瞬間悩殺!友達にさえ「押し倒してぇ…」と思われる女の仕草4つ

一般的に男性は、女性に性的な魅力を感じなければ、恋心を抱いてくれません。とすると、いくら美人であってもセックスアピールがなければモテはイマイチだったりすることもあれば、逆にルックスはそこそこでもセクシー120%の魅力を引き出しモテまくることだってあります。
  • Evernoteに保存

では、どうすればその性的魅力をアピールできるのでしょうか?

今回は、現役キャバ嬢の秋田まちこさんに、“男性が押し倒したいと感じる女性の仕草”について教えていただきました。

 

1:物を拾う

「日常の中で簡単にできるものが、物を拾う仕草。

これは、前にいる男性には胸元チラリズム。後ろには悩殺お尻。

とても攻撃範囲が広い、四方八方へのパノラマ爆撃なんですよ。

とくに、後方への攻撃力が高めなので、お尻の方へ一番好みの男性を、目の前には二番目に好みの男性を配置して行うのが理想的ですね」

 

2:伸びをする

「もうひとつ攻撃力の高いものとして、伸びをするというものがありますね。

そしてその際、インナーシャツがズボンやスカートの中に入っていないようにしましょう。伸びをすると、きちんとお腹、背中の肌が見える状態です。

そして、グッとゆっくり伸びをします。

猫のような無防備さと、チラチラとのぞくおへそ周りと腰のくびれに男性はフラフラ貧血状態間違いなし」

×

 

3:水をこぼす

「強めの刺激で男性の恋の眠りを覚ましたいなら、少量の水を自分にこぼしてみましょう。

“ああヤバイ!”とあなたが拭いている間、焼けるような視線が濡れた部分に注がれて、衣服の乾きをサポートしてくれるはず。女性は水に濡れれば濡れるほどセクシーなのです」

 

4:髪をまとめて鼻で“ふ~ん”

「上品チックな色気を出すには、まず髪をゴムでまとめましょう。

そして、鼻でため息をするように“ふ~ん”と悩ましげな声を出します。

その鼻からの一息で、なんと大量のフェロモンが放出されることでしょう。そしてそれを見た男性の鼻からは、同じくらいの量の鼻血が出ることでしょうね」

 

いかがでしたか?

みなさんもこれらの悩殺テクニックを駆使して、男性から時ところかまわずに押し倒されてくださいね!

(ライター 小川沙耶)

 

【取材協力】

※ 秋田まちこ・・・東北生まれ北米育ち。帰国後、大学生をしながら水商売の世界へ(18歳~現在)。仏文学修士号取得後、新聞社などを経て現在代理店勤務。ごく一般的なOL生活をしながらも2014年5月に、Kindle版『キャバ嬢の淫乱的SEXライフ』を出版。