激しい?ない?彼氏のスキンシップに隠された心理とは

彼氏のスキンシップって激しいですか? それとも普通? もしかしたら彼氏がスキンシップをしてくれなくて不安になっているという女性もいるかもしれません。スキンシップをするorしない男性の心理ってどんなものなのでしょうか? 実際に男性たちに本音を聞いてみましたよ。

1:彼氏のスキンシップに満足してる?

彼氏からのスキンシップってどのくらいありますか?

付き合って間もないころは、恋をしていることに舞い上がって、会っている時間はずっとスキンシップしてくれた彼。でも、付き合いが長くなってくるにしたがって、スキンシップが減少……。そんな彼を寂しく思っている人もいるのではないでしょうか?

または、最初からあまりスキンシップが得意でない彼氏と付き合っていて、不満が蓄積してしまっているという人もいるかもしれません。

今回は、スキンシップが激しい彼氏と全然ない彼氏の心に隠された、心理や本音を探ってみます。

 

2:彼氏のスキンシップが激しい!スキンシップに隠れた彼の心理5つ

まずはスキンシップが激しい彼の心理についてです。なぜ激しくスキンシップをしたがるのでしょうか? 激しいスキンシップが好きな男性たちの生の声を集めてみました。

(1)寂しがり屋

「そりゃあ、寂しいからでしょう! 好きな人が近くにいるなら、ずっと触ってたいって気持ちになるは普通だと思ってました。もしかしてそんなに普段からベタベタしたりしない男性って、スキンシップが好きじゃないとかあるんですか? 信じられないな。でもとにかく寂しくて触ってると温度を感じられて気持ちいいからです」(Gさん/30歳)

スキンシップの理由を考えると、まず思いつくのは寂しいからというものではないでしょうか? 子どもはいつでもお母さんやお父さんと手をつなぎたがります。あれと同じで、寂しがり屋の男性は、いつでも彼女がそばにいるときには彼女に触れていたいと考えるのです。

(2)自信がない

「僕、自分に自信がないのを自覚してて、自分には魅力もないしって思ってるんです。だから、彼女になってくれても相手の女性が本当に自分のことをずっと好きでいてくれるのかな?って不安があるんです。

スキンシップをしているときだけは、そういう感情を考えなくても済むからいつもスキンシップを求めちゃうんだと思います。特に激しいスキンシップがしたくなるときは、“ずっと僕のそばにいて”って気持ちが強いことが多いです」(Oさん/26歳)

自信がない男性も、彼女に触れていることで、安心しようとする傾向があります。彼女が自分のことを好きでいてくれるのかに自信が持てないため、近くにいると確認して安心したいのです。

こういう男性は、スキンシップしている間だけは、あなたのことを自分のものだと感じられるので、エッチも自然と多くなりがちです。

(3)独占欲が強い

「男が激しいスキンシップを求めるのは、独占したいって気持ちが強いからじゃないかなぁ。俺は彼女には自分のことだけ見てろっていう意味も込めて抱きしめたりするときも強めにするから。

それに彼女がほかの男のこととか話してると、イライラしてきちゃって、“なんで別の男のことで笑ってんだよ”って気持ちから強いスキンシップに出ることもありますね。

まぁ、本能的なものだから仕方ないって思ってるけど、独占欲とか嫉妬から、激しいスキンシップになることは、男なら誰でも経験してると思いますよ」(Yさん/29歳)

「独占欲からスキンシップが激しくなる」という男性もいます。独占欲とは相手を自分の思い通りにしたいという欲のこと。ちょっと乱暴なくらいのスキンシップをしてくる彼氏なら、あなたのことを試している可能性もあります。自分の方が強いということを誇示して、相手を支配したいという欲求があるのです。

(4)心配性

「あんまり女性経験は豊富じゃない方なのと、元カノにいきなり“あなたのことを男性として見られなくなった”って振られたトラウマがあるんです。だから、スキンシップを激しくして相手を引き留めておこうって気持ちが働くんだと思います。

特に元カノに振られたのはショックが本当に大きかったので、しばらく立ち直れなかったんですよ。そこからしばらくひとりで“男として見られるにはどうしたら良いのか”を考え続けていた時期もあって。そこでもっと荒々しい姿も見せた方が良いんじゃないかって思ったのも、スキンシップが激しくなった原因のひとつだと思います。

振られたトラウマと、普段の心配性が重なった結果じゃないですかね? でも、今のところ今カノには、“○○君って男らしいね”って言われてるから、作戦は成功してると思ってます」(Sさん/25歳)

