風俗に行った彼に…!さりげなく「気づいてるよ」と伝える方法3つ

愛する彼女がいるのに風俗店に行ってしまう……「男だから仕方がない」と許せる人もいるかもしれませんが、多くの女性は彼の風俗通いをやめてほしいと思うのではないでしょうか。しかし、彼に向かって正面から「お前! 風俗行ってきただろう!」と切り出せばケンカになってしまうのは目に見えていますよね。
  • Evernoteに保存

そこで今回は、彼の風俗通いに気がついていることを“さりげなく伝える方法”について、これまでに『Dangdep!』で紹介してきた情報などをもとにしながら見ていきたいと思います。

 

1:「温泉でも行ってきたの?」と聞く

風俗店であれこれしてきた男性は、お肌がしっとりとしています。

「あっ、こいつ風俗行ってきやがったな」と思ったら、そうとは言わずに「もしかして温泉行ってきたの?」と聞いてみましょう。

風俗店でシャワーなどを借りてきた男性は「ヤベッ!」と思い、適当な答えでその場をごまかさないといけなくなります。

一度、そう指摘してあげれば彼も「風俗店行ったら意外とバレるなぁ」と思うようになるので、発覚を恐れ、風俗店には行かなくなるかもしれません。

 

2:服や鞄から変な匂いがすると伝える

「ねぇねぇ、上着から変な匂いがするよ」

風俗店に行ったという証拠をどんなに残さないようにしていても、匂いまで気をつけている男性はそうそういません。服や鞄から「変な匂いがする」と言われれば、彼はそこに風俗店の匂いが残っていたかと思いハラハラします。

風俗店の匂いと言えば、タバコ、香水、そして男女の匂いですから、彼女には絶対に嗅いでほしくない種類の匂いばかりです。

何の匂いなのかは明言せず、「臭いよ」と言い続けましょう。彼はその重圧に耐えかね、心を入れ替えてくれるかもしれません。

 

3:「もしかして浮気してる?」と聞く

風俗は浮気ではないかもしれませんが、女性とイチャつく場所であることは間違いありません。

深刻な顔をして彼に「もしかして浮気してる?」と訊ねましょう。恐らく彼は「してないよ」と答えますが、内心では「風俗のせいかな……」と不安に思うはずです。

「女の匂いがするよ」と言って彼の浮気を疑えば、彼は「誤解だよ!」とか何とか言いつつ、「やっぱり風俗に通うと女にはバレるんだな」と思って、風俗通いをやめてくれることでしょう。

 

いかがでしたか?

正面から「風俗に行ったでしょ!」と言わなくても、彼の心を改心させる方法はいくらでも考えられます。これらのテクニックを駆使して、ケンカを避けながら彼の心を入れ替え、風俗店に行くのをやめさせまよう。

(ライター 文平サチオ)