30代のセックス!覚えておきたい「30代のセックスマナー」と体験談8選

30代ともなると、20代とは違う恋愛市場の変化を感じている人もいるのではないでしょうか? 年齢が変われば恋愛の仕方も変わりますし、男性から求められるものも変わってきます。

それはセックスでも同じ。そこに気づかず、いつまでたっても20代のセックス観のままでは男性から相手にされなくなってしまいます。そこで今回は覚えておきたい「30代のセックスマナー」をご紹介します。

Couple at home - Young adults flirting and having a nice time at home

1:30代ともなればセックスに求められることが変わる?

(1)30代でセクシーになる人、30代で老ける人

30代になって、20代よりも魅力的でセクシーになる人もいれば、一気に老け込んで、魅力が落ちているように見える人もいます。

前者は「ヤダ、最近モテ期?」、後者は「なんだか最近、男運がないなぁ……」なんて感じるかもしれません。

これは最初のうちはなんとなく感じるようなものなのですが、自分の中で変化のきっかけがないかぎり、そのままの状態で長く続いていくのです。

なので、10代後半〜20代にかけての「モテるイメージ」って、その先も色濃く自分や周囲に影響しますが、30代からの「実際にモテるかどうか」と乖離しちゃうことも多いのですね。

いったい、その差はどこにあるのでしょうか?

(2)「大人なセックス」が求められる30代

セックス自体、そもそも「大人な」行為ではあるわけですが、30代にもなると、フルボディワインのような「大人なセックス」が求められます。

「大人なセックス」って、どんなセックスでしょう?

「あら、坊や……どうしたの? こっちへいらっしゃい」

……なんて、なまめかしいご婦人を想像しちゃった人もいるかもしれませんが、そういうデフォルメされたイメージって、パロディ的であり、「大人」とはまたちょっと違う感じです。

ではどういったセックスのことを言うのか? 次章では「覚えておきたい!30代のセックスマナー」をご紹介していきましょう。

 

2:覚えておきたい!30代のセックスマナー

(1)恥じらいのポイントが変わる!

女性の「恥じらい」は男性にとって、大変な興奮ポイントとなります。

「でも恥じらって許されるのは、10代・20代くらいまでじゃない?」と諦めてはいけません。30代には30代の恥じらい方があるのです。

ネットでよく、「こんなオバサンだけど……本当にいいの?」と美魔女芸能人に言わせているまとめサイト記事を見かけませんか?

30代になると、求められるのはコレです。「若さをなくして、自信を失っている。だから、脱ぐのなんて、セックスなんて恥ずかしい!」ということを1ミクロンも思っていなくても、そういう風に演じればいいのですね。

(2)NG項目はなるべく少なめに…

とはいえ10代20代ではないので、「そ、そんなことっ! できない……」というセックスのNG項目をもってしまうのは、得策ではありません。

嘘でもいいから無垢でいて欲しい10代・20代と違って、30代女性には「嘘でもいいから、凄テクでいて欲しい」もの。

恥じらいながらも、テクは凄い。

30代女性の持つこのギャップに、男性はメロメロになってしまうわけです。

(3)積極的なエロ提案ができる女に

自分の姿を恥ずかしがることが求められるだけで、(これは30代なんてまだまだ美しすぎるからこそ生きてくるのですが)性的なアレコレを恥ずかしがる姿は求められていないことは前述いたしました。

なので、むしろ「あれやってみたい! これやってみよう!」という積極的なエロ提案をできることが好まれます。

関係が進んできたら、「ローション買っちゃった!」と写真付きでLINEできるくらいになると、男性もメロメロでしょう。

(4)イキやすい体が求められる

30代になると積極性や凄テクなどが求められることはすでに書きました。要するに経験の豊富さを求められるわけです。

イキやすい体というのも経験の豊富さを問われる部分でもあります。自分の体のどこを刺激すれば感じるのか、といったことをわかっていることは重要です。実際にそこを刺激されて淑女の姿が乱れる。そんな光景に男性は興奮します。

もちろん相手と一緒に開発を行うようなこともあるとは思いますが、20代と比べてすでに開発されている場所が多いというのは、若い女性と差をつけるための武器にもなります。逆に男の体を知っているというのもポイントが高い。

イキやすい体というのは男性にとってセックスし甲斐のある人といえるのではないでしょうか?

(5)30代だからこそ美肌が大事

30代ともなると20代の頃に比べて肌にも陰りがでてくるかもしれません。それは男性も承知しています。シャワーを浴びたとき、肌が水を弾かなくなったというのはスキンケアサイトなどでよく目にする話ですね。

だからといって何のお手入れもせず、くすむばかりに放ったらかしておいてはいけません。肌のきれいな女性とそうでない女性とではやはり肌のきれいな女性の方が魅力的に見えるのです。男性が指先で触れたときの女性の湿った肌の弾力は性欲をかき立てます。

これをできるだけ保っておくことは大事です。30代なのに潤いがある。そんなセックスに男性は虜になることでしょう。

 

3:男子に聞く!30代女性とのセックス体験談【最高編】

(1)経済力の高さ

「30代の女性とホテルにいったことがあるんすけど、ホテル代とか全部出してくれたんすよ。年下の娘と付き合ってたりすると、こっちが奢ったり多く払ったりしないといけないじゃないっすか。俺学生なんでお金ないんすよ。金欠とかだとホテル行くのやめようかなって思うときもしょっちゅうあるし。

