年下彼氏との結婚のポイントは?結婚のタイミングや結婚を意識させる方法3つ

結婚にはタイミングも重要ですが、年齢によって結婚したい!という気分の高まりは異なってくることもあります。年下彼氏だと結婚を意識させるのは大変なのでしょうか……? 年下彼氏との結婚のポイントやタイミング、結婚を意識させる方法をご紹介します!

1:年下彼氏との結婚は難しい?

年下彼氏との結婚は難しいのでしょうか? 2人の年齢にもよりますが、若い男性の中には結婚はまだしたくない、自由をもっと楽しみたいという人がいるのも事実です。

彼女が結婚したいと思ったタイミングで、年下彼氏はまだまだ結婚を意識していない……なんてこともしばしば。また、年下彼氏の両親から結婚はまだいいんじゃない?なんて反対されてしまうことも。

彼女の結婚適齢期に合わせるために息子が無理をしないか心配なのかもしれませんね。

 

2:いつまで待てる?年下彼氏との結婚のタイミング5つ

年下彼氏が結婚したいと思うまで待ちたい気持ちはあっても、いつまでも待つことはできない……。

年下彼氏とタイミングが合わない理由やケースの事例を見ていきましょう。別れるか結婚か……慎重な見極めを!

(1)35歳まで結婚しない宣言

「年下の23歳の彼氏がいたんですが、結婚の話題になったときに”俺は35歳までは絶対に結婚しない”って宣言されたんです。12年も待つなんて絶対無理!って思ってすぐに別れちゃいました」(26歳/事務)

彼氏にそんな宣言をされてしまったら、待つか別れるか決断しないわけにはいきませんね。自分の結婚したい時期と合わないなら、他の人を探すことに目を向けてみましょう。

(2)結婚願望がない

「年下の学生の彼氏がいたんです。お互い学生なので、卒業したり就職するまでは結婚は無理だろうと覚悟していました。5年くらいなら待ってもいいかな、なんて思って。

でも、1年ほど付き合ったときに、彼氏にそもそも結婚願望がないことが発覚して唖然としちゃいました。一生独身でいたいし、子供もいらないし、自由でいたいと……」(21歳/学生)

学生同士のお付き合いでは結婚はまだまだ先のことだと、のんびり考える余裕もありますよね。でも一生結婚する気がないとなれば話は別ですね。

(3)社会人とのギャップ

「大学生の彼氏がいたんですけど、彼は大学院への進学を目指していました。結婚なんて全く考えられない状況でした。私は周囲の友達が結婚していって、結婚願望が高まっていた時期で……。

そんなときに学生生活を満喫している彼氏の余裕にイライラしてケンカが多くなって、別れちゃいました」(26歳/接客)

お互いの人生設計も大事ですよね。将来の夢が結婚の場合もあれば、憧れの仕事の場合も。2人の結婚に対する思いの差が表れてしまったようです。

(4)責任とれない

「私がアラサーになって、年齢を気にしだしたからか、年齢や結婚の話を彼氏が重く受け止めはじめちゃったんです。そして“俺には責任とれない”なんて言い出して。なんだか本気じゃないって言われている気分でした」(27歳/編集)

アラサーになると急に年齢が気になってしまうのは、あるあるです。そんな彼女の様子を敏感に察したのかもしれません。好きだけでは上手くいかないこともあるので、難しいところですね。

(5)仕事が好調で

「仕事にも慣れて上手くいきはじめ、さらに新しいビジネスをはじめるタイミングで年下の彼氏とはサヨナラしました。彼の面倒を見るほどの余裕がなくなってしまったんです。あと結婚するならやっぱりもっと頼りになる人がいいなって」(26歳/商社)

彼女の仕事が上手くいきはじめたタイミングで年下の彼氏が頼りなく感じてしまうこともあるようです。かわいい年下の彼氏との付き合いは楽しいものですが、結婚を考えたら「なんだか違う……」ということも。

 

3:年下彼氏に結婚を意識させる方法3つ

では、年下彼氏に結婚を意識させるにはどうしたらいいのでしょうか? 成功例をのぞき見ッ!

(1)彼氏について行っちゃう

「年下の彼氏が上京するタイミングで、彼氏について行く形で私も上京しました。家賃も高かったので、そのまま勢いで彼氏の家に同棲させてもらったんです。そしたら両親に挨拶、結婚へとんとん拍子に進みました」(25歳/IT)

上京や転職などのタイミングは男性にとっても人生の転機です。そのタイミングで同棲もはじめたことで、彼氏にも責任感が出てきたのでしょう。年下の彼氏が大人になる瞬間を見逃さずにッ!

(2)周囲から固める

「彼氏の実家に遊びに行ったときに、お母さんたちと仲良くなりました。その後、結婚したいという私の気持ちもわかってくれて、心強い味方に! 彼氏にも結婚のプレッシャーをかけてくれて、結婚の決意をしてくれました」(36歳/主婦)

彼氏のお母さんを味方に! 彼氏の家族や友人などの周囲を味方につけ、「彼女を幸せにしなきゃ……」と決意してもらうのもアリ。とくにお母さんの影響力は大きいようです。

(3)結婚or別れ

「そろそろ年齢的にも結婚したいと考えていたので、勇気をもって結婚するか別れるか、どちらかに決めてほしいと彼氏に迫っちゃいました。

そしたら結婚を選んでくれました。一か八かでしたが、成功してよかった!」(34歳/接客)

なかなか勇気のいる提案ですね。相手に結婚願望がないなら、別れるという決断もときには必要なこともあるのかもしれません。上手くいってよかった!

 

4:まとめ

年下彼氏でも、結婚を決意してくれる可能性は十分にあります。

上手にタイミングをつかめるといいですね。ただし、焦りすぎは禁物! いつまでなら待てるのか、自分の気持ちの整理をしておくといいかもしれませんよ。