クラブでナンパされたい?クラブでモテる女の服装とクラブに行く男の心理

みなさんは、クラブに行ったらナンパされたいですか? 今回は、クラブでモテる女の服装とクラブに行く男の心理を徹底的に解説してまいります。
  • Evernoteに保存

1:クラブに行く服装は?

みなさんは、クラブに行く際に、どんなファッションを心がけていますか?

「ナンパされたい」「出会いたい」「ワンナイトラブしたい」などなど、クラブに行く目的によってもファッションのテイストって、変わってきますよね。

 (1)六本木なら…? クラブの場所によって服装も変わる?

日本でクラブのメッカと言えば、今も昔も東京は六本木エリア!と言えましょう。決して広いとは言えない六本木エリア内には、正統派なクラブからちょっと怪しげなクラブまでゴロゴロと密集しています。

ちなみに、六本木のクラブに集っている女子のファッションを見ていると、会社からそのまま踊りに来たようなかなり地味目なOLさん風ファッションと、いかにも男ウケを狙っているダンサー顔負けの露出ファッションとに二分されている傾向があります。

他方、海外のクラブや日本の地方にあるクラブでは、六本木に比べるとまろやかなファッションに身を包んでいる女子が多いです。

(2)クラブでモテる服装を知ってお持ち帰りされよう!

ちなみに、誰かに「お持ち帰り」されたくてクラブに行くなら、男たちの目をひくファッションがマスト。

“軽い女”を装い「今日の私は、お持ち帰りOKですよ~」オーラを出しまくると、かなりの確率でナンパされ、その後も誘われやすくなります。

 

2:スニーカーはあり? クラブでモテる女子の服装7つ

そんなわけで、ここからはクラブでモテモテになる女子の服装を7つご紹介します! 一般的なモテファッションとクラブモテするファッションは、微妙に異なります。

(1)胸元の開いたトップス

クラブでは、やっぱり目立つ女子ほどモテる!

なので、一般的には「下品」と言われることの多い胸元の開いたトップスは、クラブではモテを狙える最強トップスに。軽い感じや下品な雰囲気を醸し出せるほど、ナンパ率も上がります。

薄暗いので、少しくらい露出していても、あまり生々しく見えないんですよね~。

(2)ミニスカート

ミニスカートも、クラブでモテる最強ファッション。トレンドだろうがそうでなかろうが、とにかく露出するのがクラブでモテるための鉄則。

ボディコンシャスなミニスカートで、自慢の美脚を余すことなくアピールしている女子も、クラブにはたくさんいます。

(3)ショートパンツ

ミニスカート同様に、ショートパンツも、クラブではモテるファッションです。

こちらも、トレンドなんて関係ない! とにかく露出がカギです。露出が多いほうがノリよく見えやすいこともあって、ミニスカやショーパンのように潔く脚を出しているほうが声をかけられやすいです。

(4)ボディコンワンピ

「バブル」時代に流行したようなボディコンワンピ姿の女子は、クラブに行くと、あちらこちらに存在しています。

ディスコ時代を思い起こさせるこのファッションは、オジサマ世代から大うけ。年上から声をかけられたい女子にとっては勝負服に!

(5)シースルートップス

デザインではなく、素材でエロかわいさを出すファッションも、クラブでは大人気。シースルー素材のトップスの下に、見せブラや水着を着用してガンガン踊っている女子も、たくさんの男子から声をかけられやすい!

とにかく「大胆に」見せるのがキーワードです。

(6)素足(生足)

なんだかんだで、男子は女子の素足が好き!な一面も否めません。

真冬になると鉄板の“黒タイツ”を履きたくなるけれど、クラブの店内は、みんなの熱気のせいで思っている以上に暖かい。それなら、店内に入った瞬間“クラブ仕様”になってタイツを脱ぎ、生足を魅せを! そんな女子もモテモテな傾向があります。

(7)ハイヒール

クラブと言えば、ハイヒールがやっぱりモテる!

扱いにくそうな10cmヒールで踊りなれている様子を見せれば「おっ。この子はクラブ慣れしているんだろうな~。軽そうだな!」と、ナンパされる率も上がります。

巷の一般的なファッションでは、スニーカーも流行っているけれど、男子たちに“軽くノリのいい女”だと思わせるためには、ハイヒールに勝るアイテムはなかなかありません。

 

3:クラブでナンパして持ち帰られたい…持ち帰られる女の特徴5つ

続いては、クラブでナンパされて、そのままお持ち帰りされる女子の特徴を5つご紹介します。お持ち帰りされたい女子は、必見です!

