超愛し合える!大好きな彼と「ラブラブなキス」をするコツ3つ

彼とラブラブなキスをしたいのに、なんかいつもつまらない、淡泊……。そんなお悩みを持っていませんか? 彼とのキスをラブラブにするには、いくつかのコツがあります。恋愛心理カウンセラーの筆者が、そのコツをこっそりお教えしますね!

彼とラブラブなキスをするコツは?

(1)「いってらっしゃい」のキス習慣をつける!

結婚していても同棲中でも、あるいはお泊まりデートの後でも、「いってらっしゃいのキス」はしたいもの!

「いってらっしゃい」と言うからには、そのすぐ後に二人は別れてしまうということ。

すると、男性は別れた後になって、キスを思い出してニヤニヤ……という時間をもつことになります。

「キスの後、ああして、こうして……ああオレって愛されてる!」という妄想の時間を男性に与えることで、彼のあなたへの関心をより惹きつけることができるのです。

結果として、夜に再会したときのキスは「これを待ってた!」とばかりに濃厚、ラブラブに……!

(2)キスは3秒後!

いってらっしゃいのキスにしても、夜キスにしても、あなたはキスをするときに慌てていませんか?

慌ててなんかないって? では、聞き方を変えましょう。

キスをするとき、3秒静止していますか?

これなら、「……してない……」と答える方も多いのではないでしょうか。

キスをラブラブにしたければ、決して慌ててはいけません。雰囲気をつくり、唇と唇が近づいてから、キスをする前に3秒の“間”を空けるのです。

わずか数秒でも、上手な“間”はドキドキ感を倍増させます。

その間に焦らされた彼は、自然と濃厚なキスをしたくなってしまうというワケ。

もっとも、これは毎回毎回である必要性はありません。特に「いってらっしゃい」のキスなどは、あえて間をつくらず、軽くチュッとするのも良い方法。

ほかには、突然振り向きざまなど、急にキスをすることでドキリとさせる方法もありますので、TPOで使い分けるようにしましょう。

(3)避けてない、でもまだダメ……

部屋で彼からキスをされるとき、目を閉じて、黙ってキスされるのを待つことってありますよね?

しかし、キスをラブラブにしたい時は、黙って待つだけではダメなことも。

ではどうしたら良いかというと、ゆっくりと後ろにのけぞるようにします。

すると、彼からのキスでも“間”の主導権をあなたが握り、上手に彼を焦らすことができるのです。

さらに、後ろにのけぞることで自然と、彼が上、あなたが下という、上下の位置関係ができますよね。

これで彼の征服欲を無意識にかき立てることができます。端的に言うと「オレのものにしたい」という感情を刺激するのです。

そうすることで、キスが自然とラブラブになっていく、もしかしてその先も……ドサッ!?……などという展開をあなたも彼も期待するでしょう。

ここで注意したいのは、あくまでもゆっくりと、キスを迫る彼が追いつけるスピードでのけぞること。

勢いをつけてサッと下がってしまうと、「キスを嫌がられている!」という印象を与えてしまい大失敗となります。

色っぽいスピードとはどのくらいなのか、イメージしてみると良いですね。

 

キスは焦らずゆっくり、時にスピーディーに!

キスとはいえ、同じ相手と何度もしていると、徐々に飽きが生じたり、マンネリ化、タスク化したり、挙げ句の果てにはキスもしない関係になることはよくあります。

これを防ぐには、いつも同じキスをしないこと。いくつかのコツを上手に組み合わせて色々なバリエーションを味わわせることが大切です。

あなたと彼がいつまでも、ラブラブなキスのできる関係でありますように!

(ライター 相川葵)