旦那の浮気許す?浮気相手との話し合い方と浮気チェック法

もしも、自分の夫が浮気をしていたら、許しますか? 今回は「旦那の浮気」を大特集! 浮気相手との話し合い方や最新の浮気チェック法まで、一挙に解説いたします!

1:旦那の浮気の現場を見ちゃった!

考えたくもないけれど、自分の夫が浮気している現場を見てしまったら、心中穏やかではいられないのが妻の心理です。

こんな場面に遭遇すると「まさか自分の旦那が、浮気しているなんて……」と、裏切られた気持ちでいっぱいになる女性は多いです。

(1)旦那の浮気許せるか?

ところで「旦那が浮気をしていた!」というケースでは、許せる派と許せない派にスッパリ分かれる傾向が強いです。

「男はみんな、浮気する生き物でしょ?」と爽やかに言い放ちながら「それでも妻の座は私だから、好きにすれば」的になる女性と「私という妻がいながら、浮気するなんて! 汚い! 不潔! 絶対に許さない!」となる女性がいます。

(2)旦那の浮気相手との話し合いの必要は?

夫の浮気相手が特定できる場合には、妻が直談判したがるケースも珍しくはないみたいです。

「妻バレ」してからもまだ関係を続けているときなどは、「手切れ金を持参して、相手の女のところに乗り込むわ!」という強い妻もいます。

 

2:旦那の浮気…許す?妻の本音5つ

さて、では実際に“妻”は夫の浮気を、許すものなのでしょうか?

妻たちの本音を5つお届けします。

(1)「許すと思います」(40歳女性/専業主婦)

「夫が浮気していたら、許すと思います。なぜなら、私は専業主婦だから、離婚しても生活できる自信がありません。

子どももいるし、現実的に考えると、許さないとやっていけない部分が大きいです。というか、実際これまで夫の浮気が2回発覚していますが、これらの理由によって許してきています」

(2)「気持ち悪くて、絶対に許せません」(33歳女性/会社員)

「絶対に、許せないです。そもそも、別の女を抱いて帰ってきた男に、何かしてあげたいとは思えません。

気持ち悪いし、発覚した時点で家から出て行ってほしいです。

おそらくですけど、もしも浮気していたと知ったら、夫を生理的に受け付けなって速攻で離婚すると思います」

(3)「許さないけど許したフリをすると思う」(28歳女性/販売)

「今は新婚なので、あまり夫の浮気にリアリティを感じませんが、この先にもしも浮気が発覚したら、一生許せないけど、彼には許したフリをすると思います。

本音では、結婚しているのに他の女と浮気するなんて最低だと思うけれど、許したフリをしないと、家庭がメチャクチャになりそう。

でも、1度でも浮気を知ってしまったら、もう信頼関係はダメになると思います」

(4)「ぶっちゃけ許します」(39歳女性/専業主婦)

「私は、夫にかなり裕福な生活をさせてもらっているので、浮気くらいは許します。私と離婚して、相手の女と一緒になりたいと言われたら困るからです。

私は、働かないで贅沢な暮らしをするのが好きなので、夫の浮気くらいで今の生活を手放す気にはなりません。

そもそも、今の時点で、そこまで夫のことが好きなわけではないので、浮気されても嫉妬もしないと思います」

(5)「許せないので離婚します」(36歳女性/医療関係)

「母親が父親の浮気に苦しんできたのを見て育っているので、浮気だけは絶対に許せないです。

そんなこともあって、面白みはないけれど浮気しなさそうなタイプの夫を選びました。これで浮気されていたら、かなりショックですね。

もしも本当に浮気が発覚したとしたら、私は許すことができないので、一緒にいても苦しいでしょうから、仕方なしに離婚すると思います」

 

3:浮気相手が妊娠? 旦那の浮気相手との話し合い…ポイントは?5つ

最悪のケースでは「浮気相手が妊娠」というのも、無きにしもあらず。

妻が、浮気相手と話し合うことになった場合のポイントを5つご紹介します。

(1)感情的にならない

浮気相手との対面となると、思わず感情的にもなりたくなりますが、怒鳴ったり罵ったりしても、浮気相手としては「うるさい女だなぁ」ともなりやすく、何も解決はしません。

ですので、話し合いは終始「穏やかな口調で」「冷静に」進めるのが、浮気相手を説得するカギにも。

(2)離婚する気がないならハッキリ伝える

浮気していた事実がわかった時点でも「離婚する気はない」と結論が出ているなら、浮気相手の女にハッキリとそう伝えたほうが賢明です。

妻から「離婚はしない」と宣言をされれば、浮気相手としてはこの先、関係を続けていても生涯“日陰の身”であると言われたようなもの。

なので、早期に手を引いてくれる可能性も高くなります。

(3)張り合わない

夫の気持ちが別の女に行っていたと知れば、浮気相手と張り合いたくなるのも妻の心理です。

が、そこで張り合ったところでお互いが意地になるだけで、いい結果は生まれにくいです。

なので、妻としては「私のほうが上なんだから!」といろんな面で言いたい本音を、グッと堪えるのが得策に。

(4)浮気相手の立場に親身になっているフリをする

「あなたもその年齢なら、結婚して親御さんを安心させてあげたほうが幸せになれるのに」とか「不倫って、心が惨めになるから辛かったでしょう?」とか、浮気相手の心情に親身になっている“フリ”をするだけでも、話し合いは妻にとって有利に進みやすいです。

