彼女が欲しい…できない男の共通点は?彼女が欲しいだけの男や彼女が欲しい理由

「彼女が欲しい……」と言いながらも、なかなかできない男の共通点ってなんだと思いますか? 今回は、彼女が欲しい男性たちが「彼女が欲しい」と思う理由などを余すところなく解説していきます!
  • Evernoteに保存

1:彼女が欲しくなるのは中学生?高校生?大学生?

最初に「彼女が欲しい!」って思ったのは「思春期だった」という男性も多いです。中学生とか高校生とか大学生とか、学生時代に「彼女が欲しい!」と思う人が一般的。

(1)彼女が欲しくなるのっていつ頃からでしょうか?

彼女が欲しくなる時期には、やっぱり個人差があります。

早熟な男性だと、小学校とか中学校時代にはすでに彼女が欲しくてたまらない傾向にあります。

他方、ちょっと奥手なタイプの男性だと、大学生になっても「彼女は欲しいと思いません」と口にしている人も。

(2)彼女が欲しい社会人はたくさんいる…

社会人になると、ほとんどの男性が「彼女欲しい!」と思い始めているみたいです。

学生時代には勉強一筋だった男性でも、社会人になってしばらくすると「恋愛して結婚しないと」的な義務感にもかられ「彼女が欲しい~!」となりがちです。

 

2:彼女が欲しい男性の心理とは?

では、ここからは男性たちが「彼女が欲しい!」と思う心理を『Dangdep!』の「“彼女が欲しい”という男性心理10個!彼女が欲しいとアピールしてくるのは脈アリ?」から5つ紐解いていきます。

(1)エッチがしたい

彼女がいればエッチができると思っている男性も多いようです。性欲が恋愛の言動力になるわけですね。

(2)まわりがみんな“彼女持ち”

まわりの友人がみんな“彼女持ち”だと、自然と「俺も」となる男性も少なくありません。

(3)イベントシーズンだから

クリスマスや誕生日、バレンタインデーなどイベントごとが近づいてくると「ぼっちは嫌だ」などの理由から彼女が欲しくなる男性も少なくない傾向に。

(4)仕事がツラい

仕事が辛いと、癒しを求めて彼女が欲しくなる男性も多い実情にあります。

(5)そろそろ結婚したい

恋愛を飛び越えて「結婚したい!」となると、真剣に彼女をつくりたくなる男性も多い傾向があります。

★彼女が欲しい男性の心理
“彼女が欲しい”という男性心理10個!彼女が欲しいとアピールしてくるのは脈アリ?

 

3:彼女が欲しいけどできない社会人の大半は出会いがない? 出会いの場所は?

ところで、「彼女が欲しい」と思いながら、なかなか彼女ができない男性も多いです。そんな彼らの実態を『Dangdep!』の「彼女が欲しい社会人の心理5つと効果的なアプローチ方法!」 を参考に、彼らに彼女がいない理由や出会える場所を検証していきましょう。

(1)彼女がいない理由はまちまち

彼らに彼女がいない理由は、そもそも交際経験がないタイプだったり、女性に声をかける方法がわからなかったり、デートの誘い方すらわからなかったりとさまざまです。

(2)彼女が欲しい男性と出会いやすい場所って?

立ち飲み屋や街コン、合コンや婚活イベント、マッチングアプリあたりが「彼女が欲しい!」と思っている男性と出会いやすい場所として定番です。

4:彼女が欲しい社会人がよく使っているアプリは?

では、「彼女が欲しい!」と思っている男性はどんなアプリを使っていることが多いのでしょうか?

同じく『Dangdep!』の「彼女が欲しい社会人の心理5つと効果的なアプローチ方法!」 から傾向をご紹介すると、『Pairs(ペアーズ)』や『Omiai(オミアイ)』『Tinder(ティンダー)』あたりが“御三家”になっているみたいです。

この辺のアプリを試してみると「彼女が欲しい!」と思ってる男性と高確率で出会えるかも!

★彼女が欲しい社会人男性の心理
彼女が欲しい社会人の心理5つと効果的なアプローチ方法!

 

5:社会人男性の彼女が欲しい理由5つ

では、ここからは社会人男性が「彼女が欲しい!」と思っている代表的な理由を5つご紹介します。

(1)さみしい

「彼女が欲しい!」と言っている男性に理由を尋ねてみると、よく出てくるフレーズのひとつが「さみしい」。

要するに、「人恋しい」とか「孤独は嫌だ」とかの人間として「ごもっとも」な理由から「彼女が欲しい!」と思っている男性も多いわけです。

彼女がいれば、ひとりでいるよりも「さみしい」とは思わなくて済みますからね。

(2)デートがしたい

社会人になって時間やお金が自由になってくると「デートしたい!」と思うのも男性たちの心理です。

雑誌やWebで紹介されているようなデートらしいデートをしたことのない男性ほど「俺もちゃんとしたデートがしたい!」という願望が「彼女が欲しい!」の理由になっているケースも多いです。

