社内恋愛で脈ありサインは!? 社内恋愛のきっかけと男性からのアプローチ3選

大人の恋愛で多いのが、“社内恋愛”ですよね。しかし、振られたり別れたりしたあとのことを考えると、アプローチするのも、実際にお付き合いを始めるのも大変です。そもそも社内恋愛をしている男女って、どのようなきっかけで“そういう仲”になったのでしょうか?
  • Evernoteに保存

1:社内恋愛のきっかけは脈ありサインにあり!

(1) 社内恋愛に発展!そのきっかけが気になる!

社内にちょっと気になる男性がいても、アプローチするのはなかなか難しいですよね。万が一、失敗したら、気まずくなることは必須。

社内恋愛を始める際に、最も難しいのが、“きっかけ作り”だと言っても過言ではないでしょう。

(2) 脈ありサインをキャッチして社内恋愛を成就させよう!

社内恋愛を成就させるために重要なのは、“相手の脈ありサインを見逃さない”こと。男性も女性と同じように、「失敗したらどうしよう」という不安を抱えています。そのため、なかなかダイレクトなアプローチはできません。

しかし、周囲の人にバレないように、さりげなく“脈ありサイン”を出していることがあるんです。そのサインを上手にキャッチできれば、社内恋愛はスムーズに進むでしょう!

 

2:女子に聞いた!社内恋愛のきっかけエピソード5つ

(1)出張のお食事で

「意中の男性と上司と3人で出張に行く機会があったんです。普段は一緒に食事なんて行かないんですが、出張だと自然と一緒に食事をするじゃないですか? 夕食でお酒も飲んで、上司が部屋に戻った後、ふたりで2軒目に行ったんです。それがきっかけになりましたね」(女性、29歳)

会社員にとって、出張は特別なイベントです。一緒に過ごす時間も長くなりますし、宿泊するホテルも同じになるので、夜まで一緒になることも少なくありません。あなたに好意を寄せている男性からみると、出張中ほどアプローチしやすい機会はないんです!

(2)若手社員のイベントで

「30歳以下の若手社員を集めてバーベキューをするイベントがあったんです。私が肉を焼いていると彼が近寄ってきて、そこで仲良くなって、連絡先を交換しました。それから飲み会のお誘いがくるようになったんです」(女性、27歳)

業務から離れ、プライベートな空気が流れるバーベキューなどのイベントも、社内恋愛が始まるきっかけになることが多いようです。特に若手社員だけが集まるようなイベントだと、上司の目を気にせず羽を伸ばせるので、男性も大胆に行動するのでしょう。

(3)社員旅行の際に

「社員旅行でバスに乗ったとき、彼が先に座っていて、空いている席を指さして“ここ座りなよ”って言ってきたんです。最初は何気なくそこに座ったんですけど、今思えば、それが彼のアプローチだったんでしょうね」(女性、27歳)

比較的、人数が少ない会社であれば、社員旅行があるかもしれません。社員揃って旅行に出かける機会というのも、男性からすると女性社員にアプローチしやすい場面なんです。

移動中や宴会など、男性はあなたに近づくタイミングを狙っています。旅行中にわざとひとりで行動する時間を設けてあげると、男性も接近しやすくなるのでオススメです。

(4)社内メールのやり取りで

「仕事の件で社内メールを送ったんですけど、用件が解決した後も雑談メールが続いて、その流れで食事に行くことになりました。メールの追伸部分で雑談を振ってくる男性は、こっちに好意を持っていますよ(笑)」(女性、26歳)

なかなか意中の女性とお近づきになれない男性社員は、メールを利用してアプローチを試みます。仕事のメールの後に「そういえば〇〇が好きなんですか? 僕もファンなんです」などと、プライベートな話題を入れてくる男性は、あなたに興味を持っていると言ってよいでしょう。

「仕事中だから」といって、その話を無視するのではなく、業務に差し支えない程度に返事をしてあげてくださいね。

ただし、会社は、社員に付与したメールアドレスを監視する権限があります。それを念頭において、節度ある態度で!

(5)会社のロビーで

「帰ろうとしたら、会社のロビーで突然声をかけられたことがあります。ほとんど前置きもなく“もしよかったら食事でも行きませんか?”と誘われて……それがきっかけでした。今思えば、彼かなり大胆ですね」(女性、27歳)

「お近づきになる機会がまったくない!」。そんなとき、男性は最後の手段として“まちぶせ”という方法を選ぶようです。会社のロビーでいきなり声をかけられても、ストーカー認定を早まらずに。まったく知らない相手でも、「1度食事をしてみたら、案外いい人だった」なんてことは珍しくありませんよ。

 

3:社内恋愛のアプローチ!男性からはどんなものがある?3つ

(1)食事のお誘い

「今度一緒に食事でも行きませんか?」というのが、男性からの“お誘い”としては最も一般的です。“食事をするだけ”であれば、目的はどうとでも取れますし、変な噂が立つ可能性も抑えられます。

しかし、男性がわざわざ“何の興味もない女性”と食事に行くメリットはありません。お食事に誘ってくる男性社員には、何らかの意図があると考えましょう。

(2)趣味のお誘い

「〇〇の音楽が好きなんですよね? 僕も好きなんです。今度一緒にライブ行きませんか?」など、共通の趣味を使って“一緒に遊ぼう”と誘ってくる男性もいるでしょう。一緒に遊びに行くということは、食事をするよりも長時間一緒にいることができますし、「女性も応じてくれやすいだろう」と男性は考えています。

100%趣味の気持ちで、お誘いをしている男性もいるにはいますが、多くの男性は「一緒に遊びに行ってみたい!」という下心を持って、あなたにお誘いをかけているんです。

(3)合コンのお誘い

「合コンを組むように頼まれちゃってさ~」と、合コンのお誘いをしてくる男性社員がいたならば、少なくない確率でその男性はあなたに好意を持っています。

“合コン”という免罪符があれば、男性も女性社員に声をかけやすいですし、グループで飲みに行くことになるので、デートのお誘いをするよりもOKをもらえる確率が高くなる……と男性は考えているのです。

合コンというのは言い訳で、本心では「あなたと飲みに行きたい!」と考えている男性は少なくありません。

 

4:まとめ

きっかけさえ掴むことができれば、社内恋愛を成就させることは難しいことではありません。男性からの好意を見落とすことなく、気になる相手からのサインには、躊躇せずに飛びついてみるのも手。それが社内恋愛の秘訣ですよ!