結婚に妥協はつきもの?妥協してはいけないことと後悔したポイント10個

結婚に、“妥協”はつきものだと思いますか? 今回は、結婚に際して「妥協してはいけないこと」と、みんなが「後悔したポイント」に迫っていきます!

1:結婚には妥協はつきものなの?

「結婚する」って決めた人に話を聞くと「妥協したけどね~」なんて言われてしまい、「え? 結婚に妥協はつきものなの?」などとギョッとしたことはありませんか?

(1)結婚の条件ランキングで上位に入るものと言えば?

ところで、数ある“結婚の条件ランキング”で上位に入りやすいものと言えば「年収」「顔」あたりが定番です。

お金も顔の好みも、結婚生活における「大事なこと」だと考えている人が結構いるというのが現実といえますよね~。

(2)結婚の条件…顔は妥協しやすい?

結婚の条件に「イケメン!」とか「美人!」とか“造作の優劣”を挙げる人も決して少なくないですけれど、実際に結婚が決まったときに、蓋を開けてみると理想の条件よりも“妥協した”と口にする人も多いのです。

「イケメン」とか「美人」とか言っていても、実際に相手を愛したら顔なんて関係ないッ!

そんなこんなで“顔”の理想があっても、結果的には妥協しやすい部分なのかも。

 

2:結婚に妥協は必要ですか? 独身男女の意見7つ

それでは、ここからは「結婚×妥協」をテーマに、独身男女の意見を7つご紹介します。

(1)「私は、そこまで高い条件ではないので、妥協したくないです!」(29歳女性/デザイン事務所勤務)

「私の条件は、“高身長”と“年収700万円以上”だけなので、絶対に妥協するつもりはありません。

そもそも、東京には「“高身長”で“年収700万円以上”」の男性がゴロゴロいるって聞いたから、長野から上京したんです。

結婚相手を探すために東京でがんばっているようなものなので、絶対に探してみせます!」

(2)「若い頃よりは妥協の条件になってきました」(32歳女性/システム会社勤務)

「自分で思い返すと、20代よりも、相手への条件を妥協しています。

今は“長男じゃないければいい”くらいですので、婚活仲間の間でも、私は随分と妥協しているほうだと思います。

私もすでに32歳ですから、高望みは厳しいと自覚しています」

(3)「本気で結婚するなら妥協したほうがいいのかも」(31歳/音楽関係)

「私は今ゆるっと婚活していますが、周りの結婚した友達を見回すと、本気で結婚するためには、妥協している子が多いです。

“結婚する”のを優先するのか“理想の相手と出会う”のを優先するのかの話かな~って思っていて、だからこそ今の私は、ゆるっと婚活中。

まだ子どもは産めると思うし、年齢的に焦り出すまでは妥協しません」

(4)「この歳ですので、妥協はしません」(44歳女性/マスコミ関係)

「なかなかご縁がなくて、この歳まで一度も結婚したことがありません。

20代の頃には、“年収1,000万以上の一流企業勤務”な相手を探していて、30代になってからは“年収600万円以上で浮気しない男”まで条件を下げました。

でも結局、出会いもないまま40代も半ばに入ってきたので、逆に今は妥協はしないでトコトン理想を追い求めています。

最近の条件は“年収はいくらでもいいけど、健康でお金にセコくない人”って思っています」

(5)「妥協できるところは妥協するつもり」(35歳男性/飲食店勤務)

「これまではイイ女じゃないと付き合いたくなかったんですけど、最近、すっごく子どもが欲しいんです。

なので、“俺の子どもを産む”って言ってくれる女性だったら、ある程度は妥協するつもりです。

って、しばらく彼女もいないんで、そこからがんばらないといけないんですけど……」

(6)「可愛ければ、妥協できるかも」(27歳男性/SE)

「結婚願望自体があんまりないんですけど、俺、可愛い子が好きなんです。

男はみんな可愛い子が好きかもしれないけど、とにかく顔がよければなんでも許せそう。

なので、結婚するなら絶対に可愛い子! 性格が少々“難あり”でも、可愛ければ妥協できると思います」

(7)「妥協は嫌です。妥協するなら一生独身でいいかな」(36歳男性/商社勤務)

「僕は、恋人なら妥協できても、結婚相手には一切妥協するつもりはないですね。親も期待していると思うし、そもそも僕は長男ですし。

妻になる女性の出身大学やキャリア、勤務先は、特に妥協するつもりはないです。

あとは、バツ歴のない女性じゃないと、僕の親は納得しないだろうなぁ」

 

3:結婚相手に妥協してはいけないと思うこと5つ

続いては、結婚相手に「妥協していはいけない」と言われる代表的なものを5つご紹介していきます。

(1)価値観

結婚したら運命共同体になるので、“価値観”は妥協しない心づもりで相手を選んだほうが確実。

「妥協しない!」と思っていたつもりで、いざ結婚したら違いがボロボロ出てくる部分だけに、最初から妥協すると悲劇的に合わない相手である可能性も高くなる!

(2)金銭感覚

金銭感覚が合わない相手との結婚生活は、「最悪」!