Sさんの場合は、元カノに振られたことのトラウマから、元々あった心配性の気持ちが強くなってしまったようですね。

「自信がない」というのと繋がるところでもありますが、何をするにも慎重で、いつも心配ばかりしている男性は、「彼女がいつかいなくなってしまうのではないか?」という心配を常にしています。彼女の方に離れる気がまったくなくても、心配でたまらないのです。

彼女が少しでもほかの男性の話をしたりすると、その男性のところへ行ってしまうのではないか……などと心配するので、余計にスキンシップや束縛が強くなる傾向が出るでしょう。

(5)愛情深い

「スキンシップが激しくなる理由ですか? それは彼女のことを“可愛いー”って思うからですよ。可愛くて食べちゃいたいとか思うと、自分で考えているより力がこもっちゃって、彼女に“痛いよ”って言われることもありますけど(笑)。

スキンシップは愛情表現だと思っているので、激しければ激しいほど彼女も喜んでくれるものだと思ってました」(Nさん/27歳)

「僕はエッチな気持ちが人より強い方みたいで。そのせいか、スキンシップも、ほかの男性より激しめらしいです。自分では普通にしているつもりなんですけど……。今までの彼女みんなに、“スキンシップ多いよね”とか、“スキンシップ激しいよね”って言われていました。

まぁ別に、彼女たちが嫌がっていた様子もないから、変える必要はないかなって思ってるけど。女の人ってちょっと強めの力でエッチのときに押さえつけたりすると、すごくいい表情するから、本能的に強い男には弱いんじゃないかな?」(Kさん/31歳)

スキンシップは愛情を確かめる行動。なので、彼女のことが好きでたまらなくなればなるほど、スキンシップは激しいものになります。この場合のスキンシップは、たいていがエッチという形に発展するもの。

女性は、スキンシップの延長に、必ずしもエッチが入らない人も多いですが、「男性は女性よりもスキンシップとエッチが密接に関係している」と考えておくとわかりやすいですよ。

 

3:スキンシップがない彼氏の本音と対処法3つ

逆にスキンシップがない彼氏って何を考えているのでしょう? そして、その場合どうしたらスキンシップをしてくれるのでしょうか?

(1)恥ずかしいだけ

「僕の場合はスキンシップを自分からするのが恥ずかしくて。なかなか彼女に触れたりとかできないんです。スキンシップは嫌いじゃないですし、むしろたくさんしたいので、彼女の方からスキンシップをしてくれると喜んで応じます」(Mさん/31歳)

スキンシップが恥ずかしくて、自分からはできないという男性は意外と多いもの。彼がスキンシップをしてくれないなら、まずはあなたからしてみましょう。嫌がるそぶりを見せなければ、彼はただ照れているだけです。

(2)どうしたら良いかわからない

「女性経験が少なくて、今の彼女がふたり目なんです。だから、どうやってスキンシップをすれば良いのかわからないっていうのが本音ですね。

キスも、どのタイミングですれば良いのかとか、誰も教えてくれないじゃないですか? 正直困っているだけなので、彼女に口に出して言ってもらえると助かります」(Aさん/22歳)

相手が女性慣れしていない場合は、スキンシップというものに慣れていなくて、どうすれば良いのかわからないという場合もあるようです。

以前、「初めて女性と付き合ったときには、女性の体が折れてしまいそうで、抱きしめるのも怖かった」と筆者の男友達が語っていました。女性に慣れていない彼には、言葉でリードしてあげるのが良いかも。

(3)スキンシップは苦手

「ちょっと潔癖なところがあるから、キスとかも実は苦手なんです。好きな子だから、できないってわけじゃないんですけど、濃厚なのはたまに嫌だなって感じたりとか。彼女と手をつないだときとかも、汗とかかくのが嫌だったりして……。

だからすぐにシャワーを浴びれる場所とかじゃないと、スキンシップってしないですね」(Uさん/28歳)

綺麗好きや潔癖の男性は、こんな風にスキンシップ自体を少し不潔なものと捉えてしまうことも。こういう彼氏と付き合ったら仕方がないので、お風呂の中でのスキンシップをたくさん楽しんだりするのがいいかもしれませんね。

そのうち彼もだんだん慣れてくれるかも?

 

4:彼氏とのスキンシップを大切に

スキンシップって愛情表現のひとつ。恋愛でマンネリを起こさないためにも大事ですよね。彼氏と心の距離が開いてしまわないためにも彼氏とのスキンシップは大切にしてくださいね!