夫婦生活のあり方考えませんか?夫婦って何?何歳まで避妊はすべき?

「夫婦生活のあり方」をマジメに考えたことはありますか? 「そもそも、夫婦ってなんぞや?」を突き詰めていくと、夫婦生活を考えるヒントにも! 今回は、夫婦生活を大特集します。

1:『初恋夫婦』って小説が人気です……

『初恋夫婦』って小説、ご存じですか?

かつて告白して、5回もフラれまくった相手とお見合いで再会し、そんな初恋の人と送る前途多難な結婚生活を描いた作品です。

ど田舎でいろんな苦労をしながら暮らす主人公に、思わず感情移入している人も多いッ!

 

2:40代の夫婦のあり方…夫婦って何?5つ

ところで、20代や30代を経て「40代」になると「夫婦のあり方」に疑問を感じる人も。

そこで「夫婦って何?」を5つご紹介します。

(1)夫婦って運命共同体

夫婦は、基本的には運命共同体。

いいことも悪いことも、共有しながら日々を紡いでいく関係性です。そのあたりの意識がお互いにあるかないかによっても、理想の夫婦になれるかは大きく変わる!

(2)夫婦って究極は他人

若い頃から一緒にいて、共に40代を迎えたとしても、夫婦は結局は「他人」です。

「わかり合えない部分があっても、やむなし」くらいでいないと、ストレスフルな関係性が続いていきます。どこかでクールになれたほうが、相手を受け容れるのも楽チンに。

(3)夫婦はお互いが努力しないと成り立たない

夫婦は「入籍したから、それで終わり」ではなく、互いが努力してこそ成り立つ関係です。

気に入らないことがあっても、お互いがどこまで努力できるかによって、夫婦関係の満足度ってかなり変わります。

どちらか片方だけが努力する関係だと、すきま風も吹きやすい!

(4)夫婦って妥協の連続

どんなに相性がいい相手と結婚しても、円満な家庭生活を築いていくためには妥協の連続です。

なので、どちらがどこまで歩み寄れるかによっても、夫婦の関係性は大きく変化します。

(5)夫婦って信頼がないと悲惨

夫婦は、もともと他人同士のふたりが家庭を築いていくので、そこに信頼がないと、とにかく悲惨な関係にもなりやすいです。

信頼がない関係だと、疑心暗鬼にもなりやすく、相手を疑ってばかりの虚しい結婚生活を送るハメに……。

 

3:40代、50代の夫婦生活の頻度は?避妊は必要?

ところで、40代や50代の夫婦生活ってあまり語られる機会がないかも?

そこで、40代・50代の方達に夫婦生活の頻度や避妊について、赤裸々な実態を語っていただきます!

(1)「カミさんとは10年以上、ご無沙汰です」(52歳男性/経営者)

「カミさんとは、ぶっちゃけ10年以上、ご無沙汰ですね~。

10年前から家を新築したのを機に、寝室も別々にしたんです。もはや、する気にもならないですね。

外では、ちょいちょいしてるんですけど……。妻には絶対にナイショです」

(2)「妻が嫌がり始めたので、できなくなりました」(41歳男性/企画)

「結婚6年目ですけど、2年目くらいからは妻が嫌がり始めたので、なかなかしなくなりました。

いまは、年に3回くらいですかね……。バレンタインデーとかクリスマスなどのイベントのときくらいです。

子どもがいないので、“できてもいいよね”で、避妊はしていません」

(3)「お恥ずかしながら、週に何回も…です」(43歳女性/パート勤務)

「ウチは、結婚が遅くて、ふたりが38歳のときに入籍しました。

で、5年経った今も、かなり仲良しで、ほぼ毎日しています。

避妊は、特にしていません。私の年齢を考えると、おそらく妊娠はしないんじゃないかなと思っていますが、“できたら嬉しいね”って話しています」

(4)「私から誘って、がんばってもらっています」(50歳女性/専門職)

「夫は1歳年下なんですが、ここ1年くらいで性欲が弱くなったみたいなんです。

でも、私から積極的に誘って、がんばってもらっているところです。

週に4回くらいは、私から誘っているかも。

年齢が年齢なので、特に妊娠の心配もないかなと思い、避妊はしていません」

(5)「仲はいいですが、ソッチはご無沙汰です」(44歳女性/設計事務所)

「結婚10年目で、仲はとってもいいです。

でも、すでにソッチ関係は、すっかりご無沙汰ですね。最後にしていたのは、39歳くらいの頃かなぁっ〜て感じです。

今では、年に1回くらいのペースで、年末年始の長期休暇になんとなく……な流れかなぁ。お互いが暇だと、そういう雰囲気にもなりやすいですね。

子どもはひとりいますが、するときに避妊はしていないです。できたら、そのときは産みます」

 

4:避妊は妊娠希望の有無によって必要or不要が変わる!

