ちょ…勘弁してください!男が喰いつかない「女の下品なエロ」3つ

「男を落とすにはエロを駆使すべし!」とは、『Dangdep!』で何度も提言していることですが、それはもちろん“エロければ何でもあり”という話ではありません。男性を魅了するエロテクがあれば、男性が全然喰いつかない上に「下品な女だな」と思わせてしまう“下品なエロ”も存在しているのです。

そこで今回は、そんな使っても逆効果にしかならない“女の下品なエロ”について見ていきたいと思います。

 

1:ファッションセンスがない

胸の谷間を強調した服を着れば男性の視線はそこに集まりますし、脚を露出するような服装は脚フェチの男性にはたまりません。

しかし、そんな“服装のエロさ”というのは、“お洒落なファッションセンスがある”ということが大前提になってきます。

どんなに胸の谷間を強調するような服を着ていても、ダサい格好だったり、その胸の部分だけがファッション的に不自然だったりすると、男性のテンションも下がってしまいます。

服選びの際には、エロさを追求する前に“ファッションとしてありなのかどうか”を考えるようにしましょう。

 

2:見せつけが露骨すぎ

胸の谷間や、ホットパンツから覗くふとももなど、露出の多い服装は男性の視線を引きます。

ですが、その見せつけがあまりにも露骨な場合、男性はエロさを感じる前に女性の“あざとさ”を受け取ってしまいます。

男性が好きなエロさの種類に“チラ見え”というものがありますが、エロさというのは、本来ならば隠れている部分が“見えてしまった”という部分に興奮があるのです。つまり、あまりにも露骨なエロさは男性に好まれないのです。

胸の開き具合やスカートの長さなど、工夫が必要となる部分はたくさんあります。

×

 

3:唇はエロいけど口が汚い

男性は女性の唇に“エロさ”を感じ取ります。綺麗な唇を見るとキスしたい欲求が湧き上がってくるものなのです。

しかし、どんなに口紅などを使ってセクシーな唇を作っていても、その唇の裏に隠れた歯など、“口の中”が汚いと男性は一気に冷めてしまいます。

女性の口まわりはエロくてセクシーですが、そこに食べカスなどの“汚れ”があると、男性は興奮を覚えるのではなく、幻滅してしまうので注意が必要です。

 

いかがでしたか?

男を落とす際にはエロさを上手に使いこなすことが大切です。しかし、そのエロさも加減次第で薬になれば、毒にもなるので、使い方を間違えないように注意してくださいね。

(ライター 文平サチオ)