でも、30代とのセックスはそういうところもいいですよね。仕事してて経済力あるからあんまりお金のこととか気にしないイメージ。奢ってもらってセックスもできるんだからたまらないっすよ。男としては30代を選んじゃいますね」Iさん/21歳

(2)あふれ出す性欲

「お相手の方は身なりもきれいでオフィスとか歩いていてもおかしくないような人だったんです。立ち姿もきれいで、ひとつにまとめられた髪の毛と端正な横顔が凜々しさを感じさせていました。

ある日、好意があったんで飲みに誘ったんです。そしたら、“私は大人の女よ”なんて言われて手を引かれるようにホテルに向かいました。次の日が土曜日で仕事が休みということもあって朝まで……。

見た目からは想像もできないくらい性を謳歌していましたね。あの夜は何度も何度もセックスしました」Kさん/33歳

(3)いろんなプレイ

「僕、以前不倫していたことがあって、相手の人は30代の既婚者でした。旦那も子どももいるから会う時間帯は限られていたんですけど、僕がフリーターで時間とか融通が利くから子どもを幼稚園に預けた昼間とかに会うことが多かったですね。

その人には色々な経験をさせてもらいましたね。ピル飲んでるとかで生でのセックスも初体験しました。他にもおもちゃを使ってみたり、お互いの開発を楽しんでみたり。嫌がるどころか、“こういうの好きなら、こんなことしてみる?”なんて言われて、その人には入れ込んだ覚えがありますね。また会いたいな」Hさん/25歳

(4)大人の色気

「尻の青い小娘とセックスしてもなあ。やっぱり色気がないよな。下ネタを口にすれば恥ずかしがってうつむくしまつ。ホテルに連れて行くにも、小娘が“仕方ない”って言えるような言い訳を作ってあげなくちゃいけない。面倒くさいんだよ。

その点、30代は大人の色気がある。ゆっくりと焦らすように服を脱がしてきたり、ブラで俺の腕を拘束してきたりと色々楽しませてくれるね。細かいテクニックもすごいけど、前戯とかムード作りなんかも達者。嫉妬さえもプレイのひとつにしてしまうしね。余裕があるってのが小娘と違うね」Dさん/38歳

 

4:男子に聞く!30代女性とのセックス体験談【最低編】

(1)タバコの臭い

「俺が相手をしたのはタバコをすってる人だった。だから、髪の毛までヤニの臭いをプンプンさせてさ、息もタバコ臭いんだよ。キスなんかできなかったな。

ベッドの中で2人して裸になっても気分がのらない。仕方ないから手で抜いてもらったよ」

(2)子どもの急用

「シングルマザーの人だったんですけど、子どもを産んでるってこともあって“女としての価値はもうない”なんて自分で思い込んでるふしがありましたね、その人。でも、僕からしたらすごい魅力的で、スタイルも保っていたし、男を立てるのもうまかった。人生経験が豊富なんでしょうね。

ホテルに誘ってみると、“私なんかでいいの?”って。その一言には胸を締め付けられました。ホテルに着いてシャワーを浴びて、キスしながら服を脱がし合って、まるで夢のようでしたね。でも、携帯に着信があるとそっちのけで確認するんです。

お子さんって結構甘えん坊みたいで、お母さんがいないとすぐにぐずっちゃうみたいで、その日も幼稚園から連絡があって“熱出しちゃいました”って。

お開きです。その人とはしょっちゅうそんなことがあって、別れちゃいましたね」Uさん/28歳

(3)彼氏が現れて

「性に対してオープンで、下ネタもいけるし、セックスも好き。そんな相手がいた。20代の頃に憧れてたような相手。飲んだあと、家が近いっていうから遊びにいったんだ。付き合いたての頃だったかな。お酒の飲み方も色気があって、酒のつまみを作るのもうまい。いい相手を見つけたなと思って、キスしながらベッドに流れ込んだ。

彼女の口から声が漏れ始めた頃だったかな、いきなりピンポンって鳴ったんだ。そしたら彼女がいきなり飛び起きて、“彼氏”って。二股かけてたんだ。慌てて服着てベランダから逃げたよ。

変に経験積んでるから、信用できる相手かどうかは見極めなくちゃいけないって学んだよ」Tさん/34歳

(4)ムダ毛の処理

「飲み屋で年上の人と仲良くなってさ、そのままホテルへゴウしたのよ。そしたらさ、裸になって初めてわかった。ムダ毛の処理が甘いの。たぶん、普段はもう恋愛とかしてなくて、気がゆるんでたんだろうね。乳首にちょろっと毛が生えててさ、萎えたよ。矯正下着を着けてたまでは、まあ我慢しよう。俺だって別にイケメンってわけじゃないし、しまったいい体をしてるわけじゃない。

でも、乳首毛は萎えた。萎えちゃったからにはもうどうにもならんよね。常に臨戦態勢でいることは難しいとは思うよ。でも、“先にシャワー浴びてくるね”とかいって、風呂場で処理して欲しいな」Yさん/25歳

 

5:30代のセックスはスキルと経験と恥じらいがポイント

セックスにおいて30代の女性に求められるものは20代と大きく変わってきます。

経験の豊富さと女性としての恥じらい。この2つは相反するもののように感じるかもしれません。しかし、これが男性の本音でもあります。

経験に裏付けされたテクニックを持っていて欲しいと思っている反面、女性の奥ゆかしさみたいなものも捨てて欲しくはない。そこに恥じらいを求めているというわけ。

魅力ある女性を演じるのは大変かもしれませんが、男性の妄想に答えてあげてください。