ネガティブな人といると疲れる…ネガティブな人の特徴と心理5つ

みなさんの周囲にネガティブな人はいますか? 人がネガティブになってしまう要因は様々で、人間関係や過去の経験によって誰だってなり得るものです。とはいえ上司や恋人など、日常生活で深くかかわる人がネガティブだとちょっと困ってしまうのも事実。そこで今回は、ネガティブな人の特徴や心理、ネガティブな人と話す際の注意点などをご紹介します。

1:ネガティブな人の心理って?

ネガティブな人は、人から受ける様々なアドバイスなどの言動を、自分への批判のように感じてしまう傾向があります。

たとえ相手はそのようなつもりがなかったとしても、ネガティブな人には責められているように感じてしまう。そのため、人に対して恐怖心を抱いてしまいオープンになりきれません。

このサイクルからはなかなか抜けることが難しく、小さなことでいつまでもクヨクヨしてしまったり、自分を好きになれなかったりと多くの弊害をもたらしてしまいます。

 

2:ネガティブな人の特徴5つ

(1)失敗が怖い

人から批判されることを非常に嫌がるのがネガティブな人の特徴です。失敗をすれば当然怒られたり批判されることもあるでしょう。でもそれは成長をする上で必要なこと。

「恐れるな」という方が無理な話ですが、恐れても前に進んでみることが、ネガティブな心をポジティブな方向にぐっと傾けてくれるものです。

(2)人に嫌われるのが怖い

誰しも自分以外の全員から好かれることはできません。理由もなく嫌われたり、どうしても相性が悪い人もいることでしょう。

でもそれは当たり前の事だと割り切ってしまうのがネガティブ脱出の鍵。

相手に対する気持ちは自分である程度コントロールできますが、相手からの自分に対する気持ちはコントロール不可能。相手の感じ方は相手にお任せするしかないのです。

(3)正直にものを言うことが出来ない

正直に言葉を発することは意外と難しいものです。時に環境がそうさせる場合もありますが、多くは自分の本心を知られることが怖いから。

でも本心で話さない会話に一体どんな意味があるのでしょうか?

正直にものを言うことは、時にトラブルを巻き起こすこともあります。ですが、それによってより自分を深く知ったり、賛同してくれる本当の友人を見つけられたりするものです。

(4)人の目が常に気になる

社会の中で生かされている私達。当然ルールは守らなければなりませんし、その中で仕事をしてお金を稼ぎ、食べていかなければなりません。

そのため、より有利な環境で生きるために、人に好かれることはとても大事なこと。でもそれが人生のすべてではありません。

他人は、様々な見方で人をジャッジしたり意見したりしますが、あくまでもそれは参考程度にとどめるべき。人の目よりも大切なものは常に自分の中にあるはずです。

(5)常に悩んでいる

悩んだり心配したりする材料は人生において事欠きません。でも、そのすべてを自分の頭の中にとどめておくことは非常に不健康な状態。

どうなるかわからない未来を案じて悩んでしまうことは誰にでもありますが、その悩みを抱えているだけでは解決できない場合がほとんど。それならいっそのこと、消し去ってしまうほうがより健全です。

 

3:ネガティブな人といると疲れる…ネガティブな人とのエピソード3つ

(1)後輩にあたる上司

「以前の上司がとってもネガティブな人だった。お客さんともうまく関係が築けなかったり同僚ともうまくいってなかったりして、その鬱憤を後輩の私にぶつけてきた。上司の一声で無駄な残業をさせられていた。」(元外資金融勤務Mさん30代)

ネガティブな人は、その性格ゆえ人間関係がうまくいかないというケースが見られます。

そんなとき、自分より弱い存在に対して憂さ晴らしをする人もいるのが困ったところ。こじれたコミュニケーションの一つです。

(2)悪い方にばかり考える彼女

「前付き合っていた彼女が超ネガティブ志向だった。少しLINEの返信が遅れただけで『もう好きじゃないの?』とか『好きじゃないなら早く教えて』とか本当にひどくて疲れた」(講師30代Nさん)

付き合っている人がネガティブだと、どうしても大きな影響を受けてしまうもの。安心させようとしても自らドツボにはまっていくため、手に負えません。

(3)ネガティブな男性観を押し付ける大学の友達

「会うたびに『最近幸せ?』と聞いてくるAちゃん。すごい綺麗なんだけど男運がなく、口癖は『男なんてさ……』だった。私に彼氏ができたとき『彼は遊びで浮気するタイプ? それとも浮気相手に本気になっちゃうタイプ?』と聞かれて引いた」(大学院生Yさん20代)

男性観は様々ですが、付き合いたての女性に言うにはあまりに寂しい言葉です。

 

4:ここに注意!ネガティブな人にかける言葉と対応法3つ

それでは、ネガティブな思考を持つ人に言葉がけをする際に、どんなことに気を付ければよいのでしょうか?

筆者はイメージコンサルタントの資格を持っているのですが、イメージコンサルティングを行う際にはアドバイスを行う相手の心理にとても重きを置きます。コンサルタントとしての心構えを基に、いくつかそのポイントをご紹介します。

(1)相手について断定しない

ネガティブな人は、相手から何かについて断定されてしまうと深く考えすぎてしまいがち。

「その色似合ってないよ! こっちのほうが絶対に合う!」

と似合う色を勧めてあげたつもりなのに、相手にとっては似合わないと言われた方に気持ちが行き過ぎてしまいます。ネガティブな人への断定的な言葉はできるだけ避けましょう。

(2)ポジティブになれと勧めない

ネガティブな人は好きでネガティブなわけではありません。思考回路の癖がそうさせているだけです。

そのため、「ポジティブになれ」と言われれば言われるほど、自分がダメな存在のような気がしてよりネガティブ思考にはまります。

相手をポジティブにしたいのなら、相手がちょっとでも前向きな発言をした瞬間に

「そういうところ本当にポジティブだよね!」

と、言い切ってしまいましょう。

言霊の威力は計り知れません。

(3)ネガティブな言葉をかけない

ネガティブな人はネガティブな言葉にとても敏感です。そのため、ネガティブなことを言われると必要以上に深く受け止めてしまいます。

気を遣ってちょっと面倒ではありますが、ネガティブな人にはできるだけポジティブな言い回しを使ってあげましょう。

たとえば

「その考え方には賛成できない」

ではなく、

「私はこんな意見だけど、どう思う?」

といった具合に、相手の気持ちを傷つけない言い回しを心がけましょう。

 

5:ネガティブな人も心がけ次第でポジティブに

いかがでしたか? 環境や経験によって、誰だって陥る可能性のあるネガティブ志向。誰もがなり得る分、心がけ次第で少しずつポジティブ思考にシフトしていくこともまた可能なことです。

ネガティブ志向に陥ったことがある人ほど、ネガティブな人にも優しくなれるものなのです。