「君を略奪したい!」彼氏持ちを奪う男性心理とその手口3選

恋愛対象といっても人それぞれですが、彼氏持ちの女性を略奪することを専門にしている男性もいるので要注意! 彼氏がいるとわかると、がぜん燃えてしまってアプローチ!? その心理は……? 一体どんな手口で彼氏持ちを奪いにやってくるのか、恋愛心理カウンセラーの筆者が解説します!
  • Evernoteに保存

1:彼氏持ち女性を奪う男に要注意!

世の中、まっとうに恋愛をしたいという男性もいれば、彼氏持ち女性を「奪いたい!」という種類の男性もいるので要注意!

あなたはそんな危険な男性に引っかかったことはありませんか? 彼氏持ち女性を奪いたい男性は、彼氏のいる女性だからこそ相手に興味を持ちます。

あの手この手で略奪し、自分のものにした後は……? 興味をなくして捨ててしまうことが多いんです。その心理や手口をちょっとのぞいてみましょう。

 

2:男が彼氏持ち女性を奪いたくなる心理

(1)余裕があるから魅力的

「彼氏がいる女は、明らかに彼氏を探している女に比べて、ガツガツしていなくて、余裕があって圧倒的に魅力的だと思う。素直に、こういう女性にそばにいてほしいと思っちゃう」

……そう、彼氏がいない恋活中の女子に比べて、彼氏持ちの女性は雰囲気に余裕があったり、自分に自信があったりすることが多いので、男性からは魅力的な女性に見えちゃうんです。

恋する女はかわいい、そんなことも理由のひとつとなっています。

(2)他の男のものだから自分のものにしたい

「他の男のものだからこそ、逆に燃えます。好きになってもらえたら、そいつよりもオレのほうが上だってことじゃないですか? そこがいい」

純粋に相手の女性のことが好きというよりも、その女性の彼氏に対抗心を燃やして、自分の勝利を味わいたいというタイプです。

(3)彼氏がいるけど不満があると落としやすい

「彼氏がいるからって充実してるとは限らないですよね。その彼氏に冷たくされてるとかで不満があると、優しくしてやるだけでこっちを向くので、落としやすいです。

逆に彼氏のいない女のほうが、理想が高くてなかなか振り向いてくれないですね」

と、彼氏がいるけど不満があるからこそ、そこを突いてあげるとすぐに落ちる……なんて考えている男性もいるようです。

 

3:あなたも狙われてる!? 彼氏持ち女性を奪う男の奥の手3選

(1)友達になって彼氏と喧嘩するのを待つ

彼氏持ちの女性を奪おうとしている男性は、まずその狙った女性と、親友レベルの友達になることを目指します。

言わば、性別は男なのですが、女性の中では女友達的な立ち位置になろうとするのです。女性の彼氏の話は積極的に聞き出そうとしてきます。「最近彼氏とどう?」と頻繁に聞きつつ、次のステップへ進むのです。

それは彼氏と女性の関係が悪くなるときを待っている状態です。いつでも相手の話を聞ける間柄になっておけば、彼女が彼氏との関係を悪化させたときに、すぐにわかりますよね。

(2)彼氏の愚痴を聞く

女性が彼氏の愚痴を言うのを、彼は待っています。

いい聞き役になることで、女性の心の中にスーっと入り込んでいくのです。実際、愚痴を聞いてもらえたり、その愚痴に賛同してもらえると、その相手には男女を問わず、「理解してもらえた!」と感じる人が多いのではないでしょうか?

彼は、女性から「私の理解者は彼氏じゃなくて、この人なのかも」と思われるときを待っています。

(3)告白でとどめを刺す

彼氏持ちの女性を奪おうとしている男性は、彼氏との関係が悪化して弱った女性を捕まえて……いわばそこにつけこんで、決定的なセリフでとどめを刺してきます。

たとえば、「彼のどこが好きだったの?」

このセリフは、彼氏と女性との関係を女性に考えさせるセリフですが、彼氏との仲が悪化しているときには大きな効果を発揮します。

なぜなら、「彼氏の優しいところが好きだった」場合、喧嘩をしたり、関係が悪化しているときには、「もう彼氏は、あの頃のように優しくない……」と実感する状態にあるから。

あるいは、「オレのほうがずっとキミを大事にするのに」なんて言葉で告白してくるかも。

彼氏と関係が悪化している途中でそんな言葉をかけられたら、グラっとくる女性は決して少なくないのが事実です。

 

4:奪った後はポイというケースは多い!

たまたま、彼氏持ちの女性を本気で好きになってしまったケースは除くとして、「彼氏持ちだから燃える!」と考えているタイプの男性はちょっと厄介。

あの手この手で奪った挙げ句に、付き合ったらとたんに冷たくなったとか、あっという間にポイ!というケースはよくある話です。

気をつけたいのは、彼氏との関係がちょっと悪くなったり、マンネリになったりしたときに限って、そのような男性がつけこんでくるということ。彼氏とラブラブなときに、横から手出しをしても奪えないということは、彼らもわかっています。

ラブラブなときに友達になっておいて、関係が悪くなったときにうまく相談してもらい、そのときを見計らって「オレだって男なんだよ」とアピールしてきます。

女性はそんなギャップのある男友達に弱いので、グラっときてしまうことも多いのですが、その後の関係は誰も保証してくれません。彼氏と別れたとたんに、略奪男のテンションが下がりはじめるということを決して忘れずに、慎重に判断しましょう。