「恋愛感情とは何か?」友情との違い、男女の違いを徹底検証!

「恋愛感情」って、みなさんはどんなときに使うことばですか? 「友情」との違いについて、わかっているようでわかっていない人もいるかも!? そこで今回は「恋愛感情とはなんぞや」を、一挙に検証していきましょう。

1:恋愛感情とは?

みなさんは「恋愛感情」ってことばを、どのくらい使っています?

「あの人、私に恋愛感情あるのかなぁ?」「私、もしかしたら隣の部署のアキラくんに恋愛感情抱いているかも」などのなにげない会話で、ちょこちょこと無意識に使っていることばでもあるかもしれません。

ちなみにこの機会にことばの意味を改めておさらいしておくと、「恋愛感情」とは、「恋愛」と「感情」が組み合わさって出来ていることばです。

まずは、それぞれのことばの意味をおさらい!

「恋愛」・・・特定の異性に特別の愛情を感じて恋い慕うこと。また、男女が互いにそのような感情をもつこと。

「感情」・・・物事に感じて起こる気持ち。外界の刺激の感覚や観念によって引き起こされる、ある対象に対する態度や価値づけ。快・不快、好き・嫌い、恐怖、怒りなど。

(出典:小学館デジタル大辞泉/小学館)

つまり、「恋愛感情」は「恋愛」+「感情」なので、特定の異性に対して抱く特別な恋い慕う気持ちが「恋愛感情」である言えます。

 

2:恋愛感情診断7つ…友情とはどう違う?

ここからは、恋愛感情診断をご紹介ッ!

友情とどう違うのか、“誰かさん”に抱いている感情が「恋愛感情」なのかを、診断でチェックしちゃいましょうッ!

それぞれの項目で、自分の気持ちに近いほうの選択肢に書かれた点数を足していくと、最後に診断がありますよ~。

(1)その人のことを考えるとどんな気持ちになる?

a.胸がドキドキする(2点)

b.胸がザワザワする(1点)

c.なんとも思わない(0点)

(2)その人と偶然どこかで会ったら、どんな気分になる?

a.もっと一緒に居たいと思う(2点)

b.なんとなく縁があると思う(1点)

c.見るだけでなんとなく不愉快になる(0点)

(3)その人からLINEが届いたらどうしてる?

a.何よりも優先して、速攻返信しちゃう(2点)

b.とりあえず既読後2時間以内には返信してる(1点)

c.既読スルーばかりしちゃってる(0点)

(4)その人と会うのがわかっている日の洋服ってどうしてる?

a.何日も前からいろんなコーデを考えている(2点)

b.その日に決めるけど「あーでもない」「こーでもない」と悩みまくる(1点)

c.適当に決めてる(0点)

(5)その人が自分以外の誰かと付き合っていると知ったら、どう思う?

a.すごく悲しいしショックだし怒りの感情も湧いてきそう(2点)

b.「よかったね!」と言えるし心からその人の幸せを願うと思う(1点)

c.なんとも思わない(0点)

(6)その人が自分のことを好きだと噂で聞いたらどう思う?

a.かなり嬉しい!(2点)

b.すぐに本人に確認しようと思う(1点)

c.ぶっちゃけ戸惑う(0点)

(7)その人が自分以外の人と結婚すると聞いたらどう思う?

a.ショックで夜も眠れないと思う(2点)

b.笑顔で心底から祝福できると思う(1点)

c.何も感じないと思う(0点)

 

さて、みなさんの合計点数は?

 

★10~14点・・・その感情はホンモノの恋愛感情!

合計点数が10~14点だった場合、その“誰かさん”に抱いている感情はホンモノの恋愛感情ですッ。

自分の気持ちに気づいてしまった以上、その気持ちを成就させるべく励んでください!

★5~9点・・・その感情は友情と恋愛感情のハザマにある複雑な感情!

合計点数が5~9点だった場合には、その“誰かさん”に抱いている感情は、友情とも恋愛感情とも言い切れない複雑な感情です。

ちょっと様子見して、自分の気持ちを探り続けてみてください。

★0~4点・・・その感情は正真正銘の友情ッ!

その誰かさんについて関心がある話題もあればない話題もあったということは、結局のところ、友情以上の感情は抱いていません。

ひと口に「友情」と言っても、親友レベルに大事なのかただの友人なのか、そのレベルはまちまち。どの程度の友情を感じているのか、自分自身に問いかけてみてくださいッ。

 

3:男性が恋愛感情をもつ瞬間5…男と女どう違う?

ここからは、男性が女性に恋愛感情を抱き始める瞬間に迫っていきます。日常のどんな瞬間に「恋に落ちる」男性が多いのでしょうか!? 筆者周辺の男性に聞いた意見を基に、多かった意見をパターン別にまとめてみました。

(1)会話をしていて「感性が合う!」と感じたとき

なにげない会話をしているシーンで、ふとした瞬間に相手に対し「感性が合う!」と感じること、ありますよねぇ。

男性には、そんなふうに感じた瞬間に、ビビッと恋に落ちる人も多いです。

「おっ。この子とは色々合いそうかも!」なんていきなり期待し始め、気づくと好きになっている流れも「あるある」。この辺は、女性でも同じことが言えるかも!