「この奥さんは、私のことも気にかけてくれるほど優しい人なんだ……」と思わせることができれば、作戦は大成功。

罪悪感に苛まれ、夫との関係を絶ってくれる可能性も高くなります。

(5)同盟を組むフリをする

とことん話し合っているのに、ニッチもサッチも行かないような手強い浮気相手だった場合には、いっそのこと「夫を悪者」にして、同盟を組むフリをするのも有効です。

「私たちをこんなに苦しめるなんて、ウチの夫は本当にダメ男」とか「どちらも幸せにできない甲斐性なしのくせにね」とか、適当に夫を悪く言っていれば、そのうちに浮気相手が心を開き始める可能性もあります。

 

4:夫の浮気の兆候とは? 旦那の浮気をチェックする方法5つ

続いては、夫の浮気をチェックする方法を5つお届け!

(1)スマホが鳴らなくなった

「家にいるときに、スマホを肌身離さずに持っている」とか「家にいるときに、スマホを隠すようになった」とかは、かなりありがちな浮気の兆候。

そのうえをいく浮気夫は、スマホはいつも通りに置いておきつつ、全ての通知をオフにするなどの画策をしています。

これまでと比較して、パタッとスマホが鳴らなくなった場合、すべての通知をサイレントにしてごまかしているのかも。

(2)生活サイクルが変わった

転職したわけでもないのに、帰りが遅くなったり休日出勤が増えたり、朝の出社時間が極端に早くなったりした場合には、浮気の兆候かもしれません。

夜だけでなく、早朝に浮気しているツワモノもいるので、生活サイクルがいきなり変わった場合には、いずれの場合も気をつけたほうが賢明です。

(3)怒らなくなった

これまでは妻の言動に、不満や文句をたびたび言っていた夫がパタリと言わなくなったときも、浮気のサインである可能性が高め。

別の女性に関心が向いていて、妻に対しては無関心になったので、文句を言う必要がなくなった可能性があります。

(4)話し方が変わった

口グセや口調は、長く一緒にいる人の影響を受けやすい部分と言えましょう。

これまでと夫の話し方が変わったと感じる場合には、浮気相手の口調の影響を受けている可能性も否めません。

年齢にそぐわない若者言葉を多用するようになった場合には、若い子と不倫しているのかも!

(5)ニオイが変わった

一緒にいる人の“ニオイ”って、なんとなく移ります。

香水や整髪料などのわかりやすいニオイだけでなく、部屋のニオイや体臭など、ちょっとしたニオイも、恋人同士だとなんとなく染み付くもの。

夫から漂ってくるニオイが「なんとなく変わった気がする」と感じるならば、妻は本能的に浮気のサインを感じ取っているのかもです。

 

5:夫の浮気が発覚した!まずどうする?3つ

ところで、実際に夫の浮気が発覚!となると、強烈なパニックに見舞われる妻だって少なくないです。

そんなとき、まずどうするべきかを3つご紹介します。

(1)証拠を集める

「浮気している!」と確信したなら、最悪の事態に備えて、証拠を集めるのが冷静な対応です。

離婚するorしないの決断まではこれから考えるとしても、最終的に「離婚する」と決めたときには、証拠は多いほど有利です。

(2)泳がせる

浮気に気づいた瞬間に「浮気しているでしょ! なんなのよっ!」と夫を責めたいところではありますが、証拠収集を考えると、気づかないフリをして泳がせるのが得策です。

今後、探偵に写真を撮ってもらうにしても、妻が浮気に気づいていないフリをしたほうが依頼しやすいです。

(3)家に関心を向けさせる

浮気しているということは、夫は家庭に対して、なんらかの不満や寂しさを抱いている可能性も高いです。

なので、まずは夫が自発的に浮気をやめて家庭に戻ってくるよう、彼の不満や寂しさで心当たりがあるところを改善し、家に関心を向けさせるように仕向けるのも、妻としては大事な心がけに。

この段階で変に騒いでしまって「うるせーな! 俺は、家もお前も嫌なんだよっ。そんなに言うなら、離婚だッ! 慰謝料も払ってやるよッ」なんてなってしまうと、面倒くさいです。

 

6:「旦那の浮気」ってひと口に言っても…

ところで「旦那の浮気」ってひと口に言っても、夫がその相手に「遊び」なのか「本気」なのかによっても、その深刻度は変わります。

すでに妻への愛が冷めている夫が、離婚を前提に浮気を始めている場合は、妻にとっては最もタチが悪いパターンに。

他方、離婚する気はないけれど「憂さ晴らしをしたかった!」程度で浮気をしている場合には、夫を家庭に戻すのも努力次第でたやすくなります。

みなさんの夫が浮気をしてしまった場合、その浮気が「遊びor本気」のどちらなのかを的確に見極めることも、その後の作戦を立てていく上では大事なポイントのひとつです。