ヤダ…ムラムラしてる?男友達が「その気になっちゃう」セリフ3つ

「食欲がないときに食べる行為が、健康に害であるのと同様、欲望をもたぬときの学問は、記憶力を阻害する」と語ったのはレオナルド・ダ・ヴィンチ。“Ostinato Rigore”(厳密一致)が座右の銘であった、ダ・ヴィンチの言葉を『Dangdep!』が応用するなれば、“その気にならぬときの情事”は恋愛不感症さえ招きかねない悪行か?

そこで今回は、世間のみなさんの恋愛への欲望を満開にさせるべく、官能小説家の筆者が、“その気にさせるセリフ”を3つご紹介します。

 

1:もっと甘えたいの?

すべてのセリフに共通していえることですが、決して笑いにせず、恥ずかしがらず、かつ緊張せずに、女優のように“相手に伝えること”を意識して言ってください。

早口にならず、ゆっくりと言うと効果的です。

このセリフは、ふたりでしっぽりと飲んでいるときに使いやすいセリフ。仕事でがんばっている話や愚痴、彼が自分語りをはじめ、少し間があったら。

ひとつ息を吐いてから、「……もっと甘えたいの?」と目をみて聞いてみましょう。

ドキドキしない男性はいないはず。なぜドキドキするのかって? もちろん、それは恋に堕ちるからです。

 

2:ご褒美あげようか

これは、彼が仕事のチームメンバーや取引先などでも使えますね。

なにかしら活躍の場や、「僕がやりますっ!」なんてとき。もしくは、「えーっ、それ誰がやるんすかー? もしかして僕ぅ?」なんて拒絶気味なときでもつかえますね。

「ご褒美あげようか?」

オトナがオトナに使うこのセリフには、卑猥なひびきがあります。

 

3:こっちに来て

SとかMとか関係なく、男性というのは、身体の動きについて具体的に命令されるのが大好き。女性からの“おねだり”が好きだというのも、この本能に起因します。

「目をつぶって」

「手を上にあげて」

「ここにキスして」

など言われると喜びます。とはいえ、そこまで深くない関係において、いきなり相手の身体を動かす命令をするのは不自然。

そこで使いやすいのは、「●●さん、こっちに来て」のような“呼ぶ行為”。

何度か使用すると、自然とあなたを意識するようになります。試してみてください。

 

いかがでしたか。男性を“その気”にさせるテクニックを身につければ、いろんな気にさせることも、きっと容易にできるようになるはす。“Ostinato Rigore”ですからね。

(ライター 小川沙耶)

 



В интеренете нашел авторитетный портал , он описывает в статьях про чай травяной узнать больше