(2)ふとした表情が目に留まったとき

なんとも思っていなかった女子の“ふとした表情”が目に留まったときも、理屈じゃなく恋に落ちる男性が多い!

「あれ? この子、こんなに綺麗な顔だったんだ……」などとそのまま見惚れる男性も少なくなく、まるで雷に打たれるように恋愛感情を抱き始めるというわけです。

“見た目”に惹きつけられて恋愛感情が始まるパターンは、女性よりも男性のほうが多いかもしれませんね〜。

(3)自分だけに何かをしてくれたとき

男性って「自分だけに何かをしてくれる」という女性の行動に弱いです。

なので、みんなに同じことをするのではなく、例えば職場などで「自分だけに笑いかけてくれる」とか「自分だけにお菓子をくれた」とかの「あの子は自分だけに●●してくれた」によって恋愛感情を抱き始めてしまう男性って、かなりいます。

このあたりは女性でも同じことが言えますが、男性のほうが「俺だけにッ!」に深く感動する傾向は強いです。

(4)笑いかけてくれたとき

男性って、本当に女性の笑顔に弱いッ!

笑顔は女性における最大のモテ武器になるのは間違いなく、自分に笑いかけてくれた女性に対していきなり恋愛感情を抱き始める男性も、相当います。

ニコニコと笑いかけられたくらいで恋愛感情を抱いちゃうのは、女性よりも圧倒的に男性が多いです。

(5)誘われたとき

「ゴハンでもどうですか?」とか「ゴルフ行きませんか~」とかは、女性からすると友達にだって言いそうな誘い文句。でも、男性はこれらの“お誘い”をキッカケに「俺に気があるのかな?」なんて思い始めるポジティブな人が多いです。

「誘われる=自分に気がある」となるから、そこからソワソワとその女性のことが気になり出しちゃうんです。

 

4:賞味期限は3年以内?カレへの恋愛感情がなくなったときの対処法5

ところで「恋愛感情の賞味期限は3年」なんて説もあるだけに、交際しているカレへの恋愛感情がなくなってしまったときには、改善しようと努力する女性が多いはず。

そこで、そんなシチュエーションでの対処法を5つお届けします。

(1)「片思いだったら」と妄想してみる

交際しているカレは“手に入った相手”。その存在のありがたみが薄れてしまうのも、仕方のないこと。

そこで、交際しているカレではなく片思いの相手として妄想の世界でカレを見つめ直してみると「意外といいとこある」とか「思っているよりイケメンかも」など、客観的にいいところを再発見するキッカケが生まれます!

「彼のいいところ」を妄想の世界で再発見できれば、存在にありがたみが増し、恋愛感情再燃も狙いやすい!

(2)「誰かに略奪されたら」と妄想してみる

さらに、もしもカレを別の女に略奪されそうだとしたら……と妄想してみるのも、有効な方法。

ここで「取られたくないッ!」という気持ちが強くなれば、カレへの気持ちも復活しやすい!

反対に「誰かに略奪されたほうが別れやすいのに……」と思ってしまった場合には、残念ながら再燃不可能なほど冷めているのかも。

(3)好きなところを書き出してみる

カレの好きなところを紙に書き出す方法は、ベタながらも一度は試しておきたい方法です。

いいところをたくさん書き出して“魅力を見える化”すると、感情ではなく理屈で「やっぱ好きかも」と思えるかも!?

「頭で理解する方法」は、本来の恋愛のあり方とは異なるものの、なんとしても無理やりに気持ちを再燃させたいときには効果的です。

先ほどと同じく、ここでも「いいところ」がなかなか出てこない場合には、もはや修復不可能なほど気持ちが冷めていると判断することも可能です。

(4)会うのをやめてみる

気持ちが冷めた男女がやりがちな「距離を置いてみよう」は、カレへの感情を確かめるためには効率的な方法です。

いつもそばにいるからこそ嫌になっている可能性も否めないので、一度離れてみるのを通じて、自分の本心を確かめやすくなります。

(5)思い切って一度別れる

なにをどうしても気持ちが再燃しないなら、思い切って一度別れてみるのも対処法のひとつ。

別れてから「やっぱり好きだった!」と思えば復縁すればいいだけ。無理に付き合っていくよりもケジメをつけちゃったほうが、結果的に恋愛感情が再燃することになるかも⁉︎

 

5:恋愛感情って複雑…

今回は「恋愛感情」に迫ってきましたが、そもそも「恋愛感情」って、すごく複雑な感情のひとつです。

その感情の大小や“好き”の度合いも相手によって様々。ひと口に「恋愛感情」ということばでは表せないほど、いろんな気持ちが混ざり合っていることも多いと言えましょう。

「恋愛感情」って、本当に複雑!