夫婦喧嘩の仲直り方法は?夫婦喧嘩の原因7つと無視する旦那への対処法

“夫婦喧嘩は犬も食わない”なんて言いますが、当の本人達にとっては毎回の喧嘩がとても大切で重大な出来事です。そのせいでしばらく口をきかなくなったり、一緒に寝なくなったりと日々の生活にも影響を及ぼします。結婚はゴールじゃなくスタートだなんて言われるのも納得……。そこで今回は夫婦喧嘩の原因ランキングや上手に仲直りする方法をご紹介します。

1:夫婦喧嘩で仲直りできないと悩む人は多い?

(1)夫婦喧嘩で謝っても許してくれないときはどうする?

一緒に暮らしているのに喧嘩したままで過ごすのは辛いですよね。こちらが折れて謝っているのに許してくれないなんてちょっとひどい……。

でもそんな気持ちをぶつけてしまうと、喧嘩が更にエスカレートすることになりかねません。

相手が怒っているときは怒りで対抗せずに、かつそっとしておきながら適度な距離を保ちましょう。食事などは通常通り用意し、こちらの態度はいつもと同じにしておくことが肝心です。

そして相手の態度が少し軟化したときに、仲直りしやすい環境を作りましょう。

(2)夫婦喧嘩の原因ってみんな同じなの?

筆者の周囲では、多かれ少なかれ同じような原因で夫婦喧嘩をしているようです。

大きく分けると2パターンで

1.夫や妻がかまってくれないパターン

2.夫や妻の束縛が激しいパターン

一緒に生活をしているがゆえ、どちらも行き過ぎると辛くなってしまいます。

ちょうど良いバランスを取りながら、相手を尊重する努力をし続けることが大切。その努力を怠ると、思った以上に結婚生活は難しくなってしまうものです。

 

2:夫婦喧嘩の原因TOP7

(1)時間の使い方

仕事のあとや週末にどのように時間を使うかは夫婦にとってとても大切。一緒に居るために結婚をしたのですから、当然一緒になにかをしたり、2人で家で過ごしたりすることが前提です。

夫婦によっては別々に過ごすことが当たり前な場合もありますが、仮に2人がしたいことが全く異なっている場合は喧嘩の元に。

妻は一緒に出かけたいのに、夫は家で寝ていたいなんていうのは典型的なパターンです。

(2)お金の使い方

完全に別財布にする夫婦もいますが、多くは2人で貯金をしたり、家計を共にしたりするもの。

筆者の友人男性Aさんはとても堅実な人でした。妻との将来を考えコツコツ貯金をしていたのですが、あるとき通帳を見てみるとほぼ空っぽ。妻を問いただすと、バッグをごっそり買っていたことが発覚しました。

仕事でのストレスを買い物にぶつけていたということでしたが、2人の間でかなり危機的な喧嘩が行われたことは想像に難くありません。

(3)子供への考え方

子供がいれば多かれ少なかれこの問題は発生します。

2人ともかわいい子供のためを思っているのは当然のこと。でも妻はたくさん勉強させたいけど、夫は子供のうちは遊ばせたほうがいいという考えだったりして意見が食い違います。

そしてこのようなほんの少しの意見の違いが、予想以上に大きくなってしまいがちなのがこの問題。

いくら夫婦でも、異なる幼少時代を過ごしてきた2人。子供のことで意見が衝突するのはある意味当然なのかもしれません。

(4)親との関係

親と同居したり、家が近所で会う機会が多かったりする場合に増えてくる問題です。

いくら彼を愛していても、彼の親まで愛せるかなんてわからないですよね。

相手の親がオープンな人ならいいのですが、時に排他的だったり意地悪だったりして嫌な思いをするお嫁さんもまだまだ後を立ちません。

筆者の友人Kちゃんは、母の日に姑に花をプレゼントしましたが、目の前でゴミ箱に捨てられてそうです。

これはかなりひどいケースですが、舅や姑からのストレスを多少なりとも感じたことのある人は非常に多いものです。

(5)妻の仕事

結婚する前からわかっていれば別ですが、結婚したあとに妻の仕事が忙しくなったり、出世したりするとどういうわけか夫との関係がギクシャクしてしまうという話を耳にします。

友人Jちゃんはやり手の銀行マン。女性ですが数々の資格を活かし出世しています。でも夫と仕事の話になるといつも喧嘩になってしまうんだとか。Jちゃんいわく

「家で奥さんにつまらなそうにされているのは嫌だけど、逆に輝きすぎるのも嫌なんだろうね」

と言っていました。

夫婦が求めるバランスは一様ではありません。時に専業主婦を望む夫がいれば、一方でバリバリ働き続けて欲しい夫もいる。

こんなところにも夫婦関係の難しさが現れていますね。

(6)浮気や不倫の疑い

結婚をしても男と女。どこでどんな出会いが降ってくるかわかりません。たとえ実際には何もなかったとしても、夫が女性からプレゼントを貰ったり、妻が会社の男性から好意を寄せられていたりするとモヤモヤしてしまうものです。

