身長差のあるキスってどんな?身長差カップルの夜やハグ・胸キュンあるある

身長差のある相手とのキスってどんなだと思いますか? 今回は、身長差カップルの夜やハグにまつわるエピソードをお届けします!

1:キスしやすい身長差は何cm?

パートナーとの身長差って、ありすぎてもなさすぎても、カップルの悩みのタネになるみたいです。

身長差のあるカップルが、自分たちの身長をいちばん気にするのは、キスのシーン。

「キスしやすい身長差って、いったい何cmなんだろう?」などと、自分たちに身長差があるカップルほど、妙に真面目に考えてしまいがちかもしれません。

現実的に最もキスしやすい“身長差”を言うならば、身もふたもないけれど「0cm差」。

つまり、両方がまったく同じ身長なら、正面で向き合うだけで、どんどん近づいていけば、そのまま口と口でキスできます。

自分の顔の高さに相手の顔があるのだから、キスは楽チンですよね。

(1)身長差カップルはキスするときどうしてる?

身長差のあるカップルに話を聞いてみると、キスするときには身長が高いほうが低いほうの高さに合わせるようにしていて、膝をかがめたり腰を折ったりするケースが多いみたいです。

身長差があればあるほど、“ベスポジ”に届きにくくなるのは仕方ないのかも?

でも、「ベッドなどに横になりながらキスするぶんには、頭の位置を揃えるのも楽々なので、身長差は気にならない」というカップルが多いみたいです。

でも、どんな環境にいようと、愛があれば身長差なんて関係ないッ!

(2)身長差カップルの写真が見たい!

「身長差のあるカップルの写真が見たい!」というリクエストにお応えして、こちらの写真をご紹介します。

ご覧ください! かなりの身長差がありますよね~。

「身長差カップル」と聞くと、男性の身長が高くて女性のほうが低いというイメージをする人も多いかもしれません。でも、世間には、女性のほうが背が高くて男性が低いカップルもいます。

また、どちらの背が高いにせよ、「愛があれば、身長差なんて関係ないッ!」は、真実だと思われます。

恋愛で大事なのは、相手の身長よりも心ですからね〜♡

 

2:身長差20cm~30cmのカップルあるある7個

では、ここからは、身長差が20~30cm程あるカップルの「あるある」を7つご紹介していきましょう。

身長差が大きいほど、ぶち当たる「あるある」も多い!?

(1)手を繋ごうとするとバランスが悪い

身長差が大きいほど、手を繋ごうとしたときにバランスが悪く感じてしまいがちです。

どちらかがちょっと無理をした姿勢にならないと、“ベスポジ”を見つけにくく、最初のうちは苦労するカップルも少なくありません。

しかし、慣れてきてしまえば、自然と自分たちのベスポジがわかってくるので、難なく手を繋げるようになるカップルも多いです。

(2)背が低いほうが背の高いほうに物を取ってもらう

高い位置にある棚や台に置いてあるものなどを、背が低いほうが高いほうに「取ってもらえる?」とお願いするのは、身長差カップルの日常のひとつです。

自分では届きにくいものを無理して取ろうとするよりも、楽々に届いちゃう人に頼んだほうが合理的ですしね~。

微笑ましい「あるある」です。

(3)車のシートの位置がかなり違う

ドライブデートで運転を交代するときなどに、運転席などのシートの位置がかなり違うのも、身長差カップルの「あるある」です。

「身長差がなくても、足の長さが違うとシートの位置はかなりズレるでしょ」っていう意見もありますが、そもそも身長差があると、やっぱり足の長さも変わってきます。そのため、シートの位置は、かなりズレるのが一般的です。

(4)暗闇で親子と間違えられる

明るい場所であれば、顔がわかるので、「ああ、身長差があるカップルね」と一発でわかります。でも、暗がりで顔がよく見えないところにいると「親子ですか?」と間違えられる……というのも身長差カップルの「あるある」。

親に見られたほうは「そんなに老けてるかな」と落ち込み、子どもに見られたほうは「若く見られた!」なんて喜ぶ傾向もあります。

(5)イベントやフェスでは“おんぶ”が始まる

フェスやイベントで、背の低いほうが背の高いほうに「ちゃんと見えてていいな〜。こっちは人混みのせいで、なんにも見えないよ~」などとボヤいていると、背の高いほうが“おんぶ”をしてくれるのも「あるある」。

身長差がさほどなく、一般的な身長しかないカップルからすると、羨ましい「あるある」のひとつです。

(6)パートナーの洋服を借りられない

似たような体型のカップルなら、身長差が大きくなければ、相手の洋服をちょっと借りるのも容易。だけれど、身長差があると、服のサイズもかなり変わってきます。相手の洋服を「ちょっと拝借するね!」なんてことがしにくいのも「あるある」です。

