも考えられるような感じになってて。

“こんな時間がずっと続いたらいいな”って考えてたら、自然と“愛してる”って言ってました。考えて言う言葉じゃない気がしますね」(Fさん/28歳)

 

4:彼氏からもらった素敵な「愛してるメール」4選

最後に彼氏からもらった素敵な「愛してるメール」を女性たちに聞いてみました。

(1)「今日は月がきれいだよ?」「お前もな」

「この前会社帰りに歩いてたら、空がすごく澄んでて、月がきれいに見えたんです。満月じゃなかったと思うけど、きれいに光ってて。それで彼氏に“今日は月がきれいだよ?”ってメールしてみたら、“お前もな”って。

ハッキリ愛してるってメールだったわけじゃないですけど、愛されてるなぁて感じてちょっと感動しちゃいました」(Kさん/28歳)

(2)「もうっ…嫌い!」「俺は好き!」

「LINEで夜とか会話してると、彼氏が結構おちょくるようなことを言ってくるんですよ。最近太ったとか言われて、気にしてたことだからムカついちゃって、“もうっ……嫌い!”って送ったら、“俺は好きだよ!”って返ってきて。

それまでのノリと全然違ったし、不意打ちで言われた感じで泣きそうになりました」(Uさん/26歳)

(3)「本当に我慢できなかったら行ってやるから」

「元彼なんですけど、遠距離恋愛をしてたんです。しばらくお互い忙しくて会えないときが続いてて、私が我慢できずに“寂しいよ”ってメールしたら、“ごめんな。でも本当に我慢できなかったら言えよ。すぐに行ってやるから”って言ってくれて。

車で夜中に走っても8時間くらいはかかるところなので、そう言ってもらえてすごく嬉しかったのを覚えています」(Oさん/29歳)

(4)「死ぬときまで一緒だぞ」

「今までで1番愛してるって気持ちを感じたメールは、昔付き合ってたちょっと俺様系の彼氏から、“死ぬときまで一緒だからな。絶対ついてこいよ”って言われたやつですね。

普通に考えると、馬鹿なこと言ってるなぁって思うし、すごくくさいセリフなんですけど、そのときは感激して“うん!”って返したのを覚えてますね。まぁとか言いつつ、別れちゃったんですけどね(笑)」(Aさん/25歳)

 

5:愛は表現しないと伝わらない!?

ラブラブ彼女の行動から、彼氏の“愛してる”の表現まで色々と紹介しました。案外付き合っていても「愛してる」という言葉は直接言わないと伝わらないのかもしれないと思いませんか?

わかってもらえていると安心していると、相手が勝手に不安になっているなんて状態にもなりかねません。素直に自分から「愛してる」と言った方がいいのかもしれないですね!