(3)エッチがしたい

彼女がいない男性はセフレをつくったりワンナイトラブを楽しんだりしない限りはエッチができません。

なので「好きな時に好きなだけエッチがしたいんだッ!」という願望を抱いている社会人男性も「彼女が欲しいな~」となりやすいです。

(4)男として「一人前」になりたい

社会人として独り立ちし、それなりに自分に自信がある男性ほど「俺に欠けているのは、彼女だ! 彼女がいれば一人前の男になれるのに!」などの思いから、急に恋人を欲しがる傾向も強くなります。

(5)結婚したい

「結婚したい!」と婚活欲が強くなってきた社会人男性も、強烈に「彼女が欲しいー!」となりやすいです。

お見合いでもなんでも、いきなり結婚するのではなく、人並みの恋愛をしてから“結婚”したいという理想がある男性ほど、「とりあえずまずは、彼女をつくらないと……」という心境になる傾向があります。

 

6:彼女が欲しいけどできない男性に「あるある」な原因5つ

では、続いては「彼女が欲しい」けど「できない」男性にありがちな原因を5つ見ていきましょう。

(1)理想が高い

彼女がなかなかできない男性に最もありがちなのが「理想が高い」ことです。

「俺にふさわしい女の子はこんな子」という理想が強すぎると、御眼鏡にかなう相手を見つけるのに苦労することから、なかなか彼女ができません。

(2)性格が自己中

性格が自己中な男性も、なかなか彼女ができません。

「自分が1番可愛い」としか思えないような行動をしまくるから「あんな男とは付き合いたくない」と女子が逃げていってしまう傾向にあります。

(3)デートできるお金がない

恋愛をするのには、デート代などそれなりのお金がかかります。デートにかけられるお金が極端にない男性も、必然的になかなか彼女ができにくい傾向があります。

(4)ケチでセコイ

ケチでセコイタイプの男性も、なかなか彼女はつくれません。

「ケチ」も「セコイ」も男性が非モテの原因となる要素。なので、わざわざそんな男性と付き合いたいと思う女性は少数派なだけに、男性の本性が女性たちにバレた時点で女性の“彼氏候補”からはハジかれます。その結果、シングル期間が長くなるのです。

(5)重度のマザコン

重度のマザコンな男性も、なかなか彼女ができないケースが多いです。

「自分のお母さんが大好きすぎる! 俺の母親は、最高の女だッ!」と思っている極度のマザコン男性ほど、女性を選ぶ基準や理想像が母親とリンクします。母親と同等あるいは超えるだけの女性とめぐり合うのが難しく感じ、結果的にシングルでいる期間が長くなるのです。

 

7:彼女が欲しいだけの男とそうでない男の見極め方3つ

ここからは、単純に「彼女が欲しいだけの男」と「そうでない男」の見極め方を3つご紹介していきます。

婚活を視野に入れている女性ほど、「単に彼女がいればいい」と思っている男性をつかんでしまうと、なかなかゴールインに至らずに苦しむハメにも陥りがちです。

(1)責任感に欠けるor責任感がある

責任感がない男は、適齢期にお付き合いをしてもそのあとの“結婚”から逃げがちです。

恋愛のいいとこ取りだけをして、責任が伴うことからは逃げたがる男性ほど、ただ彼女が欲しいだけの男になっている傾向は否めません。

無責任な男を選ぶと、泣きを見るのは女性です。

(2)女性を見下しているor見下していない

女性を見下している“男尊女卑”タイプの男性は、彼女をアクセサリー感覚で選ぶ傾向もあります。

まるでバッグや車を買うかのような感覚で彼女を選ぶので、“彼女の人生”は全くお構い無しなのです。

自分にふさわしいアクセサリー女がそばにいればそれで満足しちゃうので、単純に彼女が欲しいだけの男も多いです。嫌ですね!

(3)浮気性or浮気性じゃない

根が浮気性なタイプの男性も「とりあえず、彼女がいればいっか」と軽い気持ちで女性と付き合いがちです。

そもそも自分が浮気をすることが前提で、真剣交際をしているつもりはないので「彼女がいる俺」を演じることができれば、あとのことにはお構い無し。

この手のタイプは「彼女がいるって言ったほうが、女子からモテるし」などの軽い気持ちで恋人をつくるので、将来がないタイプが多いのです。

アクセサリーっぽい感覚で彼女をつくる男もいれば、「彼女がいる」と周りに言うことさえできれば、どんな彼女でもいい!と思っている男もいます。

 

8:「彼女が欲しい」と思っている独身男性は多い!

ところで、婚活をしている女子のみなさんは「なかなかいい独身男がいない!」と思っているかもしれません。

しかし世間には「彼女が欲しい」と思っている独身男性も、一定の割合でちゃんと存在しています。恋愛も結婚も「ご縁とタイミング」が大事なので、「彼女が欲しい!」と思っている男性とウマく出会えることができれば、ご縁もタイミングもクリアしやすいのが真実。

「彼女欲しいぜ~」と思っている男性と出会いやすい行動サイクルを真似れば、彼氏をつくるのも楽勝です!