お持ち帰りされたい女子のためのテク5選!彼をその気にさせる方法と成功談

男性との飲み会で「お持ち帰りされたい」と思ったことはありませんか? ワンナイトラブという言葉も一般的になってきました。恋愛のはじまり方も様々で、身体を重ね合わせてからお付き合いに発展するというパターンも珍しくありません。そこで今回は、性と恋愛のコラムニストである箱崎キョウコさん監修で、そのテクニックや成功談などをご紹介していきたいと思います。

1:「お持ち帰りされたい」と思うのはどんな瞬間?

「やっぱりお酒飲んだときかな。ほら、お酒飲むと開放的な気分になるでしょ? だからエッチしたいなって思っちゃう。もちろん誰でもいいってわけじゃなくて、タイプの人がいれば妄想とか膨らましちゃうかも」26歳/受付業務

「私は生理前。生理の前日とかはちょっとつらくなってくるんだけど3日前くらいは本当にピーク。そんなときにいちゃつくカップルとか見るともうね。手を繋いでるカップルを見るだけでも溜め息を漏らしたくなります」23歳/一般事務

 

2:お持ち帰りされたい!彼をその気にさせるテク5つ

(1)帰れないアピール

「お持ち帰りしたいと思う女性がいたら、なるべく話を盛り上げて終電を逃すように心がけます。定番ですね。だから逆に女性だったら終電を逃したって言えばお持ち帰りしてもらえるんじゃないかな。

わかりやすいから誘いやすいし。なにより男側の狙いとも一致してる」27歳/飲食店店長

お持ち帰りを狙っている男性がやる手だからこそ、その狙いに乗ろうという作戦! 帰る手段がないという口実があるからこそ、女性側が狙ってお持ち帰りをされたという感じもしません。

わかりやすくて声をかけやすいというのもポイントのようです。

(2)ボディタッチ

「ボディタッチはやっぱり効果がありますよ! 合コンだったら席替えとかすると思うので隣に来た人が身体を触ってきたら”おや?”と思うでしょ。

”手、おっきいね”っていって比べてきたり、酔ったフリして寄りかかってきたり。太ももを触りこられたらたまらないなあ」25歳/銀行員

女性の柔らかい肌触りを感じてついその気になってしまうという回答もありました! 寄りかかって髪の毛から香る石けんの匂いを嗅がせるというのも効果的でしょう。最後は太ももをせめてみては?

(3)頻繁に目を合わせる

「俺はあんまり王道な攻め方は好きじゃない。目を合わせてから慌ててそらしたりするような仕草の方が好意を感じる。店から出たタイミングで声をかけにいくよ。

2人にしかわからないから特別な感じがするし、奥手な感じがして好きだな。避けてる雰囲気がでると逆効果だけど」23歳/美容師

目を合わせるというアピールも効果的な様子! そのときは避けていると勘違いされないことがポイントのようです。

恥ずかしそうにうつむいてみたり、目が合った瞬間に笑顔になってみたり。逆に見つめ続けてみたりとその応用はいくらでもききます。目が合うというのは好意を伝える密かなメッセージのようです。

(4)「疲れちゃった」と伸びをして胸を強調

「2人とかで飲みにいくときってあるでしょ? 個室の居酒屋で飲んでて雰囲気ができてきた頃くらいかな。目の前で”ちょっと疲れちゃった”っていって伸びをされるとグッとくるね。胸が強調されるからエロいよね」21歳/営業

飲んでいる最中に疲れたフリをして伸びをしてみるのもテクニックのひとつのようです! 胸を強調するのがポイントのよう。そのときに手首をクロスさせてみてもいいかもしれません。拘束されているように見えて男性の想像力をかき立てるかも!?

(5)「飲んでみて?」と飲みかけのグラスを差し出す

「やっぱ間接キスっていうのは、ついつい意識しちゃうもんだよね。飲みかけのグラスを差し出してきて”おいしいから飲んでみる?”っていわれるとクラッとくるんだ。首を傾げる仕草も可愛いから、一緒にやってもらいたいね。今日は返さないぞ!」29歳/医者

飲みかけのグラスを差し出して間接キスを迫ってみるのもいいみたい! 梅酒やゆず酒などのちょっと甘めな口当たりのお酒で試してみるといいかもしれません。「ちょっとちょうだい?」とおねだりするのもテクニックのひとつでしょう。

 

3:お持ち帰りされちゃったエピソード4つ

(1)合コンでイケメンをひとり占め

「この前行った合コンで、ひとりだけ好みのイケメンがいて。髪の毛はパーマがかかってて、笑うと目が潰れてゆるい雰囲気がたまらないの。

でも、性格は草食系男子って感じで。だから、思い切って”なんて呼んだらいい?”って話しかけて。テーブルの下で足をつつくようないたずらしたり、”かっこいいね”って褒めたりとホント一生懸命やったんですよ。

店を出たところで、”一緒に帰ろうよ”って声かけて。そしたら駅のホームで”よかったら家にこない?”って。もうホント死ぬかと思った」20歳/大学生

(2)相席居酒屋で

「私の場合、出会いを求めて友達とよく利用するのが相席居酒屋なんです。その日はたまたま年下の人と相席になって、恋バナとかして盛り上がりましたね。そしたら、そのうちのひとりがラインのIDを渡してきて。

ちょっと照れた感じが可愛くて、勇気だしたんだろうなっていうのはわかりました。”飲み直す?”って聞いたら”2人でどうですか?”って。”じゃあエスコートしてね”っていって連れ出してもらいましたね」28歳/ブライダル関係

(3)会社の忘年会で抜け出して

「そのときは会社の忘年会で飲んでたんです。お酒が入ると上司とか部長って説教とかしがちだから、“今の若い奴らは根性がない”とか色々愚痴ってましたね。

まあ笑顔で聞いてたんですけど、でもしつこいから耐えられなくなってきて。2次会でも上司が来るっていうから最悪でしょ? そしたら仲の良かった会社の同僚が”抜け出さないか?”って。

うちで飲み直そうよって言ってくれて。誘われてるなってわかってたんですけど、なんかそのときの彼マジでカッコよかったんですよ。今日くらいいいかなって」24歳/一般事務

(4)同窓会で再会したクラスメイトと

「同窓会で再会したんです。久々だったから懐かしかった。昔はスポーツ万能で部活に汗流していたイメージでしたけど、眼鏡とかかけるようになっていました。

本を読んでいるみたいだったので、作家の話をしたのを覚えています。“誰が好き?”とか“あの小説は面白かった”とか、取り留めのない話が妙に心地よくて、”変わったね?”っていいました。

恥ずかしそうに笑って、“今でも子供だよ”って。雨が降っていたんですけど、”どっか行かない?”って誘われて、“本棚をみせてよ”って答えました」24歳/書店員

 

4: 雨に溶けるようなワンナイトの思い出を

いかがでしたか? 女性だってお持ち帰りされたいと思う日があったり、そう思えるような素敵な男性がいたりすることでしょう。

軽い女と思われたくないというのが女心だとは思いますが、素敵な恋を逃してしまってはもったいない。安売りをしなければ全然ありだと思います。色気も大人の女性の武器のひとつ。相手をしっかり見極めて使っていきましょう。