お金をかけるべき場所や節約したい部分がいちいち異なると、お互いにイライラのもとにもなりやすく、致命的……。喧嘩も増えます。

(3)人生観

結婚したら、死ぬまでずーっと一緒に過ごす運命共同体になるわけなので、人生観が違いすぎる相手との結婚もすべきじゃないのは明白。

ここも妥協すると、後々に「こんなハズじゃなかった!」を呼びやすいです。

(4)食の好み

夫婦になったら家で一緒に食事を摂るのが「当たり前」になるだけに、食の好みが違う相手との生活は、かなり大変。

「私が合わせればいっか」と相手を好きだと妥協したくなるポイントだけれど、好きな味を食べられなくなるのって、想像以上に辛い生活です。

(5)性的な相性

真面目な話、結婚すれば配偶者以外とのエッチは浮気なので、セックスレスになりたくないと思う人ほど、「性的な相性」は結婚に向けて妥協すべきではない点と言えるでしょう。

 

4:顔は妥協できる?男が結婚相手に妥協しやすいこと3つ

続いては、逆に「妥協しやすい」ことを見ていきます。

今回は、男が結婚相手に妥協しやすいポイントに絞って3つご紹介します。

(1)顔

若い頃にはメンクイで「顔さえよければ、なんでも許せる!」なんて言っていた男性も、いざ結婚となると顔は理想通りじゃないけど「中身に惚れた!」と結婚するパターンは多いです。

(2)仕事

「結婚するなら、こんな仕事をしている女との共働きがいいな~」なんて憧れの仕事があった男性でも、いざ結婚となると、妻の仕事には妥協しているケースが多いです。

(3)料理の腕前

極度の“メシマズ”でない限り、妻の料理の腕に妥協している男性も意外と多いです。

「料理上手がいい! 毎日プロっぽいメシが出てきたら、最高!」なんて口走っていた男性でも、やがて「まぁ、ご飯と味噌汁がそれなりなら、いっか……」なんて思う傾向も。

 

5:経験者が語る!結婚相手に妥協して後悔したポイント5つ

さてここからは、実際に“妥協”して結婚した人たちに「後悔したポイント」を聞いていきます。

(1)「同居を了承しなきゃよかったです」(39歳女性/専門職)

「夫から“お袋と同居してくれ”と頼まれて、家も新築し新婚当初から同居生活を始めたんですが、思っていた以上にしんどいです。

過干渉な姑で、私がどこに出かけるにも姑に許可をしてもらわないと外出すらままならないし、姑が出かけたいときには私は毎日、送迎の運転手をしないとならないし、自由な時間がなくなりました」

(2)「年収を妥協して後悔しています」(29歳女性/会社員)

「夫のほうが私より年収が低いのですが、“愛があればいいや”と妥協したことに後悔しています。

プライドだけはやたらに高い夫なので、私のほうが生活費を多く出しているのに、家では威張りくさっているのが、やたらストレスです。

私より稼いでくれていたら、イライラすることもなかったかもしれないのに……」

(3)「年齢を妥協してモヤモヤしています」(35歳女性/経営者)

「私はもともと年上の彼氏ばかりと付き合ってきたのですが、夫は5歳年下です。

ちょうど恋愛に疲れていた頃に出会って付き合い、子どもができて結婚したのですが、年下夫はやっぱり頼りないところが気になります。

仕方ないと思って諦めていますが、もともと年上好きだけに、妥協しなければよかったかな……と思うとモヤモヤしています」

(4)「相手の仕事に妥協して後悔です」(42歳男性/会社員)

「カミさんは経営者で、俺よりも忙しくしています。

俺は自分と同じような会社員の妻が理想だったんですけど、今の妻は俺と付き合う前から会社を経営していました。

実際に結婚してみたら、カミさんは俺よりも忙しくてほとんど家にいないし、ふたりでパーティなんかに出席すると、俺は“●●さんの旦那さん”って感じで、俺より妻のほうが注目されているのが、ちょっとしんどいです」

(5)「“上昇志向”に妥協して失敗したと思ってます」(40歳男性/飲食店勤務)

「うちの奥さんは、とにかく上昇志向が強くて、俺に自分の店をもてってうるさいんです。

付き合っているときからカミさんの上昇志向はわかっていたけれど、僕が自分の店をもたないことで、ここまでガミガミ言われるとは思ってなかったです。

僕はリスクのない生活が好きなんで、自分で店を経営するのは向いてないと思っているんですが、妻はそんな僕を“いくじなし”って言うんですよね。

プライドが傷つくんで、同じような考えの子と結婚したほうが幸せだったな~って後悔しています」

 

6:結婚は妥協の連続?

今回は「結婚するときの妥協」についてのお話でしたが、そもそも結婚生活はスタートしたら妥協の連続。

それだけに、最初にどんなに「完璧ッ」って思うレベルまで妥協したとしても、いざ結婚してみたらさらなる妥協を強いられる場面は多々出てきます。

さて、みなさんは、どんな条件なら妥協できそうですか?


Узнайте про полезный web-сайт , он описывает в статьях про agroxy.com.