(1)バカっぽい会話が得意

お持ち帰りされる女子は、男子がどんな話題を口にしても、「え〜」とか「うそぉ〜」とか軽い相槌をして、バカッぽさを出すのが得意です。

「わかんなーい」などとどこまでもバカに徹することができると「この女、軽そう!」となり、お持ち帰りに誘われるハードルも下げられます。

(2)終電を気にしない

クラブが盛り上がるのは、終電後の時間帯。なので、お持ち帰り目的でクラブに行くなら、断然に深夜です。

終電を気にせずにクラブでハジけていると、お酒の力で気が大きくなった男子から、たくさんナンパされやすいです。

(3)見知らぬ男ともイチャイチャできる

クラブでモテる女子は、ノリがいいのが最大の特徴。

見知らぬ男が相手でも、イチャイチャできるだけの度量がある女子ほど、お持ち帰りされる率も高いです。狙った男子からお持ち帰りに誘われる女子って「この子は、押せばオチそう」と男子に思わせるのが、得意なんですよね~。

(4)見知らぬ男ともキスできる

「抜け出そうぜ!」と男子に言わせるのが得意な女子は、クラブの店内で男子の“お持ち帰り欲”を刺激するのも上手です。

なので、キスくらいは、人目を気にせずに店内でガンガン積極的に誘っている女子ほど、その後にふと気づくとお持ち帰りされている展開がかなりあります。

キスで男子たちを上手に刺激しちゃうわけですね〜。

(5)基本的に“暇人”になりきる

お持ち帰りを誘う男子にとって恐怖のセリフのひとつが「明日、早いから無理~」です。

なので、お持ち帰りされやすい女子ほど暇人を装い、翌朝はなんの予定もないかのように振る舞うのも得意です。お持ち帰りして、早朝に「私、もう帰らなくちゃ!」って言われるのを想像すると、テンションが下がる男子が多いですからね。

 

4:やっぱりナンパが目当てなの?クラブに行く男性の心理5つ

ところで、男性がクラブに行く理由って、どこにあると思いますか? ここでは、クラブに行く男性の代表的な心理を5つご紹介します。

(1)ハジけたい

お酒を飲みまくってハジけたい男性ほど、クラブに行きたがる傾向にあります。

クラブだと、ビールやカクテルのほかにテキーラやシャンパンも飲めますので、お酒を飲みまくってハジけたい男子には聖地なわけです。ハジけるなら居酒屋よりクラブでしょ!と思っている男性は、かなり多いです。

(2)踊りたい

クラブに行く目的が「踊りたい」にある、健全な男性もいます。

ナンパとかお酒とかが目的ではなく、「ただひたすらに踊りまくりたい!」という趣味のある男性は、毎週のようにクラブに出没して踊っています。

この手のタイプは早い時間から一心不乱に踊っていて、終電で帰りたがるのも特徴です。

(3)出会いたい

「クラブに行けば、とりあえずナンパができる!」「いろんなタイプの子と出会える!」と考えている男性もかなり多いです。

出会いを求め、居酒屋で軽く食事をしたあとに、早い時間帯からクラブに繰り出す若い男性のグループも稀にいます。

(4)イキがりたい

「クラブに行っている俺」が好きで、暇さえあればクラブに通いつめる男性も結構います。余談ですが、この手のタイプは、一般フロアではなくVIPルームに行きたがる人が多いです。

初心者で見栄っ張りな男性ほど、クラブ慣れしている女子に「店員に言ってさ、VIPルーム、取ってくれない?」とお願いしてくるところは、ちょっとかわいい!?

(5)暇つぶししたい

「今日は、クラブ以外に行き先が見当たらない!」という暇な男性も、クラブに集いがちです。

クラブって、早い時間はあまり盛り上がってないことも多いのですが、暇を潰せればなんでもよかったりするので、とりあえず行き場所がないからクラブにいる……となりがちなのです。

早い時間から来ているくせに、遅い時間まではケチくさくチビチビとお酒を飲んで、場が盛り上がるのを待っている男性グループも、かなりの割合でいます。

 

5:クラブでお持ち帰りされる女子になりたい?

「クラブでお持ち帰りされたい!」の狙いは、上手にバカっぽささえ出せれば、初心者でも成功しやすいです。

クラブではお酒をがぶ飲みしている人が男女問わずに多いので、お持ち帰りに進んでいく率も、他の出会いよりもハードルが低め。

「クラブに行ったら、お持ち帰りされる女子になりたい!」と願ってやまない女子のみなさん。ぜひ、ファッションでも言動でも究極の“バカっぽさ”や“軽さ”を出すように意識してみてください。