また、ファッション雑誌などに、「ボーイフレンドのシャツを借りて、コーデのアクセントに♡」などと書いてあると、「そんなことしたら、私はシャツに埋もれちゃう……」と、人知れずため息をつくのは、これに関連した「あるある」といえます。

(7)歩く速度がかなり違う

身長差があると、歩幅の大きさもかなり変わります。なので、背の低いほうがいつも小走り…というのも「あるある」です。

「もうちょっと、気を使ってゆっくり歩いてよッ!」などの文句から、ちょっとした喧嘩に発展するのも、初心者身長差カップルにつきものの「あるある」ではないでしょうか。逆に、「待ってよぅ~」と一生懸命ついてくる姿にキュンとしちゃう、というのも「あるある」です。

 

3:身長差カップルのハグや夜に関するトラブルエピソード5つ

続いては、身長差があるカップルならではの「ハグ」や「夜」に関するトラブルエピソードを5選ご紹介してまいります。

身長差があると、やっぱり苦労するシチュエーションも多い!?

(1)「ハグしようと思ったら、相手が転びました」(28歳女性)

「前に、私より30cmくらい身長が高い男性といい感じになったんですけど、デートの帰り際にハグをしようとしたら、彼が前にかがみ過ぎて、よろけたまま転んじゃったんです。

お酒が入っていたせいもあるけれど、なんだか気まずい雰囲気になりました。そのあと、ハグのやり直しをしたんですけど、変な空気が流れていましたね。

それっきり、その男性からはデートに誘われることはありませんでした……」

(2)「ハグが、抱っこになっていました」(30歳女性)

「一昨年まで3年間付き合った元カレとは、身長差が26cmあったんです。ハグされるたびに、いつの間にか“抱っこ”になっていましたね。

抱っこされるのは嫌いじゃなかったんですけど、映画とかドラマでロマンティックなハグのシーンを見るたびに、“たまには私も、あんなふうに普通のハグをされたいな~”って思っていました。

今の彼とは、そこまで身長差がないので、普通のハグばかりです。

そうなってくると、当時の“抱っこ型ハグ”が懐かしくなっちゃうこともあるんですけど」

(3)「彼にハグをされると、正直苦しいです」(27歳女性)

「今の彼氏は、身長が193cmあるので、私とは30cm以上の身長差があります。

身長が高いうえに体もガッチリしているので、ハグされるたびに実は“苦しい……”って思っています。

でも、彼にはそれを言えません。

だって、“あなたが大きすぎるから、ハグされると苦しい”なんて言ってしまったら、もうハグしてもらえないかもしれないし、彼が傷つくかもしれないじゃないですか……。地味に悩んでいます」

(4)「ポジションが合うまでは大変でした」(34歳女性)

「今の彼とは、身長差が31cmあるんですけど、正直、夜の生活は難しいものがありますね。

付き合い始めのころには、正常位でしようと思っても、顔の位置と体の位置がなかなか合わなかくて、まどろっこしく感じていました(泣)。

ムードが壊れるのがイヤだったので、私からは何も言いませんでしたが、あるとき彼が、“キスしながらしたいのに!”って呟いたのを聞いて、その時にはなんだか気まずかったです。

今もやっぱりキスしながらエッチをするのは難しく、彼は一生懸命に体を曲げてくれているので、申し訳ない気もしています。

そのうちに、これが原因でレスにならなければいいのですが……」

(5)「無理な体勢が続き、相手が筋肉痛になりました……」(32歳女性)

「元カレの話なんですけど、身長差が29cmあって、エッチではちょっと大変でした。

ラブラブなエッチをしようと思うと、どうしてもお互いちょっとだけ無理な体勢にならないと難しいんです。で、週に何度もしているうちに、彼が筋肉痛になっちゃって……。とうとう、痛くて体を動かせなくなっちゃったんです。

“ごめん、足も腰も腕も腹も痛くて無理だ”って言われたときには、彼がそこまで無理な動きをしてくれていたと知り、ショックでした。

それからレスになって、結局別れちゃいましたね……」

 

4:身長差を楽しもう!

身長差があるのも、カップルの個性と言えましょう。

慣れないうちには、いろんな出来事にぶち当たって、悲観的になってしまうときもあるかもしれません。でも、恋愛は楽しんだもの勝ちの世界。

身長差があるカップルは、お互いにその身長差を楽しむように心がけていくと、身長差のせいで悲しくなったりイライラしたりするシーンは減ります。

今、まさに「身長差がある!」なカップルのみなさんは、ぜひその身長差を楽しみながら、これからも素敵な関係を築いていってくださいね〜!