LINEがそっけない!会うと優しいのにそっけないLINEを送る心理と返し方8つ

会うと優しいのにLINEはそっけない……という男性に悩んだ経験ありませんか? 一体なぜなのでしょうか。もしかして浮気している、体調が悪い、まさか私のこと飽きたのかな……なんて疑問はつきませんね。そこで、そっけないLINEを送る心理を探っていきます。また、そんな男性へのLINEの返し方も5パターンご紹介しますので、参考にしてみてくださね。

1:LINEの返しがそっけない人いますよね

LINEの返しがそっけない人、あなたの身近にもいませんか? たったひと言「了解」、「はい」なんて返事だけということも。

せっかくかわいい絵文字をつけて、顔文字を考えて、長めのLINEを送っても返事がそっけないんですよね……。

せめてもう少し優しい返事をくれてもいいんじゃない?とイライラしたり、悲しんでしまいがち。そっけないLINEの返しにはどう対応すべきなのでしょうか?

 

2:正解は?そっけないLINEへの返し方5パターン

好きな相手からなら、そっけないLINEでも話題を膨らませたり、仲良くなったりしたいもの。モテ女子たちに聞いた「そっけないLINEへの返し方」を5パターンご紹介します。

(1)自分のペースを乱さない

「いつでも誰に送るLINEでも同じくらいのハイテンションで丁寧なメッセージを送っています。そっけない返事の人にも同じ。相手のそっけないLINEにつられて冷たくならない方がお互い気持ち良いと思います」(27歳/事務)

相手からの返事がそっけないと、なんだか自分だけ丁寧なLINEを送るのが嫌になってしまうこともあります。でも、そこでつられないように注意が必要なようです。自分のペースを大切にしましょう。

(2)気にしない

「そっけないLINEの返事でへこんでいたら、時間がもったいないと思います。いくら考えても相手の本心はわからないことが多いので、気にしません。

どうしても気になるときや、相手が彼氏なら会ったときに面と向かって理由を聞きます」(27歳/IT)

あれこれと悩んだり、想像しても相手の気持ちを知るのは難しいですよね。気にしないというもアリかも!

(3)お互い様

「相手がそっけないLINEを送ってくるなら、こちらはスタンプ程度の返事で十分。時間がないのはお互い様なので。そっけないLINEでも要点が伝わればいいと思う」(24歳/学生)

お互い様、というのは納得です。用事だけ伝えたい場合は、そっけない相手の方が楽かも?

(4)ちょっと拗ねているアピール

「そっけないLINEが続いたときは、ちょっと拗ねている風や悲しんでいる風のスタンプを文章の前後に入れたりします(笑)。

もっとかまって!なんて言葉で言うのは恥ずかしいですが、スタンプならかわいく伝えられるかなと……」(26歳/事務)

拗ねているスタンプ、かわいいですね! 言葉で言いづらいことをマイルドに伝えてくれるスタンプはありがたい。

(5)時間を置く

「単純に忙しいときや不機嫌なときってあると思うんです。だから、そっけないときはタイミングが悪いのかもと思います。なので時間を置いてから返事します」(25歳/人材)

たしかに! タイミングが悪いばっかりにそっけない返事をしてしまった経験は筆者にもあります。時間を置いてみると反応が変わるかも。

 

3:会うと優しいのに!? LINEでそっけない返事を送る心理3つ

では、そもそも一体なぜLINEでそっけない返事を送ってくるのでしょうか。会っているときには優しくてもLINEだとそっけない……なんてこともあるようです。

その本音を聞いてみました!

(1)LINEが苦手

「そもそもLINE自体が苦手。何を話せばいいかもわからないし、ずっと続いて面倒くさい。男同士だとLINEの既読無視も日常茶飯事。でも女性には申し訳ないから頑張って返事を送ります。でも、苦手なのでそっけない返事になりがちです」(27歳/電気系)

そもそもLINEが苦手なら仕方がないような気もしますね。そっけない返事は冷たいのではなく、彼なりに頑張った結果なのかもしれませんね。

(2)面倒くさい

「相手によっては面倒くささが優先して、そっけない返事になってしまいます。文章を打つのも面倒ですし、返信の内容を考えるのも面倒で……」(29歳/専門職)

