略奪完全マニュアル!彼氏持ちの女性を狙う男性の落としテク

「好きになった子が彼氏持ちだった……」そんなとき、男性のみなさんは諦めますか? それともアプローチをかけますか? また、彼氏はいるけど気になる男性が現れたら、女子はどうするのか!? 今回は略奪完全マニュアル! 彼氏持ちの女性を狙う男性の落としテクをご紹介!

1:彼氏持ち女性はモテる?好きになってしまう男性は多数

女性を美しくするのが恋。

恋をしている女性は、キラキラと輝いて見えます。

彼氏がいると気持ちにも余裕ができて、女性としての魅力もアップ⁉

結果として、彼氏持ち女性は、知らない間にモテていることが多いです。

(1)思わず好き避けする男性いませんか?

「彼氏持ちだけど、この子すごくタイプかも!」。そんな風に、自分の好意に気付いてしまった男性は、2パターンの行動に出ます。

ひとつ目は、彼氏がいても関係なく、ガンガンアプローチする肉食系タイプ。

もうひとつは彼氏がいると、速攻で諦めてしまう草食系タイプ。

「彼氏がいる」とわかると、俄然燃えてしまう超肉食系がいる一方で、「好きだけど、これ以上好きになってはダメだから諦めなくちゃ」と、“好き避け”してしまう男性もいるのです。

(2)彼氏持ち女性に片思いしてしまった男性の心理

彼氏持ち女性に片思いしてしまったとき、男性はどんなことを思うのでしょうか?

タイプ別に紹介します。

1.恋愛対象除外タイプ

「彼氏がいる」という事実を知った時点で、すぐに諦めてしまうのがこの恋愛対象除外タイプ。

「彼氏がいる」と分かった瞬間、恋愛感情まで冷めてしまうのです。

特に、その彼氏が、自分には到底かなわない、ハイスペック彼氏だったりすると、とっとと次の恋探しに移ります。

これは、傷つく恋は極力避けたい草食系によく見られるパターンです。

2.ストックタイプ

「彼氏いるのか。じゃあ他の子を探しつつ、いいタイミングがあったらアプローチしよっと」

そう思って自分の中で「彼氏持ち女」をストックしちゃうのがこのタイプ。

そして、このタイプは、彼氏持ち女性が別れたと知った瞬間、猛アプローチをかけてきます。

しかし「脈なし」とわかった瞬間の引き際はアッサリ。見た目は草食で中身は肉食な、ロールキャベツ系男子によく見られるパターンです。

3.燃えちゃうタイプ

彼氏がいても、「彼氏いるの? どんなやつ? 俺のほうがいい男でしょ!」と、猛アプローチをかけちゃうのが、このタイプ。

超肉食系で自信家の彼らは、「彼氏がいても俺が好きなんだから、俺のところにきなよ!」と本気で思っています。

そんなハンター精神の強い彼らは、モテる上にスマートである場合が多いので、彼氏持ち女性のほうも、「あれ、彼氏より好きかも……」となり、いつの間にかコロッと略奪されてしまうことも多いのです。

4.あわよくば狙いタイプ

「彼氏いるのか~、じゃああわよくばセフレとか……」なんてゲスいことを考えてしまうのが、このタイプです。

彼氏の座を略奪しようとたくらむことはありませんが、身体の関係を狙っています。

このタイプはチャラチャラしていて、女性をアクセサリーのような感覚で見ていることも。

彼氏とうまくいっていないときにすっと入り込んできて、“あわよくば”の関係になったとして、逆に女性のほうが好きになってしまった!ということも大いにあります。

しかし! その時はもう手に入ったものだと感じ、「え? 俺は今の関係でいいけど」なんて言いだすことも。なので、女性のみなさんが、いちばん注意しなければならない心理パターンを持つ男性のタイプといえます。

 

2:略奪のチャンス?彼氏持ち女性の脈ありLINE5つ

「彼氏がいるから、絶対ほかの男の人に目移りしたらダメ!」という自制心を持つ女性も多いですが、意外と、「あわよくば、今の彼よりいい人がいたら乗り換えちゃう⁉」という、フットワークの軽さを持ち合わせている女性も……。

略奪のチャンスはLINEに表れます。

彼氏持ち女性の、「脈ありサンプル文例」を見ていきましょう。

(1)「休みはいつなの?」

略奪チャンス度 ★☆☆☆☆

略奪チャンスがちょっぴり見えてくるのが、この「休みはいつなの?」というワード。

興味のない人には絶対聞きませんし、どこかで「土日休みだったら会えるかも」なんて思っている可能性もあります。

返事で来る「○○ちゃんはいつ休みなの?」という会話から、食事に誘われ待ちしている可能性も大いにありえます。

(2)「彼氏が○○(愚痴)で……」

略奪チャンス度 ★☆☆☆☆

いちばんわかりやすい略奪チャンスは、彼氏持ち女性の愚痴が聞けたとき。

LINEによく表れます。このとき、いかに寄り添って話を聞けるかが今後の大きなポイントに。

(3)「ごはん連れてって~」

略奪チャンス度 ★★☆☆☆

上記(1)の流れから、「ごはん行こうよ~」と女子のほうから誘ってきたら、略奪チャンスが1UP!

ただ、この段階では、まだ「男友達として話を聞いてもらいたい」という可能性もあるので、略奪チャンス度は★2つ。

(3)「本当に彼女いないの?」

略奪チャンス度 ★★★☆☆

 

彼氏持ち女性がLINEで「“本当に”彼女いないの?」と聞いてきたら、かなり略奪チャンス度高し!