40代や50代になると「避妊していない」「妊娠しないから平気だよね?」って夫婦もかなり多くなるようなイメージですが、こればっかりは神様が決めること。

なので、40代で妊娠!という展開だって可能性ゼロではないだけに、望まない妊娠を避けるならば、やっぱり避妊は大事です。

他方、すでに「生理が上がった」という場合には、つまり「妊娠しない」というわけなので、避妊をせずにエッチだけを楽しむのも、アリということに。

さて、みなさんは40代、50代になったときにどんな夫婦でありたいですか?

 

ずっと楽しいセックスライフを!おすすめラブコスメ6選|PR

年齢を重ねるとだんだんと夫婦のセックスライフにも変化がでてくるようです。セックスは夫婦の大事なコミュニケーション! いつまでも大切にしていきたいですよね。

セックスレスにならない秘密道具ともなるのがラブコスメです。ラブコスメは女性の自信と魅力を高め、使うだけで男性の性欲を刺激してくれるアイテム。

なんだか、自分たちのセックスライフが不安……というカップルもぜひ取り入れてみて。

(1)レスタリアージュ ピンクミスティ

「彼をメロメロにしたい」「男性からの誘惑が途切れない状況を楽しみたい」「ここ何年もご無沙汰……」という人には下着用フレグランスの『』を。

お出かけ前日、寝る前に下着にシュッとひと吹きしておくだけで、芳醇なスイートフローラルの香りが男性を魅了してくれます。香りをまとうだけで満足度98%というのも魅力的! 

つけすぎ注意と謳われるほどの禁断の香り、一度試してみたら彼がやみつきになるかも……?

(2)シークレットレディ ビアネージュ

「黒ずみが気になって彼氏に嫌われないか不安……」「可愛い下着やビキニが着られない」「遊んでいると思われていないか心配」という人にはデリケートゾーン黒ずみ対策クリームの『』がオススメです。

1本でデリケートゾーンの美白、保湿、くすみケアができる医薬部外品で、徹底した品質管理のもと、国内工場で製造しているから安心。

しかも、デリケートゾーンはもちろんビキニライン・乳首・ワキ・ひざ・くるぶし・顔など、全身にも使えます!

 

(3)リュイールホット


「彼とのエッチだと感じにくくて……」「実はいつもイッた演技をしてる」なんていう人に試してもらいたいのが『』。女性のためのデリケートゾーン美容液で、潤いと感度を増してくれる秘密のアイテムです。

気持ち良さそうな反応は男性の欲望を加速させるから、お互いに情熱的な夜を過ごすことできそう!

(4)リビドーロゼ


』は、男性の嗅覚を刺激するように開発された香水。「彼のエロいスイッチをONにして攻めのエッチをされたい」なんて欲望があるなら、ベッドに向かう前にそっとひと噴き。

セックスを楽しみたいけれど、最近彼とマンネリ気味でエッチもご無沙汰。そんな女性にもおすすめです。

(5)ジャムウ・ハーバルソープ


デリケートゾーンのにおいが気になって、彼からの愛撫を心から楽しめないという人には『』がおすすめ。においや黒ずみを徹底的に研究して開発された自然派成分を使った石鹸です。

コンプレックスが気にならなくなれば、彼に身体を委ねて熱い夜を過ごすことができますよ!

(6)ヌレヌレ


キス魔の彼から獣のように激しく求められたいという方におすすめなのが、キス専用美容液『』です。

植物由来の美容成分配合で、プルプルの唇を叶えてくれるうえに、キスした男子が「もっとしたい!」と思うような、べたつきのない気持ちのいい感触。 しかも、ムラムラ度アップが期待できる香り成分を配合しているので、男子の欲望をさらに刺激できちゃうかも!

シリーズ累計158万本も売れたリピ買い続出の『ヌレヌレ』、合コンや初デートにもオススメのアイテムです。