【イラスト付き】キス顔ブスになってない?男が喜ぶキス顔の作り方6選

自分のキス顔を鏡で確認したことはありますか? 自分ではドラマのような美しいキスをしているつもりでも、実はキス顔ブスだった!ということは多いんです! 今回はキス顔ブスになってない?男が喜ぶキス顔の作り方をご紹介!

1:キス顔文字みたいな「おブスなキス顔」になってない?

キス顔文字は「(^ε^)-☆Chu!!」このように唇が特徴的。

顔文字にすると可愛いのですが、実際こんな風に唇をとんがらせてしまうと不自然で不細工。

「チューッ」と唇をとんがらせてキスをねだるのは可愛いのですが、ロマンチックなシチュエーションで顔文字のようなキス顔をしてしまうとかなりの確率でキス顔ブスになってしまうんですよね……。

みなさんは自分のキス顔を見たことがありますか? 自分がキスしているときの顔は実際に見ることができませんよね。自分ではドラマのような美しいキス顔をしていると思いきや……!?

意外とキス顔ブスになっている人って多いんです。目の前に彼がいると思って一度鏡の前でキス顔を確認してみてください……。

え? 思っていた以上にキス顔ブスッ!?

 

2:キス顔ブスって?男がドン引く残念なキス顔の特徴5つ

それではまず、そんなキス顔ブスの特徴をご紹介しましょう。あなたはこんなキス顔になってない!?

(1)唇がとんがっている

先述した通り一番やりがちなキス顔ブスといえば、唇をとんがらせてしまうこと。

おねだりのチューでふざけてとんがらせるのはアリですが、いざ彼と唇が触れるか触れないかのタイミングでのとんがった唇はとっても不細工に見えるのです。

鏡の前で一度キス直前の自分の顔をチェックしてみて。あくまで唇をとがらすのは「ねえ~チュー」なんて彼におねだりするときの“あどない表情”にとどめておきましょう。

(2)薄く目を開けている

「キス中の彼に表情が見たいっ!」と言ってずっと薄目を開けてしまうのも不細工ポイントに。

少女漫画では薄目を開き、彼の表情に顔を赤らめるヒロインの姿がよく描かれていますが、現実はそう甘くない。薄目はブスなのです。キスをしているときの表情って、女子よりも男子のほうがしっかりと見ています。

彼も薄目であなたの表情を見ていますから、お互いキス顔ブスになりがち。

(3)うっとりして鼻の下が伸びたり口が半開き

彼とのロマンチックなシチュエーションに思わず鼻の下が伸びてしまった、口元が緩んでしまった、という人もいるかもしれませんが、だらしない顔に見えてしまいます。

うっとりとしてしまって、完全にリラックスモードに突入した表情になっちゃうのは仕方がないこと。ですが、あまりにも気が抜けたような表情はキス顔ブスの原因に。

少し微笑む程度に口角をやや挙げて、鼻の下が伸びないようにしたいもの。

(4)口を大きく開けすぎている

激しめのディープキスになると興奮して口を大きく開けすぎてしまったという人も。先述した通り、男子はキスをしている女子の表情をよく観察しています。

がっつくように大きく口を開けて舌を絡ませようとする女子にドン引き……ということもあるのです。

むさぼるような表情はキス顔ブス。激しめのキスも口はやや開けで!

(5)舌を出す

彼がフレンチキスがしたいのかディープキスがしたいのかわからない段階で舌を出している表情もブスになりがち。

彼がフレンチキスをしようとしていたのに、舌を入れようとして出してしまうと見方によっては「あっかんべー」の表情に見えます。最初から激しめのキスをするシチュエーションはそう多くはないもの。

お互いの様子を見ながら激しめのキスに移行できるようにしましょうね。

(6)肌が荒れている

表情以外でもキス顔ブスになってしまう原因がこの「肌荒れ」。

彼とのキスは接近戦。あなたの肌を至近距離で見ることになります。デート中の距離感ではコンシーラで隠せていたニキビだってキスの距離ではバレバレ。

普段からのケアをしっかりしていないと「いざ! キス!」というタイミングで「思っていた以上に肌荒れしてんな……」と彼から幻滅されてしまうことも……。

 

3:胸キュン!男が「可愛い」と思うキス顔の作り方5つ

それでは、どんな表情をすればキス顔美人? 「可愛い」と思うキス顔の作り方をご紹介!