面倒くさい、という理由もあるんですね。相手のことが嫌いというわけではなくとも、面倒という感情はあるそうです。LINEの返事を考えるのに気を遣ってしまうんですね。

(3)LINEを終わらせたい

「いつまでもLINEを続けたがる人には、あえてそっけない返事を送ります。そっけない返事を続けていれば、相手も気持ちを察してくれることが多いです。傷つけずにLINEを終わらせるには良い手段だと思う」(28歳/医者)

LINEを終わらせたくてわざと、そっけない返事をしているなんてショックですね。相手の時間を奪ってしまうこともあるので、適度な頻度を心がけると良さそうです。

 

4:LINEがそっけなくても気にしない!

LINEがそっけないとへこんでしまったり、嫌われてしまったのかもなんてネガティブなことを考えてしまうこともあります。でも、面倒だったり苦手だったりと相手自信に原因があることも。そのため、実はあまり気にしなくてもいいのかもしれません!

実際に会ったときの態度の方をしっかりと信じましょう。

 

LINEで盛り上がれる人がいい! ならばオススメのマッチングサービス6選|PR

LINEがそっけない人に「気にしないで」と言われても、気になってしまうのだって女心。

「もっと熱いLINEをバシバシ送ってくれる人がいい……」と不満に思うなら、今のお相手ではない人を探してみるのが近道です。

マッチングサービスには、自分と同じ温度でLINEをしたがっている相手もザクザクいるかも!

 

(1)Omiai

おすすめのユーザーが送られてきて、そこに「いいね」をすることでチャットを開始できるのが『』 。

Facebookでの認証を利用しているので、安全性も確保できるうえ、気軽に登録することができるので、仕事で忙しくても出会いのチャンスがあります。

また、厳戒な監視体制も謳っていて、安全面も十分にサポート。怪しいユーザーは強制退会させられます。


 

(2)youbride

結婚への意欲が高い人が多い印象なのが『』。約6割が3ヶ月以内に相手を見つけているという驚きの成婚率を誇っています。

mixiが運営しており、安全性も高いと評判です。

普段出会うことができないような人との出会いも期待できるので、婚活を真剣に考えている人におすすめです。

 

 

(3)with

恋愛メンタリストDaiGoが監修することで話題の婚活サービスが『』。性格分析をもとに、自分と相性のいい人や共通点が多い人と出会うことができます。

「今までつきあった彼が気が合わなくてつらかった……」なんていう人は、性格分析に頼ってみるのもアリ!

「サクラゼロ宣言」を掲げているので、マッチングサービスは初めてという人も真剣な恋愛を求めている人も、安心して始めることができそう。

 

 

(4)Matchbook(マッチブック)

リクルートグループの運営で、『Ray』や『mina』など多くの女性誌も掲載されている安心の大手マッチングサービス『』。

Facebookユーザーのみ利用可能で、しっかり安全性も確保。しかもFacebook上に投稿される恐れもないので、周りに知られずに簡単に利用できます。

サイトの理念に共感した有名大学のミス&ミスター100人が登録しているので、年下彼氏狙いのあなたは、イケメン彼氏と出会えるチャンスがあるかも……!

 

 

(5)タップル誕生

サイバーエージェントグループが運営する『』は、完全匿名で始められる恋活サービス。

気軽に始めることができるのが人気で、毎日4,500人が登録しているのだとか。「結婚よりもまずは恋愛がしたい!」という人におすすめのマッチングサービスです。

趣味や自分が興味のあることを選んで相手を探すので、共通の話題で盛り上がることができます。

 

 

(6)ゼクシィ縁結び

こちらは、結婚情報誌で有名な「ゼクシィ」が運営している、知名度・安心感抜群の大手婚活サービス『』。「つきあうなら結婚を意識したおつきあいをしたい!」という人におすすめです。

会員登録や基本機能は無料。相手とのメッセージのやりとりを継続的にしたいとなったら、男女ともに有料会員登録への切り替えが必要となります。

そのぶんコンシェルジュがデートの場所や日時などを調整する機能、出会うためのイベントや、婚活のプロに相談できるカウンターなど、トータルサポートが充実!

 



В интеренете нашел популярный веб портал со статьями про мицубиси www.mitsubishi.niko.ua