そして素直に嫉妬心を伝えられればいいのですが、

「あなたに隙があるから女が寄ってくるんだからね!」

とか、

「お前にも責任がある!」

なんて言い始めるともう大変。一方が感情的になっている分、責められている方は冷静になりバカバカしく感じてしまうことも。

相手を誰かにとられたくないのなら、初心に返り、相手の気持ちを尊重するのが賢明です。

(7)無関心

「釣った魚に餌をやらない」とはよく言ったもの。それまではお互いをとても大切にしていても、いざ結婚した途端に無関心になってしまうなんてことも起こります。

一度相手への興味を失うと、取り戻すのはなかなか大変です。一度相手を愛すると決めたのであれば、その愛をキープする努力も結婚には必要です。

もし相手が自分に無関心になっていると感じたら、恋人の頃のようにデートに誘ったり、新しい自分の趣味を見つけたりして、新しい風を2人の間に吹かせることが大切です。

 

3:夫婦喧嘩で仲直りできない…仲直りの方法は?5つ

(1)マッサージなど気持ち良いことをオファーする

誰しも自分にとってプラスなことには耳を傾けます。

彼が疲れているときにそっと

「マッサージしてあげるよ!」

と言って、すぐさま始めましょう。うだうだしていると、まだ喧嘩の片鱗を引きずっている彼や彼女が拒んでくる可能性があります。

でもいざ始めてしまえばその心地よさに体が動かなくなってしまうはず。言葉で仲直りができないのなら、直接体に訴えかけましょう。

(2)相手のベッドに潜り込む

喧嘩をして別々に眠るようになったのであれば、一度相手が寝ている隙にベッドに潜り込みましょう。

その瞬間、相手が一瞬目を覚ますかもしれませんが、寝ぼけているため対抗してこれない可能性大です。

そして朝目覚めたらハグをして、

「もう許して」

と優しく伝えてみましょう。充分眠ったあとにいきなりネガティブな感情を呼び起こすのは難しいもの。朝の力を借りて仲直りしてしまいましょう。

(3)美味しいもので釣る

夫や妻が大好きな食べ物を用意しましょう。好きなものを見せられると大抵の人は取りあえず食べます。そして美味しいものを食べたら気分も変わります。

この場合、用意するのが大変であれば大変であるほど効果的。その努力と思いが伝わります。

彼がカレー好きなら、スパイスから作りこんだカレーを用意してみる。彼女が好きなケーキがあるなら面倒くさがらず、会社帰りに遠回りしてケーキを買って帰る。

2人の心が離れてしまったときは、“一瞬にして幸せにしてくれる強力ななにか”の手助けを借りましょう。

(4)持ち上げる

ここぞとばかりに、相手のいいところを並べて持ち上げましょう。わざとらしくならないように

「やっぱりそのネクタイすっごく似合うね。格好いいよ!」

とか、

「え、今日の晩御飯なんでこんなに美味しいの? なにか変えた?」

など、とにかく日常生活に即して褒められる箇所を探しまくります。

喧嘩が長期化する原因のひとつは信頼関係が揺らいでいたり、相手からの愛を疑ってしまっていたりする場合が多いもの。たくさん褒めてあげることで、それらが解消され、関係修復につながります。

(5)手紙を書く

口頭で伝えたりLINEで伝えたりするよりも真剣さが伝わるのが手紙。手書きである分相手の思いが見えやすく、また特別感があり愛を感じられます。

手紙を書くときは、相手の気持ちに立って考えてみることが大切です。

注意しなければならないのは、手紙は形が残ってしまうので、誤解を生むような書き方をしないということ。

文章を複雑にせず、できるだけストレートに思いを伝えるのが鍵です。

 

4:旦那と喧嘩して無視されてる…対処法は? 3つ

(1)こちらは通常通り感じ良く接する

相手から無視をされると、ついやり返したくなってしまいますがそれは避けたいところ。仲直りから遠ざかってしまいます。

無視するなんてとっても子供な行動ですが、やりたいのであれば好きにやらせておいて、こちらは通常通り暮らしましょう。

できるだけ感じ良く、

「おはよう」

などの挨拶を続けるのがベスト。そのうち相手もバカらしくなって態度を軟化させることでしょう。

(2)食いついてきそうな話題を振る

「そういえば、○○が日本でコンサートやるね!」

など、彼や彼女が必ず食いついてきそうな話を振りましょう。もしこれでも相手がぐっとこらえて返事をしないようなら

「○月△日はチケット2枚残ってるけど買っておこうか?」

と畳み掛けます。

リサーチが必要なこの方法ですが、ひとつ目のネタがダメなら2つ目と、関係修復の努力を続けることができるため、使える方法です。

(3)映画のチケットを買ってみる

相手も確実に暇な時間を狙って、面白そうな映画のチケットを買ってしまいましょう。

買ってしまったという既成事実から相手も渋々同行する可能性が高いのと、映画ならそれほど話す必要もありません。気まずい雰囲気から徐々に距離を縮めるのに役立ちます。

ただし、映画の内容はハッピーなもの限定です!

 

5:喧嘩は夫婦を近づける

どんな人間関係においても、トラブルはもっと仲良くなるチャンスであると捉えることができます。

上辺だけのお付き合いではなく、本気でぶつかるからこそ起こる喧嘩。極力避けたいものの、起こってしまったらそれをプラスに変える努力をすることでより相手と近づくことができるのです。

喧嘩をしたらそれを機会と捉え、2人の信頼関係を強めていきたいものですね。