(1)唇をとがらせない

ぷるっとした唇はグロスで作る!あくまで自然体

これが「可愛い」と言われるキス顔の必須条件! まずは唇をとがらせたい気持ちを我慢して「キス待ち」してみましょう。

唇をとがらせない「無表情」のほうがキス顔ブスにならなくて済むのです。よく「寝起きの彼女が可愛くて思わずキスをしてしまった」という男子は多いもの。

作られていない無防備さが「可愛い」キス顔には必要なのかも。

(2)顎を少し引いて上目遣い

唇をとがらせない代わりに、キスをするときに少し顎を引いて上目遣いで彼を見てみましょう。

顎を引くと必然的にやや上目遣いができるようになります。少しキスはしづらい体勢ではあるものの、女子のかわいく見える角度であるのは確かです。

やや上目遣いで見てからそっと目を閉じて。薄目は絶対にNGですよ!

(3)下唇を噛んでおねだり

女優の有村架純さんの緊張したときの癖が「下唇を噛んでしまうこと」。TVのバラエティで見せたその表情にキュンとしてしまった人も多いはず。

キス前にやや下唇を噛んで緊張して見せるような表情にドキッとしてしまう男子は多いのです。唇をとがらせてのおねだりよりも下唇を噛んで「キスして」という方が可愛く見えちゃうかも!?

(4)口角を少し上げる

先述したようにキス中、うっとりしすぎて鼻の下が伸びてしまうと一瞬でキス顔不細工に。キスには浸りたいところですが、ちょっぴり女優になった気分で気持ちもちやや口角を上げてみて。

そうすることでうっとりブス顔を防ぐことができます。女優さんのキスシーンで、うっとりした表情を見せつつきれいなのはこの「口角」がやや上がって微笑んでいるように見える表情であることが特徴です。

(5)リップでしっかりケアした唇で!

全体の表情というよりも唇のみの話にはなりますが、やっぱり「キスしたい!」と思う唇はぷるんとしています。

かさかさの唇はそれだけでキス顔が不細工に見えてしまう原因にもなるのです。特に冬の乾燥しがちな時期の唇ケアはマスト!

(6)まつげメイクはしっかりと!

目を閉じた状態でいかにかわいく見えるかどうかのカギを握るのは「まつげ」。

目を閉じたときのくるんとして長いまつげにどきっとする男子は多いのです。
そのため、「外れかけのつけまつげ」や「ほとんどぬけおちたマツエク」はかなりポイントダウン。

外れかけたつけまつげが気になったら彼がキスに集中できないことも。「まつげ、外れてるよ……」なんて言われるのは恥ずかしすぎ!

 

4:文字でもチュ!可愛いキスの顔文字5つ

彼とラブラブLINEのやりとりでもよく使うキス顔文字。LINEで使える可愛いキスの顔文字をご紹介します

(1)ヽ(〃^・^〃)ノ チュッ♪

一瞬のキスを想像させるこちらの絵文字は「いってらっしゃいヽ(〃^・^〃)ノ チュッ♪」と使っても可愛いかも。普段使いができる可愛い顔文字です。

(2)ヽ(○´3`)ノ

スタンダードなこちらの顔文字も唇がとても可愛いです。頬を赤らめているように見えるので新鮮さたっぷりの付き合いたてカカップルにぴったり!

(3)奪チュ━ヾ(゚з゚*)ノ━ノッ!!!!

ちょっぴり攻めたこの顔文字もたまには刺激的でいいかも!? どんなタイミングで使うかは想像できませんが……。

(4)ヾ(☆´3`)ノシ⌒chu♪

少し懐かしさを感じるこちらの顔文字。“ノシ”は“さよなら”という意味でよく使われますよね。「おやすみ」「またね」というタイミングで使えそうです。

(5)人ゝε・*)CHU^☆

ウィンク付きの「キス」はとっても可愛い! 女子にぜひ使ってほしい顔文字です。

普段、顔文字を使う人は少ないかもしれませんが、たまに彼へ「キス顔文字」を使ってみるのもありかもしれません。とはいえ「ダサい」と思われることもあるので多用にはご注意を!

 

5:まとめ

こんな美しいキスがしたいですよね!

いかがでしたか? 今回はキス顔ブスの特徴から、男が「可愛い」と思うキス顔をご紹介しました。自分のキス顔は普段見ることができませんよね。

この機会に一度、鏡の前でキス顔シミュレーションをしてみてもいいかも。「思っていた以上にブス!」なんて展開は避けたいもの。

鏡に映ったあなたのキス顔。

……キス顔ブスになってない?

 



У нашей компании важный web-сайт , он рассказывает про renault koleos http://renault.niko.ua