「彼女いないの~?」というワードに、「本当に」を付け加えることで、ぐっと脈あり度が上がります。

どこかであなたに女の影を疑っていたり、もしかしたら私のことが好きなのかな?と勘付き始めたタイミングで聞くことが多く、自分が彼氏とあまりうまくいっていないタイミングであればあるほど、「○○君彼女いないのか……」とちょっぴり嬉しくなっちゃってるケースです。

(5)「○○君と行きたい」

略奪チャンス度 ★★★★☆

超略奪チャンスは「○○君と行きたい!」というワード。

「ごはんいこう」というワード自体は、男友達にも普通に使いますが、「○○君と行きたい!」という言葉には「○○君だから一緒に行きたい」という意味を含んでいます。

彼氏とじゃなくて、あなたと行きたがる意味を……考えてみてください。

 

3:成功した男子に聞く!彼氏持ち女性の誘い方と落としテク7つ

お待ちかね! 彼氏持ち女性の誘い方と落しテクを、実際に略奪に成功した男子から教えてもらいましょう。

(1)彼氏の愚痴をとことん聞く→食事へ

王道の略奪ルートとしていちばん多いのが、愚痴をとことん聞いて女性に共感し、そのまま食事の流れに持っていく……というパターン。

ここで重要なのは、「しっかりと彼女の話を聞いて寄り添うこと」なのだとか。

決して「君のこういうところが悪い」という否定はしないこと。

それが略奪の第一歩です♡

(2)「可愛いよ」「素敵だよ」ひたすら褒める

彼氏に不満を持っている女性は、マンネリ化などの理由でラブが足りていません。

そんなとき、略奪に燃える男子は、ひたすら女性の喜ぶ言葉をかけ続けるのだとか。

そうすることで「居心地の良さ」を提供するんですね。

(3)「なんかあったらいつでも味方だよ」と寄り添う

上記(1)が当たり前になってきたら、「いつでも味方」「いちばんに相談してね」と、女性にとっての「いちばんの理解者であるアピール」をするのも、略奪に大事な要素。

彼氏を超えるためには、「居心地の良さ」に加えて、彼氏持ち女性に「頼りがいのあるところ」を感じさせる必要があるんですね。

(4)自信家アピールをする

精神的にまいってるときなどに、「なんか悩んでるの?話聞くよ」「俺だったら解決できるかも!」なんていう、自信満々のお誘いにキュンとしてしまう女性は多いですよね。

そうやって、どんどん女性のナイーブな部分に入り込み、略奪のときを狙うのです。

(5)したたかな略奪策士になる

「略奪はあまりよくないことだ」という世間の風潮もありますから、ド直球ストレートだと周囲から「クズ」との批判を受ける場合も。彼氏持ち女性本人から、白い目で見られることもありますよね。だから当然、略奪のためには策士にならないといけません。

「次はこうしてああして……と、恋愛コラムを読んで勉強するくらいの努力が必要」なのだそう。

 

4:彼氏持ち女性が思わずOKしてしまう告白の仕方3つ

(1)愚痴を聞いて「なんかあったらいちばんにそばにいたい」

ストレートに「なんかあったらいちばんにそばにいたい」と、自分の意思を伝える告白はグッときてしまうもの。

「好きで支えたい」という気持ちが伝われば、「この人なら……」という気持ちになる女性が多いのです。

(2)ド直球ストレート!「秘密で付き合おう」

これは実際に過去に筆者に届いたことのある衝撃LINE。

そのころは彼氏とラブラブだったので、ソッコーで断りましたが、もし、彼氏をうまくいっていないタイミングでこのLINEが来たら……。あなたなら、どう思いますか?

もしかしたら「経験」としてあり!?なんて、よからぬことを考えてしまう女子もいるのではないでしょうか?

しかしこれは略奪ではなく浮気!

最悪な結末を招きかねません。

だけれど、彼氏持ち女性を射止めるためなら手段は問わない!なんていう男子は、試す価値があるのかもしれませんね……。

(3)「俺だったら泣かせたりしない」

そして彼氏持ち女性にグサッとささるフレーズはやっぱりこれ!

「俺だったら泣かせたりしない」。

彼氏に不満があるときなどに、これを言われると、キュン♡です。略奪恋愛における、いちばん多い告白と言ってもいいですよね。

 

5:告白後の彼女の元カレはどうする?

ここまでは彼氏持ち女性を略奪する方法をご紹介しましたが、そもそも論で、みなさんは「略奪愛」に対してどんなイメージを持つでしょうか?

筆者は「恋は落ちるもの」なので、しょうがないことだと思ってしまいます。

もちろん相手や自分に家庭があって、ふたりだけの問題で済まない場合は、相当な覚悟が必要ですが、自由恋愛ができる男と女の1対1の関係なら、それなりの「覚悟」をもって略奪チャンスを狙ってみるのもありかもしれません。

とはいえ、略奪愛は普通の恋愛よりも壁が多く、つらいことも多いですよね。

さらに略奪で始まった恋は長続きしないケースが多いのも事実。

彼氏持ち女性への告白後や略奪成功後に、相手の彼氏が激高して詰め寄ってくる場合だってありえます。

だけれど、そこも「覚悟」を持って、事実を伝える必要があります。

「そんなことしたら元カレがかわいそう……」なんて思ってしまう男性は、最初から略奪愛には手を出さないこと!

「割り切り」と「覚悟」と「自分にとって、彼女にとって最善の選択だ」という自信も持つことが必要です。

誰も傷つかない恋なんて存在しないのですから。